2017.8.9 更新

【こんなに差があるの?】交通事故の損害賠償は弁護士基準で算定しよう!

交通事故に遭った場合、当事者間で示談交渉を行ったうえで、損害賠償額を決定します。
実は、この賠償額を決める際に用いられる、3つの基準があることをご存知ですか?
今回は、その基準のなかでも最も高い弁護士基準について専門家に聞いてみました。

交通事故の弁護士無料相談

そもそも交通事故における弁護士基準とは何なの?

交通事故に遭った場合、当事者間で示談交渉を行い、損害賠償額についての取り決めをします。

そこで損害賠償額を決める際の基準が3つあります。自賠責基準と任意保険基準、そして弁護士基準(裁判基準)です。

自賠責基準 自賠責保険の支払い基準
任意保険基準 任意保険会社の支払い基準
弁護士基準
(裁判基準)
裁判になった場合や、弁護士が被害者の代理人にになって保険会社に請求する場合の支払い基準

支払い基準として最も安いのが自賠責基準で、最も高いのは弁護士基準となります。

これは、弁護士基準だけが唯一過去の判例をもとにして金額を決める方式を取っているからで、それ以外は自賠責保険と任意保険会社の独自算出になっています。

そのため弁護士基準を用いた場合とそれ以外の場合で、慰謝料や損害賠償額にそれぞれ大きな差が出ることがあります。

交通事故の損害賠償額は、どの基準を用いるかなどで変わる!

示談交渉で弁護士を用いた場合、損害賠償額は高くなります。しかしながら、その金額については事故の内容や損害の費目によって全く異なってきます。

なぜなら、交通事故の損害内容は事故によって千差万別だからです。

例えば、そもそもの事故の届け出が物損事故か人身事故かでも変わりますし、休業損害の有無など、差額の高い費目に該当する損害がある事案の場合には任意保険基準と弁護士基準との差額は高くなります。

一方で、任意保険基準と弁護士基準とでほとんど変わらない費目の損害しかなかった事案では基準の差額は低くなります。

また、それぞれの基準を用いた場合の金額の差は、当事者がどの程度妥協するかにもよって大きく異なります。

例えば、任意保険基準で相手側から3,000万円を提示されてそのまま受諾したとしても、弁護士基準を用いれば4,000万円を請求できたかもしれません。この場合の任意保険基準と弁護士基準の差は1,000万円にもなります。しかし、任意保険基準で3,000万円と提示されても、粘り強く交渉をして3,200万円にまで提示額を上げれば、弁護士基準を使ったときの4,000万円との差額は800万円となるわけです。

一般的な感覚としては、弁護士基準を用いた場合には任意保険基準よりも一回りか二回りほど賠償金額が大きくなるというイメージです。

特に、後遺障害慰謝料や死亡慰謝料の金額は大きく変わることもあります。ただし、全体としての損害賠償額が何倍にも膨れ上がるというのは珍しいケースでしょう。

むちうちや後遺症の基準ごとの慰謝料は交通事故の慰謝料、むちうちの場合の相場は?で紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

一般の人でも、弁護士基準でおおよその損害賠償額を知ることは可能?

損害賠償額を決めるなら、最も高い弁護士基準を使いたいもの。一般の人が弁護士基準を用いて、どれくらいの損害賠償額を請求できるのかを知ることは可能なのでしょうか。

そもそも、前述のように交通事故の損害内容は事故によって千差万別なので、損害賠償額は全く異なります。同じような交通事故で、同じような損害費目が適用されるとしても、相手によって言うことが違うので、弁護士基準を適切に用いておおよその損害賠償額を把握するのは、一般人にはかなり難しいでしょう。

また、損害の費目はかなりたくさんあります。病院関係費用だけでも、入通院治療費のほかに付添看護費や入院雑費、交通費など数多くあり、それぞれについて計算方法があります。休業損害の計算式については、ライプニッツ係数という特殊な係数を用いた計算を行うので、一般人には理解しにくいです。弁護士にとっても難しいので、一般の人が少し専門書を読んだくらいでは、把握することは非常に困難だと言えるでしょう。

弁護士基準と任意保険基準、どれくらい慰謝料・損害賠償額に差がある?

損害賠償額を決めるうえで弁護士基準を適応した場合、任意保険基準と比較するとどれくらいの差があるのかは気になるところ。

前提として、任意保険基準はそれぞれの保険会社が定めているものなので、すべてが一律というわけではないという点は理解しましょう。

具体的な差についてですが、例えば後遺障害の慰謝料の場合、等級が14級であれば、任意保険基準(一般的なもの)では40万円くらいだと言われています。

これに対して、弁護士基準では約3倍の110万円ほどとなります。

また、等級が6級になると任意保険基準では600万円、弁護士基準では約2倍の1,100万円ほどです。さらに、等級が1級になると任意保険基準では1,300万円、弁護士基準では2倍以上の2,800万円くらいとなっています。このように、一般に弁護士基準は任意保険基準と比べて数倍の差があるのですが、それは認定等級によっても大きく異なります。

慰謝料の請求基準については【交通事故】慰謝料を請求する際の3つの基準を理解しようでも紹介しています。よろしければ参考にしてみてくださいね。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰に相談すべきかわからない
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

東京ステラ法律事務所

0120-660-087

関連記事一覧

誰でもわかる慰謝料計算機|交通事故の慰謝料を計算機でラクラク計算

「保険会社に慰謝料を提示されたが納得で...

交通事故の慰謝料の相場はいくら?むちうち・後遺症の場合の計算方法

「自分の慰謝料、もしかして相場より低い…?」 通院慰謝料に...

実は簡単な交通事故の示談金の計算方法|6つのポイントですぐできる

「提示された示談金は妥当なのか…計算方法をちゃんと知りたい」 ...

任意保険基準は損?交通事故の慰謝料は弁護士に相談して増額すべき

「任意保険基準で慰謝料はどれくらいもらえる?」 「任意保険基準の慰謝料の金額は...

交通事故の示談での慰謝料の相場について

[parts pc=pc_banner_stella sp=sp_ctabox_stella]...

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故の慰謝料を勝ち取る!請求方法のポイントまとめ
  2. 交通事故の慰謝料は難しいことだらけ?内訳と内容を詳しく解説!
  3. 交通死亡事故の慰謝料相場は?弁護士に交渉を任せるべき5つの理由

カテゴリ一から探す

×

東京ステラ法律事務所