2017.7.29 更新

第三者の意見も大事!弁護士に依頼できることを知らなかった体験談

交通事故の弁護士無料相談

交通事故示談体験者のプロフィール

事故形態 車対車
負傷内容 骨折(あばら)
示談金 20万円
保険会社の対応満足度 ★★★☆☆
過失割合 10:0
示談締結までの期間 6ヶ月
症状固定までの通院期間 4ヶ月
弁護士への相談 しなかった

混雑した道での追突事故!保険会社の対応には・・

子どもの入学式の帰り道に、帰宅ラッシュで道路が混み合っており、一時停止した私の車に後方から相手の車両が追突してくる形で事故がありました。幸いなことに私の車両には私しか乗っておりませんでしたが、私自身が衝突の衝撃でハンドルに体を打ち、あばらを一本折ってしまいました。

全面的に私が被害側ということで、事故直後からお相手の保険会社の方から連絡があり、全面的に対応してくださいました。特に入院等したのではなく、日常には支障がない程度のケガで済みましたが、3ヶ月は通院が必須となりました。あばらの骨折は交通事故の中では軽症なのか、保険会社の方から事故後1ヶ月位経ったところで示談の話が始まった事が少しショックでした。最終的には通院している病院が完治したという診察を下すまで示談は待っていただきましたが、事故で精神的にも弱っているところに簡単に示談の話や完治しましたか?といった連絡は大変気が滅入るものでした。示談のお話も完了するまでだいたい半年くらいだったと思います。

主人からアドバイスをもらい示談交渉

弁護士や交渉の代行は依頼しませんでした。対応してくださった事故相手の保険会社の方からは、示談の話を頻繁にされ、「もう調子は大丈夫ですか?」「完治ということでよいですか?」といった内容のお電話を頻繁にいただくようになり、ケガは完治していないけれども、このような場合は示談にしたほうがいいのではないかと考えた事もありました。
しかし、同じように被害事故に遭ったことのある主人から、病院の診察で完治となるまでは示談の話を待ってもらったほうがいいとアドバイスされたことと、診察を受けている病院の主治医の方からも相手の保険会社に詳しい症状を話していただき、まだ治療が必要だという具体的な説明をしていただき、完治するまで示談の話を進めることはしませんでした。今まで事故に遭ったことはありませんでしたし、どのように対処すればいいか全くわからないため、もし主人と主治医の先生からのお話がなければ、保険担当の方に言われるがまま示談の話を進めていたと思います。
また、示談となってから事故の際は弁護士の方や保険交渉の代行を依頼できるということを知りました。私のケースのように、保険担当から示談の話を頻繁にされたり、自分自身の意見を保険担当の方に聞いてもらえないような時は相談できる窓口があるのだと安心しました。もし、事故対応で不安があったり、第三者からの意見が必要な時は弁護士等に相談するのも方法のひとつだと思います。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰に相談すべきかわからない
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

東京ステラ法律事務所

0120-660-087

関連記事一覧

交通事故で裁判を起こした際に和解や解決までにかかる期間とは?

東京ステラ法律事...

交通事故で警察呼ばない|その場で示談するのが絶対にダメな理由とは

「加害者にその場で示談してほしいと言われてた」 「加害者に警察を呼ばないでくれ...

交通事故示談成立までの期間はどのくらい?失敗せずに解決する方法

「事故による治療は終わったけど示談交渉が可能な期間は?」 「事故発生から交渉完...

交通事故で示談しないとどうなる?被害者が損しないただ1つの選択肢

示談条件も相手保険会社の態度も不満で示談したくないが示談しないとどうなるのか・・...

保険会社と病院の対応が良かった!示談交渉を保険会社にしてもらった体験談

目次前方不注意の追突事故!示談交渉は保険会社に保険会社と病院の対応で満足!弁護士には依頼せず 前方不注意の追突事故!示談交渉は保険会社に 事 ...

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故の慰謝料を勝ち取る!請求方法のポイントまとめ
  2. 交通事故の慰謝料は難しいことだらけ?内訳と内容を詳しく解説!
  3. 【死亡事故の慰謝料まとめ】相場はいくら?最高額を得るためのポイント

カテゴリ一から探す

×

東京ステラ法律事務所