2019.5.10 更新

交通事故の過失割合に納得できない|変更のための3つの方法

「被害者なのに過失割合が0じゃないのは納得できない」

交通事故にあい、知識がない被害者の方は保険会社に言われるがまま過失割合を受け入れてしまい、納得のいかない形で交渉を終えてしまうケースが多くあります。

しかし実は、保険会社に提示された過失割合は、変更する3つの方法があります。

賠償金の金額は過失割合によって決まるので、保険会社の意見を鵜呑みをせずしっかり交渉しなければなりません。

この記事では、過失割合を変更するための3つの方法とそれぞれの特徴について過去の事例を併せて詳しくご紹介します。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

天音総合法律事務所

0120-256-003

ご相談の前に


以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせて頂いております。
  • 事故の加害者側
  • 物損事故(お怪我のない方)
  • 自損事故
  • 他事務所依頼中
  • 事故と関係ないご質問、ご依頼

過失割合に納得できない。後から変更は可能?

冒頭でご説明した通り、交通事故後に保険会社に提示された過失割合は変更することができます。

過失割合は過去の事故の判例を元に保険会社が算出して提示してくるものです。

そして交通事故には全く同じ状況となる場合など存在しないため、正確に事故の状況を証明することができれば過失割合を変更することができるということになります。

また、保険会社はできるだけ支払う賠償金を少なくしようとするので、加害者に有利になるように過失割合を提示してくることがあります。

ただし、この時点で保険会社に提示された過失割合は決定しているものではありません。賠償金の金額は過失割合で決まるので、納得がいかない場合はしっかり交渉をする態度を示すべきでしょう。

次に実際に過失割合を変更するためにはどんな方法があるのか、3つの方法について確認していきます。

交通事故の過失割合を変更できる3つの方法

過失割合変更のための3つの方法

過失割合は、示談書にサインをして賠償金の金額について同意していない限り、変更できる可能性があります。

具体的な過失割合の変更の3つの方法は、以下になります。

過失割合の変更の方法
  • 被害者本人が交渉する
  • 保険会社に依頼して交渉してもらう
  • 弁護士に依頼して交渉してもらう

そもそも過失割合の変更についての交渉をするには、事故の状況の詳しい証明をしなければなりません。

事故の状況は、事故の目撃者を探したりドライブレコーダーの記録などから証明できますが、これらの証拠の収集をプロではない被害者本人や保険会社が行うのは難しいです。

そのため、事故に関する知識がない被害者本人が交渉をしたり、できるだけ早く交渉を終えたい保険会社が交渉をするより、弁護士に依頼して交渉してもらうのがよいでしょう。

確かに交通事故に関する知識はないけど弁護士に依頼をするのは大げさな気がします。自分で交渉するにはどのくらいの準備が必要なんですか?
過失割合には、修正要素という考え方があります。修正要素とは、過失割合を変更する際にポイントとなる要素のことを言います。被害者の方が交渉をするにはまずはそれの準備が必要です。

それでは次に被害者本人が交渉をする際に、過失割合を変更するためのポイントとなる修正要素について確認していきましょう。

被害者本人が交渉をする方法

前述の通り、被害者本人が交渉をする場合に自分で集めなければならない情報として過失割合の修正要素があります。

また、過失割合の修正要素は、「自分の過失割合の減算要素」と「相手の過失割合の加算要素」の2種類に分けられます。

それぞれの項目は以下です。

    【自分の過失割合の減算要素】

  • 相手が大型車である
  • 住宅地、商店街の事故(歩行者)
  • 幼児、児童、障害者、高齢者に当てはまる(歩行者)
  • 幹線道路(自動車の場合)
  • 夜間(自動車)
  • 交差点に明らかに早く入っていた
    【相手の過失割合の加算要素】

  • 著しい過失
  • 重過失
  • 時速15km以上のスピード違反
  • 大型車
  • 徐行なし
  • 進路変更合図なし
当てはまりそうなものはいくつかあるけどそれを今から証明できる気がしません。
そうなんです。だから過失割合の変更をするためには、弁護士に依頼をすることが1番であると言えるんです。

次に、過失割合の変更について弁護士に依頼するメリットを紹介します。

過失割合の変更で1番確実なのは弁護士依頼

ここまでで確認してきた通り、過失割合の修正には多くの要素が必要であり、事故の状況説明の知識がないとかなり難しいです。

その点、交通事故の案件に強い弁護士に依頼をすれば、迅速により詳細な情報を集めてくれます。

また、弁護士に依頼をすれば過失割合の変更以外にもたくさんのメリットがあります

弁護士に依頼をするとやってくれること
  • 賠償金の増額
  • 示談交渉の代行をしてくれる
  • 精神的に楽になりストレスも軽減できる

交通事故の示談交渉が初めての方だと、賠償金の交渉についても難航することになってしまう可能性が高いため大きなメリットとなるでしょう。

また、弁護士費用特約という補償に加入していれば弁護士費用は保険会社の負担になるので、被害者の負担は0円で弁護士に依頼をすることができます。

過失割合の修正なら天音総合法律事務所

相談料無料・着手金無料
弁護士費用:成功報酬20万+示談金の10%
最寄り駅:東京メトロ 永田町駅
所在地:東京都千代田区平河町 VORT永田町3階

天音総合法律事務所は、過失割合の修正に関する依頼の成功実績が多い事務所です。

また、天音総合法律事務所は、大手事務所ではない親身な対応をしてくれるのも魅力の一つです。

過失割合の変更についての依頼をするなら、まずは無料で電話相談してみるのがおすすめです。

次に、実際に弁護士に依頼をして過失割合を7:3から10:0に変更することができた方の事例を見てみましょう。

【体験談】納得できない過失割合を弁護士に依頼して0にした話

男性アイコン

会社員(30代)/ 男性

  • 事故形態:車 対 バイク
  • 過失割合:7:3→10:0
  • 症状:全身打撲
  • 弁護士依頼のタイミング:保険会社に過失割合を提示されてからすぐ

通勤途中に前方不注意の車に激突


私が事故にあったのは1年前に会社へ向かうのに原付で通勤している時でした。

交差点に差し掛かり、トラックの後ろを走って交差点をを通過した時、前からきた右折車が私に気づかずに突っ込んできました。

私はバイクごと跳ね飛ばされ、地面に叩きつけられました。

保険会社に提示された過失割合は7:3でした

事故から数日後、相手方の保険会社から連絡が入り、過失割合のお話がありました。

そこで提示された過失割合はなんと、7:3でした。

理由を聞いたところ
・トラックの後ろを隠れて走っていたから
・どちらも走行中だったため
とのことでした。

交通事故に関する知識はありませんが、自分に過失があるとは思えない事故だったので当然、納得できませんでした

絶対に10対0にしたい。その気持ちから弁護士に依頼

交通事故で弁護士に依頼

被害者なのにお金は払うのは絶対におかしい」という気持ちでとにかく過失割合についてインターネットで検索しました。

そこで弁護士に無料で相談できることを知り、とりあえず電話で弁護士に事故の状況について相談してみることにしました。

相談自体は無料でしたが、弁護士の方に同感していただき「真っ当な補償金額を受け取れるようにします」と力強く言ってくれたのでそのまま依頼をすることになりました。

担当弁護士の交渉の結果10対0に

依頼してから私は、弁護士のアドバイスから通院に専念し、その他の交渉や手続きなどのやりとりは全て弁護士が進めてくれました。

結果的に、担当弁護士の粘り強い交渉のおかげで過失割合は10:0で決定になりました。

初めは保険会社に言われるがまま7:3で決まるところでしたが、弁護士に依頼をして本当によかったです。

何より弁護士に依頼をしてからは、知識も何もない私に味方ができた気持ちがしてとても心強かったです。

示談交渉の結果
示談金 263万円
示談成立までの期間 4ヶ月
弁護士費用 弁護士特約に加入していたため無料

※弁護士特約について詳しくは「弁護士特約とは?交通事故の被害者が使わないと損する4つの理由」をご覧ください

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

天音総合法律事務所

0120-256-003

ご相談の前に


以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせて頂いております。
  • 事故の加害者側
  • 物損事故(お怪我のない方)
  • 自損事故
  • 他事務所依頼中
  • 事故と関係ないご質問、ご依頼

天音総合法律事務所なら弁護士に依頼する際に弁護士特約を使えます

関連記事一覧

交通事故で過失割合10対0になる9つの事例|イラスト付きで解説

交通事故で過失割合9対1や8対2の被害者必読|損する理由と対策法

過失割合の修正要素|保険会社を信じるな!事故ケースごとの判断方法

「保険会社から提示された過失割合に修正要素が適応されていたけど、割合はこれ以上低...

雪道スリップ事故|交通事故の正しい対応方法・過失割合|2018版

「雪道で追突事故に巻き込まれてしまった…どうすればいい?」 ...

交通事故の過失割合は誰が決めるのか?

目次交通事故の過失割合は誰がどんな流れで決めているのか交通事故において保険会社による示談で決まった過失割合に納得できない場合 交通事故の過失 ...

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故で依頼すると後悔する弁護士3つの特徴|体験談も掲載
  3. 後遺障害とは?等級認定の流れと等級表でみる1級~14級の認定基準
  4. 【保存版】交通事故の慰謝料相場はいくら?必ずわかる計算方法まとめ
  5. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?

カテゴリ一から探す