2017.7.26 更新

早くに専門家に相談すれば良かったと思った示談交渉

交通事故示談体験者のプロフィール

事故形態 車対自転車
負傷内容 足の打撲、骨折(手首)
示談金 30万円
保険会社の対応満足度 ★★★★☆
過失割合 10:0
示談締結までの期間 8ヶ月
症状固定までの通院期間 6ヶ月
弁護士への相談 しなかった

横断歩道で事故!相手が事実と異なることを証言

近所の学校に教員として勤務しており、通勤には自転車を使用していました。帰宅途中に、青信号の交差点を渡っていたところ信号無視し、横断歩道に侵入してきた車と接触しました。交差点のため相手の車はあまりスピードが出ていなかったものの、接触の勢いで転倒し、膝の打撲と手首を骨折してしまいました。すぐに警察を呼び、現場検証を行いましたが、車を運転していた相手の方が「信号無視はしていない、自転車(自分)が赤信号を渡っていたため接触してしまった」といった事実とは異なる内容を供述していたため、大変困惑しました。目撃者の方もいたため、車を運転していた方が信号を無視し、接触してしまったということで現場検証は終わりましたが、少し事故相手の方の対応に不安をいだきました。

その後は順調に相手の方も保険会社へ事故報告をしてくださり、翌日には事故担当の方から連絡が入り、通院・診察等の対応も進めて行くことができました。ケガが完治し、示談の話になるまでは半年くらいかかりました。

弁護士に依頼できるとは知らず・・状況が違ったらと思うと不安に

私のケースでは、最終的には全面的に相手に過失があったということで保険対応等も進みましたが、もし自分自身にも過失があったということになってしまったらどうなっていたのだろう、と考えると不安になりました。実際に、相手の方は警察の方にも事実とは異なるように現場検証を行っているときに話をしていたこともありますし、事故相手方の対応にも疑問を持ちました。その後の通院や診察といった相手の保険会社の対応は順調に進んだので問題は無かったのですが、もしも事故相手の方、事故相手の保険担当の方が良心的ではなかったら・・・と今回の事故を機に考えるようになりました。

今回の事故について知人に話をしたときに、事故に遭ったときは、不安なことや疑問があれば弁護士に相談できたり、事故対応、保険対応の交渉の代行を依頼できるとはじめて知りました。今回の事故に遭うまで、大きな事故に遭うことや、事故でケガをすることなど滅多にないだろうと、事故対応などにあまり関心を持っていなかったのもいけなかったと思います。すべてがはじめてで何もわからないまま話が進んでしまい、キャッシュレスで通院しながらも、費用は本当に相手の保険会社が負担してくれるのだろうか、あとあと話が変わったりしないか、費用が実は発生しているのでは、といった小さな不安を抱くこともあり、もっと早く専門家に相談できるということを知っておけばよかったと思っています。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰に相談すべきかわからない
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

東京ステラ法律事務所

0120-660-087

関連記事一覧

交通事故で裁判を起こした際に和解や解決までにかかる期間とは?

東京ステラ法律事...

交通事故で警察呼ばない|その場で示談するのが絶対にダメな理由とは

「加害者にその場で示談してほしいと言われてた」 「加害者に警察を呼ばないでくれ...

交通事故示談成立までの期間はどのくらい?失敗せずに解決する方法

「事故による治療は終わったけど示談交渉が可能な期間は?」 「事故発生から交渉完...

交通事故で示談しないとどうなる?被害者が損しないただ1つの選択肢

示談条件も相手保険会社の態度も不満で示談したくないが示談しないとどうなるのか・・...

保険会社と病院の対応が良かった!示談交渉を保険会社にしてもらった体験談

目次前方不注意の追突事故!示談交渉は保険会社に保険会社と病院の対応で満足!弁護士には依頼せず 前方不注意の追突事故!示談交渉は保険会社に 事 ...

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故の慰謝料を勝ち取る!請求方法のポイントまとめ
  2. 交通事故の慰謝料は難しいことだらけ?内訳と内容を詳しく解説!
  3. 【死亡事故の慰謝料まとめ】相場はいくら?最高額を得るためのポイント

カテゴリ一から探す

×

東京ステラ法律事務所