2017.7.29 更新

相手が過失を認めていたので弁護士には依頼せず。交渉が長引く場合は相談を

交通事故示談体験者のプロフィール

事故形態 車対車
負傷内容 むちうち、骨折(手首)
示談金 40万円
保険会社の対応満足度 ★★★★★
過失割合 10:0
示談締結までの期間 4ヶ月
症状固定までの通院期間 3ヶ月
弁護士への相談 しなかった

前方不注意の車と衝突!相手は過失を認めていました

本屋でいつも通り用事を済ませて帰ろうとしているときのことでした。私が車を出そうと思ったときに、前方を確認していない車が私の車に衝突してしまいました。相手は、下を向いておりおそらくスマホを触っていたと思います。私は、車を出そうと思って停車していたため、感覚で言うと勝手に私に衝突してきた感じでした。

意外にも衝撃が大きく、手首をひねってしまったこともあり骨折とむちうちになってしまったのです。完治するまで示談交渉の手続きは行えなかったので、とにかく症状が固定するまで治療に専念することにしました。

保険会社の人を交えて相談してみた結果、私は停車していたこともあって相手に示談金を支払う義務はありませんでした。当然の結果ですし、相手が割合について口を挟んできたとしても、それなりの覚悟はしていました。しかし、この一件に関しては相手も反省しているようで、過失をすぐに認めていました。額も40万円でしたので、それなりに負担にならなかったのでしょう。

相手も反省していたので弁護士には相談せず

弁護士に相談してみるかしないかということを保険会社の人から聞かれましたが、相談する必要はありませんでした。というのも、相談してみても過失の割合はもうわかっていますし、特に相談しなくても話を進めることができたからです。

示談交渉から、示談金成立まで少し時間がかかってしまいましたが、保険会社の人を通して交渉を行っていたので少し遅れてしまったのです。これが、弁護士を交えて行っているとすれば、少し示談金成立までの時間を早めることができましたが、特に急いでもおらず時間にも余裕があったので、相談はしませんでした。

しかし、弁護士を雇おうと思ったこともありました。それは、相手の保険会社が出てきたときでした。当人は、今回の一件を反省しており、過失を全て被るといっていましたが、保険会社の人は納得がいかないようで、異議申し立てをしてきていました。しかし、今回の事故の状況をどのように整理しても、私が相手に対して示談金を支払うということはまずあり得ないことでした。あまりにも、保険会社の人が交渉をしてくるものだったので、弁護士に相談して一蹴りしてもらった方がよいとも考えました。ですが、依頼するときの費用もかかってしまいますし、状況が状況だったので私に過失が発生することはまずなかったのでやめました。最終的に、相談せずに終わりましたが、交渉が長引いてしまったことを考えると雇った方がよいとも思いました。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰に相談すべきかわからない
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

東京ステラ法律事務所

0120-660-087

関連記事一覧

交通事故の裁判の弁護士費用相場は?費用で損しないための3つの方法

「交通事故の裁判を弁護士に依頼したら、どれくらいお金がかかるんだろう?」 「弁...

離れた場所でのやり取りには代行者が必要!今回の示談では保険会社にお願いしました

目次サービスエリアで追突事故!3ヶ月後に示談成立保険会社の親切な対応で代行者は立てずに サービスエリアで追突事故!3ヶ月後に示談成立 島根の ...

交通事故が起きたとき示談になる流れについてのまとめ

[parts pc=pc_banner_stella sp=sp_ctabox_stella]...

交通事故の示談交渉、知っておきたいこれだけのこと

交通事故に遭い、あるいは交通事故を起こして示談交渉をすることになった場合、弁護士に依頼したいけれどいくらかかるのか、示談金は一般にどれくらいもらえるのか、相手が示談に応じてくれない場合はどうすればいい...

【交通事故】示談金では修理代なしに不満、保険会社と戦いました

「保険会社の対応に納得できない」 交通事故の示談では、乗っ...

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故の慰謝料を勝ち取る!請求方法のポイントまとめ
  2. 交通事故の慰謝料は難しいことだらけ?内訳と内容を詳しく解説!
  3. 交通死亡事故の慰謝料相場は?弁護士に交渉を任せるべき5つの理由

カテゴリ一から探す

×

東京ステラ法律事務所