2017.8.10 更新

交通事故のむちうちの慰謝料は通院期間次第で2倍に!増額のポイント

事故によるむちうちの症状がある場合、適切な通院期間で治療を続けないと後遺症が残る可能性があります。通院期間によって慰謝料金額も変わってきますので、その点も注意が必要です。

このページでは、事故によるむちうち症でお悩みの方に向けて、弁護士と医師の監修のもと、適切な対応方法を説明します。

このページのまとめ

  • むちうちの適切な通院頻度は週3以上
  • 後遺症をむちうちは自覚症状がなくなるまで通院を続けるべき
  • 保険会社から治療打ち切りを迫られる前に弁護士に相談して適切な治療費を受け取るべき
  • 弁護士に相談すれば慰謝料が2倍になる

この記事の監修者

医師/医学博士

大塚真紀

交通事故によるむちうちの治療や慰謝料で悩んだ時に押さえたい2つのポイント

2つのポイント

・完治または症状固定するまで必ず治療を続けよう

・交通事故に強い弁護士に無料相談する

いつまで通院すればいい?完治または症状固定まで必ず治療を続けよう

交通事故でむちうちになった場合、後遺症をのこさないように完治か症状固定まで治療を続けることが一番大切です。

保険会社は治療が6カ月ほど続くと治療の打ち切りを催促してくることがありますが、6ヵ月で治療が終わらないこともあります。

完治や症状固定がまだ出来ない状態で治療打ち切りを催促されても治療は続けましょう。
治療打ち切りをされても、健康保険で治療費を支払い、後から示談金で一括で支払ってもらうという方法があります。

しかし、保険会社の担当者は示談交渉のプロであり、個人で交渉するのは難しいです。
そのため、慰謝料で損をしないためには専門家(弁護士)の力を借りないと難しいでしょう。

治療の段階から弁護士によるサポートを受ければ、通院期間、後遺障害(後遺症)認定、などの手続きやタイミングで失敗しない示談が可能です。

交通事故に強い弁護士に無料相談する

交通事故によるむちうちの示談交渉なら、交通事故専門の弁護士に相談するのがおすすめです。

弁護士に相談する、というとお金がかかってしまう印象が強いと思いますが最近では無料で相談を行っている弁護士もいます。

自分の状況にあった対処法も教えてもらうことができるのでまずは無料相談をしてみるのがおすすめです。

被害者が弁護士に相談するおすすめのタイミング
  • 事故後、記憶が鮮明なうち
  • 怪我の治療中または治療が完了したとき
  • 後遺障害等級認定の申請をするとき
  • 後遺障害等級の認定が下りたとき
  • 加害者と調停や裁判に発展したとき
  • 大事故・死亡事故の場合

ここからはむちうちになった場合の適切な通院期間や慰謝料増額方法、後遺障害(後遺症)認定について説明していきます。

追突事故でむちうちに!早期の弁護士相談を決めたおかげで慰謝料が2倍になった体験談

Sさん(20代後半 女性 埼玉県) 勤務中に追突事故に巻き込まれる

赤信号にて停車した私の車両に、後方の車両が追突してきてむちうちと診断されました。

事故直後から首に痛みを感じ、そのまま病院にて診察を受けたところ「むちうち」と診断され、その日から週に2、3回のリハビリが必要だと診断されました。

通院し始めてから6ヶ月がたち症状固定をする前から、保険会社からは示談の開始を急かされました。ですが、首の痛みは残っていて医者からもまだ通院しなければ後遺症が残ってしまうと言われてしまいました。

保険会社の対応の悪さがきっかけで弁護士に相談することを決心

保険会社の対応は相変わらず強行でした。
そこで「弁護士相談」が思い浮かび、インターネットを使って弁護士事務所を調べました。

どこがいいか、なにも分からなかったのですがとりあえず無料相談できる弁護士事務所があったので、そこで話を聞いてもらうことにしました。

私を担当してくれた弁護士の方は、親身に話を聞いてくれて、治っていないのに治療を打ち切りにするのはおかしいと強く主張してくれました。

弁護士に保険会社との対応を全て任せられたおかげで慰謝料が85万円→190万円に

弁護士の方に依頼をしたおかげで保険会社の対応も変わり、症状固定の後に示談交渉を開始することができました。

慰謝料も弁護士基準で受け取り、休業損害も受け取ることができたので、損害賠償金は85万円から190万まで増額させることが出来ました。

弁護士費用も弁護士費用特約に加入していたため、0円(ゼロ円)で依頼をすることが出来ました。
交通事故に遭って悩んでいる方は、まずは弁護士に無料相談してみるのを強くおすすめします。

むちうちの治療は整形外科?整骨院?正しい治療の期間と頻度

交通事故でむちうちになったら、通院治療をする必要があります。

この場合、整骨院に通う人が多いですが、まずは、後遺障害診断書を医師に書いてもらう必要があるので整形外科を受診しましょう。

整形外科の治療が一段落したら、整骨院などで治療をしてもかまいません。

1ヶ月、3ヶ月、1年……むちうちはいつまで通院すればいいの?

むちうちの通院期間は人それぞれではありますが、平均的には6ヶ月前後で症状固定することが多いと言われています。

しかし、交通事故後の通院期間に相場はありません。

交通事故後の通院は「症状固定」もしくは「完治」するまで継続します。
症状固定とは、治療を継続してもそれ以上症状がよくならないという状態のことです。

症状固定したかどうかは、ケースに応じて担当医が判断するので、一律ではないです。

3ヶ月で完治する人もいれば、6ヶ月で症状固定する人もいます。1年経っても整形外科に通院が必要なケースもあるでしょう。

週1?それとも毎日?むちうちの通院頻度はどうすればいい?

交通事故によるむちうちになったとき、通院頻度をどのくらいにすべきかが問題になります。

例えば、週に1回だと少なすぎて、相手の保険会社からの治療費が打ち切られる可能性が高くなります。

保険会社は、通院回数が多い=症状が重いと判断します。したがって、保険会社に自分の症状の深刻さを伝えるために,保険会社に「沢山通うほど酷い状況である」という証拠を作る必要があります。

逆に通院回数が少ないとその程度の痛みだということにされてしまい、保険会社に治療を打ち切りにされてしまうことがあります。

そのため、むちうちで通院する場合、最低でも週3回程度は受診するようにしましょう。

<まとめ>

  • まずは整骨院ではなく整形外科を受診しよう
  • 最低でも週3は受診しよう
  • 症状固定時期は自身の状況に応じて医師に決めてもらおう

むちうちの慰謝料の相場は?賠償金の一覧と算定の3つの基準

むちうちになった場合、実際にはどのくらいの慰謝料が受けられるものなのでしょうか。

また弁護士依頼では慰謝料はどのくらい増額するのか、なぜ増額するのか具体例を挙げて説明します。

むちうちで請求できる賠償金の項目一覧

むちうちになった場合の賠償金一覧

・治療関係費 入院時にかかった費用、むちうちの治療にかかった費用、
・入院、通院慰謝料 入院や通院に伴う精神的な負担への慰謝料
・診断書(文書料) 保険や会社への申請のために医者に診断書を書いてもらうときにかかる費用
・休業損害 交通事故で、仕事ができなかったことにより失ってしまった利益
・後遺障害慰謝料 後遺症を抱えて生活することに対する精神的な負担に対する慰謝料
・後遺障害逸失利益 後遺症により、仕事ができなかったことにより失ってしまった利益

交通事故の慰謝料決定のための3つの基準とは?(自賠責・任意保険・弁護士基準)

慰謝料の計算方法には自賠責基準・任意保険基準・弁護士(裁判)基準があり、それぞれによって入通院慰謝料の金額が異なります。

  • 自賠責基準:自賠責保険で計算する場合の基準。
  • 任意保険基準:任意保険会社が示談交渉する場合の基準。
  • 弁護士(裁判)基準:弁護士が示談交渉をしたり裁判をしたりした場合の基準。

自賠責基準が最も低額となり、任意保険基準が中間、弁護士・裁判基準が最も高額になります。
弁護士費用"

むちうちの入通院期間3ヶ月の慰謝料相場(入院1ヶ月・通院2ヶ月)

自賠責保険基準の場合

自賠責保険基準では、通院期間だけでなく、実際に通院した日数が入通院慰謝料の金額にかかわってきます。

自賠責基準の場合、入通院慰謝料の金額は1日当たり4200円×日数という計算方法になります。
このとき、

・日数は入院期間と通院期間の合計
・実際に通院した日数×2

のいずれか少ない方の数字になります。

そこで、実際に通院した日数があまりに少ない場合には、実際に通院した日数×2の数字が採用されて、入通院慰謝料が少なくなってしまうのです。

そのため自賠責基準の場合は通院頻度も重要になってきます。

入院1ヶ月通院2ヶ月(通院中は10日病院に通った場合)

実入通院日数(入院期間30日+実通院期間10日)×2=80日 入通院期間(入院期間30日+実通院期間60日)=90日

よって実入通院日数×2の方が数字が小さいので、日数は80日として計算します。

そこで、入通院慰謝料の金額は、

4200円/日×80日=33万6000円になります。

ちなみにもし15日以上通院していたら、実入通院日数(入院期間30日+実通院期間15日以上)×2より入通院期間の方が少なくなるので、入通院期間を採用します。

任意保険基準の慰謝料相場

むちうち後の入通院慰謝料の金額は、入通院期間が長くなればなるほど高額になります。

その間に具体的に何日間通院したかによって決まるわけではありません。
ですので通院日数を増やしたからといって、入通院慰謝料が高くなるわけではないのです。

入通院期間:入院1ヶ月通院2ヶ月の場合の入通院慰謝料の金額は、だいたい50万4000円くらいになります。

弁護士・裁判基準の慰謝料相場

だいたい69万円程度になります。重傷の場合には98万円くらいまで上がります。

基準別の入通院慰謝料の相場(目安)
自賠責保険基準 任意保険基準 弁護士・裁判基準
33万6000円 50万4000円 69万

むちうちの入通院期間6ヶ月の慰謝料相場(入院2ヶ月・通院4ヶ月)

自賠責基準の慰謝料相場

この場合、自賠責基準だと、やはり通院日数が問題になります。

入院2ヶ月通院4ヶ月(通院中は50日病院に通った場合)

実入通院日数(入院期間60日+実通院期間50日)×2=220 入通院期間(入院期間60日+実通院期間120日)=180

よって入通院期間の方が数字が小さいので、日数は180日として計算します。

4200円/日×180日=75万6000円となります。

任意保険基準の慰謝料相場

任意保険基準の場合、入通院期間が入院2ヶ月通院4ヶ月の場合の入通院慰謝料の相場は、89万4000円程度になります。

弁護士・裁判基準の場合

119万円程度になります。重症のケースでは165万円程度まで上がります。

基準別の入通院慰謝料の相場(目安)
自賠責保険基準 任意保険基準 弁護士・裁判基準
75万6000円 89万4000円 119万

むちうちの入通院期間1年の慰謝料相場(入院3ヶ月・通院9ヶ月)

以下では治療での入通院期間が1年の場合の入通院慰謝料を見てみましょう。

自賠責基準の慰謝料相場

自賠責基準の場合には、やはり実通院日数が問題になります。

入院3ヶ月通院9ヶ月(通院中は110日病院に通った場合)

実入通院日数(入院期間90日+実通院期間110日×2)=400日 入通院期間(入院期間90日+実通院期間270日)=360日

よって入通院期間の方が数字が小さいので、日数は360日として計算します。

そこで、入通院慰謝料の金額は

4200円×360日=151万2000円になりますよね。

しかし実際には自賠責の障害に対する保険の限度額が120万円になっているので、治療費も合わせてそれ以上が支払われることはありません。

自賠責の場合、1年以上通院すると、全額の入通院慰謝料の支払いを受けることは難しくなります。

任意保険基準の慰謝料相場

入通院期間1年(入院3ヶ月通院9ヶ月)の場合の入通院慰謝料の相場は、だいたい131万円くらいです。

弁護士・裁判基準の慰謝料相場

入通院期間1年(入院3ヶ月通院9ヶ月)の場合の入通院慰謝料は、だいたい158万円くらいです。重傷の場合には226万円程度まで上がります。

基準別の入通院慰謝料の相場(目安)
自賠責保険基準 任意保険基準 弁護士・裁判基準
120万 131万 158万

<まとめ>

  • 弁護士基準が一番慰謝料額が高い
  • 重症の時なら、弁護士基準にすると自賠責基準の時より慰謝料額は倍になることもある

交通事故の慰謝料に関してより詳しく知りたい方には弁護士基準で交通事故の慰謝料は2倍に?計算ツールで慰謝料を計算でも紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください。

交通事故の慰謝料計算|むちうちの慰謝料をツールを使って実際に計算

示談交渉をする前に、自分の請求できる損害賠償の金額をある程度予想していくことは大切です。
本サイトでは慰謝料計算のためのツールを用意しました。

慰謝料計算ツールで交通事故で通院した場合の慰謝料を計算してみよう

保険会社の提示額は保険会社独自の基準(任意保険基準)で低く見積もられていることがほとんどです。

以下の慰謝料計算ツールでは、弁護士基準で慰謝料を計算しているので適切な慰謝料の金額が知りたい方はこのツールを使ってみましょう。

当てはまる項目だけで計算できます

1性別
2年齢
3入院日数
4通院日数
5休業日数
6専業主婦であるか
7直近3ヶ月の収入合計
8他覚症状はあるか
9入院や通院の治療費
10入院や通院の交通費
11衣料損傷費
12その他費用
13後遺障害はあるか
14後遺障害の等級

計算してみる

各費用の計算結果

入院や通院の治療費
入院や通院の交通費
衣料損傷費
(その他)
付添看護料
病院付添費
入院中雑費
休業損害
慰謝料
後遺障害逸失利益
後遺障害慰謝料

トータル費用

※ 計算機の注意事項(クリックで開閉)

※1:本ツールは入通院日数がそれぞれ15ヶ月以内の場合のみ適用となります。上回る場合は450日以上を切り捨てての計算となります。

※2:休業日数は実際に会社をお休みした日数となります。専業主婦の方は家事を行えなかった日数をご記入ください。

※3:直近3ヶ月の収入合計は、事故が起こった日の直近3ヶ月の収入合計を指します。

※4:他覚症状とは、医学的に客観的に捉えることができる症状を指します。むちうち以外の症状が見られる場合は「はい」、むちうちのみの場合は「いいえ」を選択してください。

※5:その他費用とは装具・器具等の購入費や自宅・自動車等の改造費など入力項目にはないが実際にかかっている費用のことを指します。

・本ツールで求まる金額はあくまで目安の金額となりますので個々の状況により慰謝料の金額は異なります。これ以上の損害賠償をもらえる場合がございます。詳しくは弁護士にお問い合わせください。

・本ツールは社会人の方か専業主婦の方のみ対応となります。失業中の方、大学生の方は逸失利益については本ツール適用外となります。

・こちらにご自身の過失割合を掛けたものが正しい損害賠償総額になります。

・本ツールでは後遺障害の積極損害については規定がないので省略させていただきます。

・各費用などで記入金額が1万円を下回る場合は切り上げるので、記入欄には「1」と記入してください。

・本ツールは症状固定した人向けのツールとなりますが、そうでない方も目安としてご利用いただけます。

むちうちでも弁護士に依頼すれば後遺障害認定を受けることができる

後遺障害認定される場合、後遺障害等級に従って後遺症慰謝料が決まります。

後遺障害認定を受けられるかどうか、というのは慰謝料額に大きく関わってくるのです。

そのため、後遺症が残っている場合は必ず後遺障害等級認定を取れないと損してしまいます。
ですが、他の後遺症として認定を受けている症状に比べて程度の低い症状であり、むちうちは後遺障害の認定を受けにくいとされています。

個人で認定を取ろうとすると難しいのです。

弁護士は慰謝料請求に関してはプロです。等級認定を受けやすくなるような後遺障害診断書の書き方の工夫なども知っています。

そのため、弁護士に相談することが一番簡単かつ確実にむちうちで後遺障害認定を取る方法です。

むちうちで等級認定されると(第14級から第12級が多い)

全く後遺障害による損害賠償が取れなかった場合と比べると、290万増額

また弁護士特約を使うことができる場合は自己負担なしで弁護士に依頼することができます。

<まとめ>

  • むちうちで後遺障害認定をとるためには弁護士に相談するのが一番確実で簡単
被害者が弁護士に相談するおすすめのタイミング
  • 事故後、記憶が鮮明なうち
  • 怪我の治療中または治療が完了したとき
  • 後遺障害等級認定の申請をするとき
  • 後遺障害等級の認定が下りたとき
  • 加害者と調停や裁判に発展したとき
  • 大事故・死亡事故の場合

保険会社に治療打ちきりを迫られたら?治療費を受け取れる方法はある

交通事故被害者は適切な補償を受ける必要があります。
後遺症を残さない、もしくはできるだけ軽くするために医師と症状固定をするまでしっかり治療しなければなりません。

保険会社が治療打ち切りを迫ってくるときのパターン

むちうちの通院期間が長期に及んでくると、相手方保険会社に治療打ち切りを催促されることがあります。

<よくあるパターン>

むちうち後3ヶ月が経過したときに相手方保険会社に「もう治療期間は終わりでお願いします。」と言われる

完治せず、症状固定もできず、通院を継続して通院期間が6ヶ月に

任意保険会社は、3ヶ月分の入通院慰謝料しか支払わないと主張

このようなことが起こったら示談代行をしてくれている保険会社に相談しようか、と考えると思います。

しかし、自身の保険会社も、ある程度のところで示談をまとめたいと思っているので状況を改善することは難しいです。

治療打ち切り後に、治療にかかった費用を保険会社から受け取る方法

たとえば、治療打ちきりにされても、打ち切られた後の治療費はとりあえず健康保険で支払い、後から示談金として一括で支払ってもらうという方法があります。

しかし、それは被害者自身で保険会社と交渉するには難しいことです。

そこで、入通院期間を全部計算に入れてもらえない場合には、弁護士に相談すべきです。
治療打ち切りになった後の治療費の交渉もしてくれます。

弁護士であれば、完全に依頼者の味方になってくれるので、相手の保険会社に遠慮することなく満額の請求ができます。

弁護士依頼をすれば打ち切りにならず、弁護士基準の慰謝料が受け取れる

また、上記でも説明した様に、入通院慰謝料の金額は、任意保険基準よりも弁護士・裁判基準の方が大幅に高額になります。

弁護士に示談交渉を依頼すると、当然にこの高額な弁護士・裁判基準が採用されるので、支払われる入通院慰謝料の金額がかなり上がるのです。

当然、通院期間はすべて含めて計算してもらえることになります。

弁護士に依頼しない場合

・3ヶ月分の入通院慰謝料
・任意保険基準
入通院慰謝料としては378,000円

弁護士に依頼した場合

・6ヶ月分の入通院慰謝料
・弁護士・裁判基準
入通院慰謝料としては890000円
重症の場合は1160000円

弁護士に依頼しない場合と弁護士に依頼した場合でこれほどの差が出るのですから、弁護士費用を支払ったとしても、充分にもとが取れると言えるでしょう。

<まとめ>

  • 弁護士依頼に依頼すれば、完治または症状固定まで治療費を受け取り、しっかり治療できる

交通事故によるお悩みを抱えている方は医師との連携ができる弁護士事務所に相談

最近は、多くの弁護士事務所で交通事故の無料相談を実施しています。

むちうち後の通院にまつわる問題で悩んでいる場合、弁護士に相談すると、打ち切りを催促してくる保険会社への対応、後遺症認定について被害者の状況にあったアドバイスを受けることが出来ます。

当サイトでも下記のフォームから弁護士事務所に相談することができますので是非ご利用ください。

相談は何度でも無料です。

今回の記事を参考にして、むちうちの場合にも賢く通院を継続して、妥当な入通院の慰謝料請求をしましょう。

むちうちの慰謝料相場は交通事故でむちうちに...慰謝料相場はいくらくらい?でも解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰に相談すべきかわからない
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

東京ステラ法律事務所

0120-684-018

この記事の監修者

大塚真紀

関連記事一覧

交通事故に強くて評判の良い弁護士(事務所)の探し方、教えます

弁護士事務所が多すぎてどこを選べばいいのか分からない! 弁護士は何を基準に選べ...

追突事故の慰謝料を計算|相場を知って損害賠償を絶対に増やす方法

追突事故の慰謝料はどれくらい貰えるものなのか分からない。 自分の追突事故の慰謝...

弁護士特約の使い方|あなたの使用条件・デメリット全て解説します

『弁護士特約とは?よく分からない!』 『弁護士特約を使いたいけど、自分の場合は...

誰でもわかる慰謝料計算機|交通事故の慰謝料を計算機でラクラク計算

「保険会社に慰謝料を提示されたが納得で...

誰でもわかる慰謝料計算機|交通事故の慰謝料を計算機でラクラク計算

「保険会社に慰謝料を提示されたが納得で...

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故の慰謝料を勝ち取る!請求方法のポイントまとめ
  2. 交通事故の慰謝料は難しいことだらけ?内訳と内容を詳しく解説!
  3. 交通死亡事故の慰謝料相場は?弁護士に交渉を任せるべき5つの理由

カテゴリ一から探す

×

東京ステラ法律事務所