2017.8.10 更新

過失ゼロの事故で示談交渉を保険会社に断られ...弁護士に相談した結果

「過失割合がゼロの場合、保険会社に示談交渉を代行してもらえないと言われ困っている」
「過失ゼロの事故だと自分の保険会社に示談交渉を依頼できないらしいが、自分で交渉をしなければいけないの?」

事故被害者が過失ゼロのケースでは、保険会社は契約者側に賠償責任がないため加害者側との示談交渉を代行できないことが弁護士法で決まっています。

わからないことだらけの示談交渉を、保険会社相手と進めるのは、被害者側からすれば酷なことです。

しかし、保険についている弁護士特約を利用し弁護士に相談すれば、弁護士費用を支払わず示談交渉してもらえ、しかも慰謝料を増額してもらうことができました。これは過失ゼロの事故において、自分で示談交渉してた私が弁護士に示談交渉を依頼した体験談です。

交通事故示談体験者のプロフィール

事故形態 車対自転車
負傷内容 むちうち、骨折(膝)
示談金 ¥900,000
保険会社の対応満足度 ★★★★★
過失割合 10:0
示談締結までの期間 6か月
症状固定までの通院期間 3か月
弁護士への相談 した

過失ゼロの事故では保険会社に示談代行をしてもらえないことが発覚!

私が自転車で大通りを直進していた時に、横道から自動車がいきなり左折してきて、避けきれず事故になりました。

自動車にぶつかった衝撃で首のあたりがむち打ち症になったのに加え、起き上がろうとすると膝にも鋭い痛みを感じ、歩けなかったので救急車を呼んでもらいました。
膝は骨折していたので手術の日取りなどを決めたのですが、その翌日から保険会社との交渉が始まりました。

自分の保険会社に電話をかけて事故に遭った旨を述べると、最初は詳しく状況を聞いてくれるうえにこちらの体調も気遣ってくれるなど、親切で丁寧な対応が印象的でした。

しかし、2週間ほどの調査でこちらの過失割合がゼロになったと報告を受け、その時点で私の保険会社からは加害者側との交渉を自分で行うように言われました。

被害者が弁護士に相談するおすすめのタイミング
  • 事故後、記憶が鮮明なうち
  • 怪我の治療中または治療が完了したとき
  • 後遺障害等級認定の申請をするとき
  • 後遺障害等級の認定が下りたとき
  • 加害者と調停や裁判に発展したとき
  • 大事故・死亡事故の場合
  • 治療しながら自分で示談交渉をするはめになりかなりのストレスに

    結局、私自身が膝を治療しながら相手側の保険会社とやり取りをしなければならず、非常にストレスでした。

    相手側の保険会社は、事故状況や経過に関してこちらに分からない専門用語を使って話してくることも多く、話し合いに時間がかかりました。

    私は事故直後から膝の手術で入院していたのですが、その間も相手側の保険会社と賠償金について話し合ったり、破損した自転車の修理依頼をしたりと、各方面に連絡を取らなければなりませんでした。

    わからないことも多く、肉体的にも精神的にも自分で示談交渉し続けることに限界を感じ始めていました。

    保険についている弁護士特約を利用してお金をかけず弁護士に依頼でき半年で示談締結

    自分で示談交渉し続けることに限界を感じていたところ、保険についている弁護士費用特約を利用すれば実質費用負担がなく弁護士に任せられることを知り、依頼することにしました。

    交渉半ばで弁護士に依頼し、保険会社との連絡を全てやってもらい、半年ほどで示談締結することができました。

    弁護士に任せるにあたって弁護士費用の心配がありました。事故の交渉が終わるまでどのくらい期間がかかるか分からなかったので、費用もかさむのではないかと恐れていましたが、保険会社の提示していた弁護士費用の特約事項が私のケースに適用され、コストをすべてカバーすることができました。
    しかし、特約事項が当てはまらない場合もあるようですので、事前に保険の内容を確認しておくことが必要です。

    弁護士に依頼してよかったと感じた点

    弁護士に依頼して良かったと思う点は、法律の専門家が自分側について代弁してくれるので安心できるうえ、事故に関する煩雑な交渉を全て任せられるということです。

    事故状況や過失割合によっては、加入している保険会社が味方に立ってくれない場合もあります。特に過失割合がゼロになると、保険会社は示談交渉をせず、自分で相手側との話し合いをするので、肉体的にも精神的にも大きな負担になります。

    怪我の痛みで身体が思うように動かない中で事故処理の手続きをするのに限界を感じ、弁護士に依頼したのですが、保険会社とは異なり最初からこちらの最善を考えて処理を進めてくれたうえ、複雑な手続きも全て引き受けてくれたので、非常に助かりました。

    結果的に、賠償金もこちらが考えていたより多く払われることになったので、やはり依頼して正解だったと思っています。

    弁護士費用特約を利用し交通事故専門の弁護士に無料相談

    自分で示談交渉することになった場合、負担の大きさなども考えると、弁護士特約が利用できるなら最大300万円まで負担してくれる保険会社が多く、ほとんど実質無料で弁護士に依頼できるので、有効活用するべきです。

    弁護士費用特約は自分で弁護士に依頼することができるので、交通事故に強い弁護士に依頼したほうがメリットが大きいです。利用の際には交通事故事件処理の実績が高い弁護士を探し、依頼することをおすすめします。

    交通事故の無料相談はこちら

    ご相談ください

    こんな方は今すぐ相談!

    • 事故の事を誰に相談すべきかわからない
    • 保険会社の態度や対応に不満がある
    • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
    相談無料

    東京ステラ法律事務所

    0120-684-018

    関連記事一覧

    過失割合の修正要素|保険会社を信じるな!事故ケースごとの判断方法

    「保険会社から提示された過失割合に修正要素が適応されていたけど、割合はこれ以上低...

    交通事故の過失割合が10対0の場合は自分で交渉?その危険性とは?

    「明らかに過失割合10対0だけど保険会社が認めてくれない」 「過失割合が10対...

    自分の過失割合の方が高いことが判明!示談交渉する時に気をつけておきたいこと

    交通事故の示談交渉において、最大の争点となるのが「過失割合」です。 なぜか?この過失割合によって、損害賠償金額が変わってくるのです。 そのため、加害者が事実とは異なる証言をし、自分の過失割合を低く...

    点滅信号が原因の交通事故!希望の過失割合にするためには

    「点滅信号で事故を起こしてしまった場合過失割合はどうなるの?」

    自分の過失がゼロ!相手に全ての過失がある場合の事故示談

    [parts pc=pc_banner_stella sp=sp_ctabox_stella]...

    お悩み別ページ

    ページランキング

    1. 交通事故の慰謝料を勝ち取る!請求方法のポイントまとめ
    2. 交通事故の慰謝料は難しいことだらけ?内訳と内容を詳しく解説!
    3. 交通死亡事故の慰謝料相場は?弁護士に交渉を任せるべき5つの理由

    カテゴリ一から探す

    ×

    東京ステラ法律事務所