2017.7.26 更新

いつ起きるかわからない交通事故!適正な示談金を受け取るために弁護士に相談を

交通事故示談体験者のプロフィール

事故形態 車対車
負傷内容 むちうち、骨折(手首)、骨折(腰)
示談金 60万円
保険会社の対応満足度 ★★★★★
過失割合 8:2
示談締結までの期間 1年3ヶ月
症状固定までの通院期間 5ヶ月
弁護士への相談 相談・交渉した

対向車と正面衝突!症状固定までに時間がかかった

車の運転は、いつ何が起きるかわかりませんから注意して運転をしなければなりません。普通に、運転していていつもの道を帰っている時でしたが、対向車がハンドルをきり間違えてしまい、そのまま正面衝突してしまいました。幸い、30km制限の道路ということもあって、事故の規模はあまり大きくありませんでしたが、衝撃から様々な場所を骨折してしまいました。

示談交渉を行いたかったのですが、症状が固定するまでに時間がかかってしまい、いったんは骨折がなおってから示談交渉をすることになりました。

保険会社の人と相談することになったのですが、私も前方不注意ということもあって、少しは過失があるとのことだったので、最初は7:3の割合で話は進んでいました。しかし、相手の体の状況を見てるとそこまで酷くなく、車の大きさからすると私の方が小さく被害も大きかったので、もう少し割合を少なくすることができるとのことでした。そこはもう弁護士に相談して話を進めることにしました。

正しい示談金を受け取ろうと弁護士に相談

保険会社の人と相談をしていましたが、正しい示談交渉をするためには、弁護士を雇った方が適正な示談金を受け取れると思ったので、まずは相談からしてみることにしたのです。

相談をしてみると、車の損傷と事故の状況を改めて確認すると、やはり私の方が被害が大きいことは明確でした。また、私の前方不注意で発生した事故とはいえ、相手がハンドルをきり間違えたということも一つの理由としてあったので、そこからは直接交渉してくれました。

弁護士を相談してよかったと思ったことは、過失の割合を下げてくれたということですね。最初は、6:4の割合で話が進んでいたのですが、当時の事故の状況を相手と相談した後に、こちらの方にあまり非がないようでしたので、過失を少なくするという話になりました。相手も、今回の事故に関してかなり反省をしているようで、ハンドルをきり間違えていなかったら招いていない事故だったということもあって、交渉のときはすんなりこちらの要望を受け入れてくれました。

悪かった点は、少し時間がかかったということです。期間にして1年3ヶ月かかってしまったのですが、その間にはもう治療は終わっていましたし、車の修理も終わっていたので少し気になるところでもありました。ただ、後日示談金としてお金が返ってきたので結果としてはよかったです。ただ、もう少し早く示談交渉を終わらせてもよいと思いました。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰に相談すべきかわからない
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

東京ステラ法律事務所

0120-660-087

関連記事一覧

福岡の交通事故で弁護士に依頼する時のポイント

東京ステラ法律事...

交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士選び方

交通事故示談に強くて評判の良い弁護士って?何を基準に選べばいいのか分からない ...

交通事故で弁護士特約を使わないと300万円の損|使い方を徹底解説

『弁護士特約を使いたいけど、自分のケースでは使うべきなの?』 ...

知らなきゃ損?東京で交通事故に強いと評判の弁護士を探す6つの方法

「弁護士事務所っていっぱいありすぎて分からない……」 「東京で評判のいい弁護士...

交通事故被害者専門の弁護士をご紹介|無料相談すべき3つの理由

目次交通事故に強くて無料相談できる弁護士事務所の紹介交通事故案件を得意とする弁護士事務所の多くは、無料相談を実施交通事故の被害者は、こんな悩 ...

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故の慰謝料を勝ち取る!請求方法のポイントまとめ
  2. 交通事故の慰謝料は難しいことだらけ?内訳と内容を詳しく解説!
  3. 【死亡事故の慰謝料まとめ】相場はいくら?最高額を得るためのポイント

カテゴリ一から探す

×

東京ステラ法律事務所