2017.9.8 更新

交通事故で親族が植物人間になった時、対応・補償はどうすれば?

「交通事故で親族が植物人間となってしまい後見人となったが、何をすればいいのかわからない...」
「交通事故で植物人間になった場合、請求できるものは何でどうやるの?」

親族が交通事故で植物人間となってしまった場合、後見人が気をつけることはなんなのかなどをご紹介しています。お困りの方は是非お読みください。

また、交通事故で被害者が植物人間になってしまうと立場的に不利になったり、不当な請求をされたりもするので弁護士に相談して一緒に進めていくことをオススメしています。

弁護士に電話で無料相談

親族が交通事故で植物人間状態に。後見人はどうすればいい?

不幸にも親族が交通事故に遭い、一命はとりとめたものの寝たきりになってしまうという悲しいケースも交通事故案件においては少なくありません。

寝たきりの状態の患者のことを、植物状態・植物人間と俗称します。

正式には、遷延性意識障害と呼びます。

遷延性意識障害とは、重度の昏睡状態を指す症状。大脳が大きく損傷した時に発症する症状のことを指します。

脳死は回復の見込みがない症状ですが、植物人間状態には回復の見込みがあります。

交通事故を解決することに目を向けると、示談交渉から示談締結まで行わないと、交通事故というトラブルがひと段落したとは言えません。

後見人は、この示談交渉から示談締結までを行っていく必要があります。

遷延性意識障害の場合、自ら意思を発現することもできなくなってしまうので、当然ながら事故当事者本人は現場に立ち会うことも、示談交渉を直接行うこともできないためです。

被害者のご家族(お嫁さんや兄弟など)が後見人になるための正式な手続きを終えた後、本格的な示談交渉が始まります。損害賠償金請求も後見人が行うことになります。

被害者が弁護士に相談するおすすめのタイミング
  • 事故後、記憶が鮮明なうち
  • 怪我の治療中または治療が完了したとき
  • 後遺障害等級認定の申請をするとき
  • 後遺障害等級の認定が下りたとき
  • 加害者と調停や裁判に発展したとき
  • 大事故・死亡事故の場合
  • 弁護士に電話で無料相談

    植物人間の被害者の後見人の受けられる補償はどれくらい?

    交通事故で遷延性意識障害になってしまった方の後見人は、状況に応じて以下のような補償を受けること、ないしは費目の請求が可能です。

    まずは積極障害として以下の3つを請求できます。

    • 入院治療費
    • 付添看護費
    • 入院雑費

    また、休業期間が発生したら休業損害の請求として以下の2つを請求できます。

    • 入通院慰謝料
    • 休業損害

    さらに、後遺障害が認定されると以下の3つも請求できます。

    • 後遺障害慰謝料
    • 逸失利益
    • 介護料

    植物人間となった場合の補償と慰謝料相場はどうなる?

    遷延性意識障害の場合、後遺障害認定を受けるとその等級はもっとも重い1級になります。

    本人の状態を考えれば妥当とも言えます。また、寝たきりになってしまうため、1級の中でも「介護を要するもの」として認定されます。

    慰謝料の相場ですが、遷延性意識障害の場合でも、他の後遺障害と同じく金額は慰謝料算定についてのどの基準を採用するかで異なってきます。
    ただ、もっとも重い1級に認定されるだけあって、どの基準であっても示談金は1,000万円を超えます。

    それぞれの算定基準びよる慰謝料は以下の通りです。

    等級 弁護士・裁判基準 任意保険基準 自賠責基準
    1級 2,800万円 1,300万円 1,100万円

    もっとも低い自賠責基準の場合には1,100万円程度です。次いで、任意保険基準では1,300万円程度になり、もっとも高額な弁護士基準・裁判基準の場合には2,800万円程度となり、弁護士・裁判基準を採用されると金額も大幅に上がります。

    よって、遷延性意識障害の後遺症が残った場合、弁護士に示談交渉などの手続きを依頼して弁護士基準・裁判基準を利用して高額な後遺障害慰謝料を請求することが重要と言えるでしょう。

    さらに、介護を要するものとして認められていることを踏まえると、前述のとおり介護費用を請求できます。介護費用の相場は、5000万円~1億円にもなることが多いです。

    よって以上を踏まえ遷延性意識障害の場合の損害賠償金額を合計すると、2億円を超える損害賠償金を請求できるケースになると言えます。

    弁護士に電話で無料相談

    交通事故で植物状態となった被害者の後見人は損害賠償請求する際、気をつけることとは?

    遷延性意識障害に当事者がなってしまった場合は、繰り返しになりますが事故の状況について体験した本人が事故状況を説明する、あるいは主張することができません。

    よって、どうしても加害者による説明が主になってしまい、加害者による一方的な主張が通されてしまうことや落ち度がない被害者に過失が割り当てられてしまうというトラブルが起こる可能性があります。

    これは死亡事故のケースでも同じ話ですが、上記の理由により示談を締結しても納得感を得られない結果に終わることが最大のリスクです。

    このような問題を避けるには後見人を含めた親族の方も、きちんと警察の実況見分調書などを取り寄せて事故状況を調査し、目撃証言を探すなど、事故状況を客観的に分析する努力をする必要があります。

    とはいえ自分たちだけでは対処が困難な場合がほとんどですので、弁護士の力を借りることがおすすめです。

    交通事故の無料相談はこちら

    ご相談ください

    こんな方は今すぐ相談!

    • 事故の事を誰に相談すべきかわからない
    • 保険会社の態度や対応に不満がある
    • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
    相談無料

    東京ステラ法律事務所

    0120-660-087

    関連記事一覧

    交通事故で脳挫傷と診断されたら家族が1週間以内にやるべき2つの事

    家族が交通事故で脳挫傷と診断された。これからどうなってしまうのか・・・ こちらのページは、脳挫傷と診断されてしまった交通事故被害者の方の、...

    交通事故で半月板損傷の被害者が後遺障害の等級認定を受ける方法

    半月板損傷は後遺障害等級の何級に当たるの? 後遺障害の認定を受けたいがなにをし...

    交通事故の自律神経失調症|後遺障害認定と慰謝料獲得の3つの方法

    「事故の後から、なんだか体調が悪い気がする。。。」 実は以...

    後遺障害診断書の書き方7つのポイント|記入例と注意点を詳しく解説

    「医師に後遺障害診断書を作成してもらったけど書き方はこれでいいの?」 「医師に...

    交通事故による握力低下で後遺障害認定はされる?慰謝料は?

    事故にあってから以前より握力が低下してしまった。 手にしびれが残って握力が戻ら...

    お悩み別ページ

    ページランキング

    1. 交通事故の慰謝料を勝ち取る!請求方法のポイントまとめ
    2. 交通事故の慰謝料は難しいことだらけ?内訳と内容を詳しく解説!
    3. 【死亡事故の慰謝料まとめ】相場はいくら?最高額を得るためのポイント

    カテゴリ一から探す

    ×

    東京ステラ法律事務所