2017.7.26 更新

私が事故で得た教訓!専門家は敷居が高いという先入観は持たず早めに相談を

交通事故示談体験者のプロフィール

事故形態 車対車
負傷内容 むちうち
示談金 10万円
保険会社の対応満足度 ★★★☆☆
過失割合 2:8
示談締結までの期間 3ヶ月
症状固定までの通院期間 3ヶ月
弁護士への相談 しなかった

信号で停車中に事故!相手は高齢者で交渉は苦戦しました

10年程前、車で大通りを走っていたときでした。

土日ということもあってか、道はかなり渋滞していました。交差点に差し掛かったところ、信号機が黄色になったため、ブレーキをかけて停車しました。後方を走っていた車はそれに気づかず、私の車に衝突。後続車はかなりのスピードを出していた為、車のリア、ライトが大破しました。衝撃で首に違和感を感じた為、救急車で病院へ運ばれました。幸いにもむちうちで済み、大事にはいたらずすぐに仕事へ復帰することができました。ここまででも大変な修羅場だったのですが、その後始まった示談交渉も一筋縄ではいかないものとなりました。

保険会社を通じて示談交渉が始まったのですが、相手側が任意保険へ加入していませんでした。そして、相手は高齢者ということもあり、保険会社も過失割合をどう決めるべきか、苦戦しているようでした。最終的には相手側も前方不注意だったことをすんなりと認め、過失割合は2:8で折り合いがつきました。

弁護士への依頼は敷居が高いというイメージが・・今では依頼した方が良かったと後悔

過失割合が最終的に決まるまで、約3ヵ月ほどかかりました。

示談金は10万円。内訳はリアバンパーの修理代が9万円ほど、病院への通院費が1万円でした。保険会社に最後まで頑張ってもらった金額ですから当時はこんなものだろうと思い、特に不満はありませんでした。その後、色々な人の話を聞くと、もう少し踏み込んだ交渉ができたのではと後悔することがありました。

一番後悔したことは、弁護士へ依頼をしなかったことです。当時は弁護士というと非常に敷居の高いイメージを持っていました。その為、依頼をすると費用がかかり過ぎてしまう心配がありました。そして、保険会社に頼んでいるのだからなんとか自分にかなり有利な内容で話をまとめてくれるだろうと、絶対的な信頼を置いていました。

しかし、今回学んだことは保険会社もある程度の領分を超えると、サポートができないということ。当時はそこまで頭が回りませんでしたが、色々と自分でも調べていく中で、領分以外を保険会社に求めることは確かにおかしいなと反省しました。

この事故の示談交渉で得た教訓は2つあります。「自分である程度の知識は身につけておくこと」と「専門家は敷居が高いという先入観は持たず、早めに相談すること」です。当時の自分はとにかく保険会社に任せておけばいいと、楽観的な気持ちでいました。自分の起こした事故ですから、自分で考え、専門家の力も借りて解決していくべきだったと思います。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰に相談すべきかわからない
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

東京ステラ法律事務所

0120-684-018

関連記事一覧

弁護士特約の使い方|あなたの使用条件・デメリット全て解説します

『弁護士特約とは?よく分からない!』 『弁護士特約を使いたいけど、自分の場合は...

交通事故に強くて評判の良い弁護士(事務所)の探し方、教えます

弁護士事務所が多すぎてどこを選べばいいのか分からない! 弁護士は何を基準に選べ...

弁護士費用特約は重要!示談交渉で特約の大切さを学んだ体験談

目次自動車との接触事故!相手の保険会社の対応に疑問弁護士に示談交渉を依頼!弁護士費用特約の大切さ 自動車との接触事故!相手の保険会社の対応に ...

保険会社の交渉にも限界が!ぜひ専門知識を持った弁護士に依頼を

目次無灯火のバイクと接触!示談成立まで1年かかりました保険会社の交渉では過失割合は下げられない 無灯火のバイクと接触!示談成立まで1年かかり ...

交通事故被害者専門の弁護士をご紹介|無料相談すべき3つの理由

目次交通事故に強くて無料相談できる弁護士事務所の紹介交通事故案件を得意とする弁護士事務所の多くは、無料相談を実施交通事故の被害者は、こんな悩 ...

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故の慰謝料を勝ち取る!請求方法のポイントまとめ
  2. 交通事故の慰謝料は難しいことだらけ?内訳と内容を詳しく解説!
  3. 交通死亡事故の慰謝料相場は?弁護士に交渉を任せるべき5つの理由

カテゴリ一から探す

×

東京ステラ法律事務所