2017.9.21 更新

福岡の交通事故で弁護士に依頼する時のポイント

交通事故の弁護士無料相談

福岡でおすすめする2つの法律事務所

東京ステラ法律事務所

東京ステラ法律事務所は東京の新宿に事務所がありますが、福岡も含めた全国対応をしている法律事務所です。弁護士の天野先生が被害者に寄り添って親切で丁寧な対応をしてくれます。 交通事故案件専門なので実績や経験も豊富です。また、医師との連携によって医学知識に強みがあり、後遺障害の認定実績も豊富です。

東京ステラ法律事務所の特徴
24時間365日全国対応・相談0円
②被害者専門弁護士が完全サポート
③加害者側の保険会社との交渉を即日代理
④弁護士費用は後払いが可能(弁護士費用特約がある場合を除く)
医師との連携で医学的知識も十分

東京ステラ法律事務所には女性専用窓口があります。

女性の交通事故問題を女性スタッフが対応してくれます。

女性の交通事故被害の悩みは男性の悩みと大きく違います。
・損保会社から高圧的な態度を受けやすい
主婦業の休業損害が適切に支払われない
兼業主婦の休業損害の仕組みが難しく、適正金額が分からない
顔に傷を負った場合、男性より慰謝料が高額になるのか

このような女性の悩みに対してふづき法律事務所では事件の解決事例が豊富に揃っており、解決に導いてくれます。

東京ステラ法律事務所の費用体系
弁護士費用は、相談・着手金が0円で解決するまで費用が一切かからない体系になっています。(弁護士特約がついている場合は除く)

弁護士法人FLAT

弁護士法人FLATは東京都千代田区に事務所があります。こちらも福岡を含む全国対応をした弁護士事務所です。症状固定後からしか着手しない法律事務所が多い中、弁護士法人FLATは治療中の時点から弁護士がサポート・アドバイスをしてくれるため、安心して怪我の治療に専念することができ、さらに早めに示談に備えることができて安心です。

弁護士法人FLATの特徴
・どれくらいの増額が見込めるかの計算を無料で行ってくれる
・治療中からサポートをしてくれる
・交通事故案件に特化しており、様々な損保会社との交渉実績がある
・弁護士費用の見積りも無料
・弁護士費用は後払い制(弁護士費用特約に加入している場合は費用体系が異なります)

弁護士法人FLATの費用体系
弁護士費用は、相談・着手金が0円で事件が解決するまで費用が一切かからない体系になっています。(弁護士特約がついている場合は除く)

弁護士法人FLAT
〒102-0074 東京都千代田区九段南 3丁目5-7 エミナンス九段5F

代表弁護士 平林真一


福岡で交通事故に強い弁護士を選ぶ6つの基準

それでは福岡で交通事故案件に特化した弁護士を探すとき、どのようにして探せばいいのでしょうか。ここではその6つの基準を解説します。

①相談が無料かどうか

まず、交通事故の弁護士相談を無料で受け付けているかが大切です。

弁護士に法律相談をすると、一般的には30分で5,000円(+税)の費用がかかります。1時間になると10,000円もかかります。

複数の事務所で相談して比較をしたい時、相談有料な事務所に何度も相談すると相談費用だけで高額になってしまいます。
最近の弁護士事務所では、交通事故の弁護士への法律相談を無料にしている事務所が増えており、そのような事務所を利用することで当初の法律相談料を無料にすることが可能です。

交通事故の弁護士選びの時は、ぜひ無料で相談を行っている事務所に相談しましょう。

②慰謝料の増額交渉に強いかどうか

交通事故トラブルの解決を弁護士に依頼する目的は、慰謝料の増額です。
そこで、まずは慰謝料をどれだけ増額させることができるのかという点に注目して弁護士を選びましょう。

被害者が弁護士に依頼せず、自分で示談交渉をすると、相手の保険会社は低い金額に設定された任意保険基準を使って慰謝料を算出して提案するので慰謝料が低額になってしまいますが、弁護士に依頼すると任意保険基準よりも高額な弁護士基準を採用して示談交渉をしてくれるので、慰謝料の金額が増額が見込めます。
中でも、交通事故トラブルの知識経験やノウハウが豊富な弁護士に依頼すると、慰謝料の金額がより増額されやすくなります。

③過失割合の見直しの交渉に強いかどうか

交通事故の慰謝料計算では、過失割合も重要です。交通事故では、過失割合の分は慰謝料が減額されてしまうので、過失割合を増やされると慰謝料が減らされてしまうからです。
そこで、示談交渉をするときには、なるべく自分の過失割合を減らすことを考えるべきです。

被害者が自分で示談交渉をしていると、どうしても相手から多めに過失割合を割り当てられてしまい、慰謝料が減額されます。 そこで、弁護士を選ぶときには、こうした過失割合の見直し交渉に強い人を選ぶ必要があります。

④費用・料金が明確に示されているかどうか

交通事故トラブルを依頼する弁護士を選ぶ時は、費用体系を明確に示しているかどうかも重要です。

交通事故の弁護士費用は、着手するときに着手金が発生しますが、弁護士費用はそれだけではありません。

トラブルが解決したときには当然報酬金がかかりますし、示談交渉で解決しない場合には調停や訴訟の着手金も発生します。
訴訟になると報酬金の計算方法が示談の時とは変わる弁護士事務所なども多いです。そこで、弁護士費用の体系をちゃんと理解していないと、後から思った以上に高額な費用を請求されて驚いてしまうケースもあります。

そこで、最初からわかりやすく費用体系の説明をしてくれて、追加費用の発生の有無の説明や金額が明らかな事務所を選ぶ必要があります。

⑤親身になって対応してくれるかどうか

これから一緒にトラブルに立ち向かってくれる弁護士ということを考えると、被害者の立場になって、親身になって話を聞いてくれるかどうかも大切です。

交通事故トラブルは、被害者にとっては非常に大きな問題です。
そんな被害者にとって、弁護士だけが大いに頼れる存在になります。些細な疑問や不安にも丁寧に答えてもらうことで、気が楽になったり、問題が解決することが多いです。

逆に、不親切な弁護士を選んでしまった場合、余計な不安を解消できず、解決までの日々で精神的に疲弊してしまう方もいるでしょう。
そうならないためにも、親身になって対応してくれるかどうかは非常に重要なポイントになります。

また、弁護士事務所というとなんとなく怖い、初めからいきなり弁護士が電話に出たらどうしよう、と考える人もいると思いますが、一般的には弁護士事務所に電話をしてもいきなり弁護士が電話に出ることはありません。
最初はオペレーターが対応して、相談に乗ってくれるので、安心して電話をしてください。

⑥土日祝日の対応が可能か、全国対応しているか

交通事故トラブルを依頼するときには、その弁護士の業務時間や対応エリアにも注目しましょう。

弁護士には、大きく分けて全国対応の事務所と地域に密着した事務所があります。
どちらもメリットがありますが、自宅の近くにある弁護士事務所が少ない場合には、全国対応してくれる弁護士事務所を利用すると便利です。

また、弁護士事務所は、できるだけ電話などの連絡がつながりやすい事務所の方が便利です。休日などでも急に不安や気になることが発生したり、問題が起こったりすることがあるからです。
平日は働いていて、土日祝日に相談をしたい人も多いはずです。
そこで、できれば土日祝日も対応している弁護士事務所選ぶといいでしょう。

交通事故示談を依頼するとかかる弁護士費用

福岡で弁護士に交通事故示談を依頼した場合にかかる費用相場

交通事故トラブルで弁護士に対応を依頼すると、当然ですが弁護士費用がかかります。
福岡とその他の地域とで弁護士費用は違いがあるのでしょうか?

これについては、依頼する弁護士事務所によって大きく異なるので、一概には言えません。それぞれの地域にさまざまな弁護士がいます。
もちろん、費用が安い弁護士もいれば、高い弁護士もいます。

ただし、東京に比べて地方に位置する福岡の場合だとそもそも弁護士数が少なく、どこも同じような基準を採用している傾向が強いので、大きな差異が見られないかもしれません。

そのような中でもやはり、飛びぬけて高額だったりする可能性はあるので、福岡で弁護士を探すときには、最低でも2つ以上の事務所の料金を見比べて選ぶことをおすすめします。

弁護士費用が安い事務所にありがちなトラブル

ところで、費用が安いとなると、何かデメリットがあるような気がしませんか?
一体どうして弁護士費用を安く設定しているのでしょうか。

交通事故のトラブル対応を依頼する場合、その弁護士の能力や力量が非常に重要です。
知識やノウハウが豊富で、交渉力が高くて高額な賠償金を獲得してくれる弁護士であれば依頼するメリットが大きくなります。

反対に、経験が少ないなど、交渉が上手くなく、あまり賠償金を増額できないのであれば、依頼は避けた方がいいでしょう。
いくら弁護士費用が安くても、賠償金が増額しないのであれば依頼する意味がありません。逆に、弁護士費用が高くても、賠償金が大きく増額できるなら依頼するメリットは大きくなります。

また、一見費用が安そうに見えても、費用体系に従ってちゃんと計算してみると、実は安いとは言えないケースもあります。

例えば、交通事故の弁護士費用については、着手金が無料で完全成功報酬制の事務所が多いです。
これらの事務所は、当初の着手金が不要なので、手元からの持ち出しなしに、タダで弁護士に依頼することができて、非常にお得なように思えます。

ただ、着手金が低額な事務所は、その分成功報酬金が高く設定されていることが多いです。
着手金が10万円で成功報酬金の割合が獲得慰謝料の10%の事務所と、着手金無料で成功報酬金が20万円+獲得慰謝料10%の場合には、後の事務所の方が弁護士費用が高額になります。

このように、「着手金無料」「完全成功報酬制」など、いかにも費用が安そうな事務所に飛びつくのは不安があるので、弁護士を選ぶときには、必ず全体としてどのくらい弁護士費用がかかるのかを理解してからにしましょう。

弁護士特約に加入していれば弁護士費用はほとんどかからない

交通事故トラブルを弁護士に依頼すると、基本的に弁護士費用がかかりますが、自動車保険の弁護士費用特約に加入していれば、弁護士費用を保険で負担してもらうことができます。

弁護士費用特約とは、自分の自動車保険につけられるオプションのことで、交通事故トラブルの解決にかかった弁護士費用を保険会社が負担してくれるというものです。

具体的には、弁護士の法律相談料や着手金、報酬金、実費などの費用をすべて保険会社が負担してくれます。被害者が自分で弁護士費用を支払う必要はありません。

ただし弁護士費用特約で支払われる保険金額には限度があります。1件の交通事故について、法律相談料なら10万円まで、着手金や報酬金、実費などのトラブル処理関係なら300万円まで負担してもらうことができます。

このように、メリットの多い弁護士費用特約ですが、せっかく特約をつけていてもそのことを忘れてしまい、利用しない人が非常に多くいます。

まずは自分の自動車保険の契約内容を確認して、弁護士費用特約をつけていたら必ず利用しましょう。

福岡の大手事務所の弁護士と比較した場合

福岡にもたくさんの弁護士事務所があるので、大手の弁護士事務所も小さな弁護士事務所もあります。
弁護士事務所の大きさによって、どのような特徴や違いがあるのでしょうか。

まず、大手の弁護士事務所は扱ったトラブルの種類が豊富でノウハウが蓄積されていたり、全国対応をしていたり、事務所の営業時間が長かったりなどのメリットがあります。

また、「大手」ということで比較的安心できます。しかし、大手の場合は1人1人に対応したきめ細かな対応は難しくなる場合が考えられます。

これに対し、中小の事務所は、地域に密着して1人1人に丁寧なサービスを提供している場合が多いです。親切な弁護士も多くいますし、依頼者個人を大切にしてくれるので、顔の見えるサービスを受けることができます。

このように、大手と中小を比較したとき、きめ細かいサービスを受けたい場合や親身なってくれる弁護士を探したい場合には、中小の弁護士事務所の方が向いています。

これに対し、事務所の営業時間や大手という安心感などを重視する場合には、大手を選ぶのが良いでしょう。

なお、どちらの場合でも、費用は安い場合も高い場合もあります。大手=費用が安い(または高い)ということはないので、事務所の規模と費用の問題は切り離して考えることをおすすめします。

福岡の交通事故で実際に無料相談をして弁護士に依頼したケース

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰に相談すべきかわからない
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

東京ステラ法律事務所

0120-660-087

関連記事一覧

交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士選び方

交通事故示談に強くて評判の良い弁護士って?何を基準に選べばいいのか分からない ...

交通事故で弁護士特約を使わないと300万円の損|使い方を徹底解説

『弁護士特約を使いたいけど、自分のケースでは使うべきなの?』 ...

知らなきゃ損?東京で交通事故に強いと評判の弁護士を探す6つの方法

「弁護士事務所っていっぱいありすぎて分からない……」 「東京で評判のいい弁護士...

交通事故被害者専門の弁護士をご紹介|無料相談すべき3つの理由

目次交通事故に強くて無料相談できる弁護士事務所の紹介交通事故案件を得意とする弁護士事務所の多くは、無料相談を実施交通事故の被害者は、こんな悩 ...

弁護士費用特約は重要!示談交渉で特約の大切さを学んだ体験談

目次自動車との接触事故!相手の保険会社の対応に疑問弁護士に示談交渉を依頼!弁護士費用特約の大切さ 自動車との接触事故!相手の保険会社の対応に ...

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故の慰謝料を勝ち取る!請求方法のポイントまとめ
  2. 交通事故の慰謝料は難しいことだらけ?内訳と内容を詳しく解説!
  3. 【死亡事故の慰謝料まとめ】相場はいくら?最高額を得るためのポイント

カテゴリ一から探す

×

東京ステラ法律事務所