2017.8.10 更新

交通事故でむちうちに!通院する期間と慰謝料はどう関係する?

交通事故でむちうち症になった場合、通院して治療することになるでしょう。その際、通院期間について考えておくことが大事だと言えます。通院する期間によって、請求できる慰謝料が変わってきます。通院期間が長くなるとその分慰謝料も高額になるのです。ただ、長い期間通院を続けると、加害者の保険会社に治療を打ち切られてしまう可能性もあるので、注意が必要です。通院期間と慰謝料の額はどのような関連性があるのか、治療の打ち切り問題を含めて見ていきます。

交通事故に強い弁護士に無料相談する

交通事故後の治療における通院期間は?

交通事故によってケガを負ってしまった場合、一般的な通院期間の基準が、ある程度定められています。
通院期間が無制限に認められると、被害者が加害者へいくらでも入通院慰謝料を請求できてしまうからです。
交通事故によるケガの場合、むちうち症は3ヶ月が一般的となっています。
打撲であれば1ヶ月、骨折の場合は6ヶ月です。

しかし、交通事故後の治療による通院期間の決定は、さまざまな要素が絡んできます。
ケガの重度により通院期間も変動します。

しかし、ケースバイケースで判断しなければならない場合も多いです。
ある病院へ1年間中通院して治療しても回復できなくて、別の病院へ通院したら回復できることも少なくありません。
場合によってはセカンドオピニオンを介して、入通院慰謝料の算定基準である通院期間が決まることも考えられます。

治療期間中の通院ペースについて

むちうち症治療の通院のペースは、2日に1回が通常です。
しかし、ひどい痛みを感じる場合は、毎日通院する場合もありうるでしょう。
逆に軽度のケガであれば、通院のペースは通常より少なくなることもあります。それから、通院する本人の意思も関係してきます。

交通事故によって負ったケガで、本当に体が痛くて通院している人もいれば、慰謝料増額を狙って、意図的に多く通院する人もいるでしょう。

注意点は、保険会社は、通院回数が多い=症状が重い、と判断するということです。
ですので自分の症状の深刻さを伝えたければを保険会社に「沢山通うほど酷い状況である」という事実の証拠を作る必要があります。
逆に通院回数がすくないとその程度の痛みだということにされてしまい、保険会社に治療を打ち切りにされてしまうことがあります。

弁護士に電話で無料相談

保険会社が通院日数を認めない場合は?

交通事故によるケガの種類や症状から通院日数が不相応の場合、加害者の保険会社の反論もあるでしょう。しかし、被害者側が相応の通院日数を主張しているにも関わらず、加害者の保険会社がそれを認めない場合もあります。

加害者の保険会社も支払う慰謝料をできるだけ抑えたいという考えがあります。また、通院日数が相応か否かは、見方によって見解が変わる場合も少なくありません。本人が加害者の保険会社と示談交渉する場合、不当な提示をされてしまうことも多いです。そのため、交通事故の示談交渉をする場合、弁護士へ相談して、手続きをお願いしたほうがよいでしょう。

弁護士へ交通事故の示談交渉手続きをお願いする場合、その選定基準がいくつかあります。まず、交通事故案件を専門に取り扱っている弁護士を選ぶことです。専門分野に特化している弁護士は、常日頃からその業務を行っています。交通事故専門の弁護士であれば、示談交渉手続き業務の経験も豊富で、確かなノウハウを持っています。

そのため、被害者に有利な条件で話をまとめてくれるでしょう。弁護士費用特約を利用できる弁護士を選ぶのも重要です。交通事故の示談交渉手続きを弁護士へ依頼する場合、相談料や報酬など費用がかかります。本来であればこれらの費用は自分自身で負担しなければなりません。

しかし、弁護士費用特約を利用できれば、保険会社が代わりに負担してくれるのです。そのため、本人自身で示談交渉する場合と経済的な出費は変わりありません。それから、コミュニケーションを取りやすく、説明が明確な弁護士か否かも選定基準の一つです。わからないことがあれば何でも相談できます。どのように手続きが進んでいくのか理解できるので、安心して手続きを任せられるでしょう。

手続きをお願いする弁護士によって、請求できる慰謝料の額も大きく変わります。ですから、じっくり時間をかけて弁護士を選ぶことが大切です。

通院期間と慰謝料の関連性や治療の打ち切りなど、交通事故の示談交渉手続きにはいろいろな要素が絡みます。弁護士へ相談すれば、それらの事項を的確に把握しながら手続き可能です。

むちうちの慰謝料相場は?

むちうち症で通院した場合、請求できる入通院慰謝料の相場は決まっています。ただその相場は一つだけではありません。相場を算定する基準は自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の三つあります。

自賠責基準とは、自動車運転時に強制加入となる自賠責保険から支払われる保険金の相場をあらわしたものです。入通院慰謝料の算定基準の中では、最も低くなります。自動車保険には、自賠責保険の他に任意保険があります。この保険は損害額が、自賠責保険だけでは対応できない場合、その部分をカバーするためのものです。

この自動車保険で支払われる保険金の相場をあらわしたものが保険会社基準になります。この基準は、一般的に自賠責基準よりも高い額が算出されます。しかし、保険会社はその算定基準を通常明らかにしていないので、詳細を知ることができません。弁護士基準とは、裁判所の判例を元に算出されることから裁判所基準とも呼ばれたりします。

三つの基準の中では最も高いのが特徴で、弁護士へ手続きを依頼する場合、この基準を元に示談交渉を行います。 では、交通事故でむちうち症になった場合、具体的にどのくらいの入通院慰謝料を請求できるのでしょうか。

ここからは、その相場を期間ごとに分けて、見ていきましょう。通院期間が1ヶ月の場合で、自賠責基準で算出すると6万3000円から13万円程度になります。自賠責基準の算出は4,200円に通院日数を乗じて計算します。むちうち症の場合、通常2日間に1回通院します。

しかし、重度の場合は毎日通院することも多いです。したがって、4,200に15から31を乗じると、上記のような相場が算出されます。任意保険基準の場合、12万6000円です。毎日通院を条件に自賠責基準で算出した場合と同じくらいになります。

弁護士基準の場合、保険会社基準よりも6万4000円ほど高い19万円です。3ヶ月の場合、自賠責基準で算出すると18万9000円から39万円程度です。保険会社基準の場合、37万8000円となります。弁護士基準の相場は53万円です。通院期間が6ヶ月になると、三つの基準でよりその差が顕著になります。

自賠責基準の場合、37万8000円から75万6000円、保険会社基準の場合、64万3000円、弁護士基準で算出すると89万円です。むちうち症の通院期間は、通常3ヶ月程度が相場とされています。したがって、被害者が加害者に対して請求できる入通院慰謝料の額は、弁護士基準の相場である53万円程度だと言えるでしょう。

むちうちの後遺慰謝料認定について

むちうちは後遺障害の認定を受けにくいとされています。
その原因の一つが他の後遺症として認定を受けている症状に比べて程度の低い症状だからです。
後遺障害認定される場合、後遺障害等級に従って後遺症慰謝料が決まります。
むちうちが一番等級に認定されやすいのが第14級から第12級ですが、全く慰謝料や損害賠償が取れなかった場合と比べると、290万増されます。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-660-087

関連記事一覧

むちうちでリハビリが必要に!示談にはそれなりに時間と手間がかかることがわかった体験談

目次赤信号での追突事故!むちうちはリハビリが必要に相手方の保険会社にイライラ!次は弁護士に依頼したい 赤信号での追突事故!むちうちはリハビリ ...

むちうちで確実に後遺障害の認定を受けるには?

交通事故による被害で最も多い症状である「むちうち」ですが、同じむちうちでもその態様は事故の状況や被害者により異なります。6ヶ月またはそれ以上の期間真面目に治療に通っても後遺症が残ってしまうこともありま...

交通事故でむちうちに……症状固定と慰謝料の関係性とは?

交通事故による慰謝料とは、もちろん精神的苦痛に対する慰謝料もありますが怪我による通院、入院費、治療の諸費用、仕事の休業損害など色々な意味を含んでいます。交通事故による身体的ダメージの中でも代表的なもの...

交通事故とむちうち~慰謝料と後遺障害~

自分に過失が全くない事故によって、むちうち症になったという例はよくあるようです。交通事故でむちうち症になった場合、後遺障害の認定の有無によって慰謝料の金額はかなり違います。 しかし、どんなに症状を訴...

むちうちで医師に後遺障害診断書を書いてもらう際のポイントまとめ

交通事故被害の中でも多いむちうち症。比較的軽度なケガと思われがちですが、必ずしもそうではありません。場合によっては後遺症が残ってしまうこともあるのです。交通事故でむちうち症になり、後遺症が残ってしまっ...

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故の慰謝料の相場を徹底解説|適切な金額を得るためには
  3. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?
  4. 交通事故で弁護士特約を使わないと300万円の損|使い方を徹底解説
  5. 誰でも分かる慰謝料計算機|交通事故の慰謝料の計算方法と内訳を解説

カテゴリ一から探す