2019.12.5 更新

交通事故被害の総合情報ポータルサイト「交通事故にあったらミスターリード」を始めたきっかけ

交通事故にあってしまった人が「いつ」「だれに」「なにを」相談すれば良いか簡単に教えてくれるwebサービス「交通事故にあったらミスターリード」について、ミスターリードにインタビューしてみました!

「交通事故にあったらミスターリード」について、ミスターリードにインタビュー

ミスターリードよろしくお願いします。
よろしくお願いします!
さっそくインタビューにはいりますね。ミスターリードのようなサイトを始めたきっかけはどんなものがあったのですか?
僕は、交通事故の被害者救済に取り組む弁護士の方々からお話を伺い、「どうしたら事故被害者の方々に慰謝料や示談交渉などの正しい情報をお伝えできるか」をずっと考えていました。

今はインターネットで「専門家を見つけること」をカンタンにできる時代となりましたよね。でも、様々な弁護士がいる中で「自分に合った専門家を選ぶこと」はまだまだ大変。事故被害者の方にとっては大きな負担なんです。

その負担を減らしたいという想いから、必要な情報や専門家がすぐわかるWebサービスとして「交通事故にあったらミスターリード」をはじめました。
なるほど。確かに交通事故に遭った場合、慰謝料などの示談交渉、車など破損物の修理通院、リハビリなど、やらなければいけないことがいくつも発生して、それぞれどこに聞けば良いのかわからないです。
悩みに応じて「自分に合った専門家を選ぶこと」を手伝ってくれるのはありがたいですね。ちなみにこのサービスのコンセプトはどんなものでしょうか?
「交通事故にあったらミスターリード」では、
・頼るべき専門家がわかる安心感
・すぐ専門家に相談できる
・どんなアクション(行動)を取ればいいかわかる
・情報がわかりやすい
といったことを大切にしています。

交通事故の後は、ケガの治療をしながら仕事や家事をするだけでとても大変です。その上で慰謝料や法律の難しい話を調べたり、弁護士を探したりするのは大きな負担になってしまいますよね。

でも、この負担は、周りのサポートで軽くできるものだと僕は思っています。
「ミスターリードがあったおかげで手間や負担が減った」
「安心して治療に専念でき、慰謝料もしっかり受け取ることできた」
そう言ってもらえるようになりたいです!
素晴らしいですね!
では「ミスターリードはどんなサービスなのか?」具体的に教えてください。
「交通事故にあったらミスターリード」のWebサイトでは、交通事故に関係するコラムの閲覧、交通事故診断、司法書士、行政書士、税理士や弁護士などの専門家への問い合わせができます。
その中でも、皆さんに知っていただきたいのが「交通事故診断」です。

「交通事故診断」は、ケガの状況など7つの質問に回答すると、僕が状況や病状に合わせて必要な専門家をご提案します。
僕が提案した専門家には、電話やWebフォームですぐに相談が可能。診断は今の状況を答えるだけです。
1〜2分で回答は終わり、とっても手軽!診断は無料、登録も必要ありません。
1〜2分無料診断するだけで良いのは気軽ですね!そのあとすぐに専門家に相談できるんですか?
そうです!気軽に専門家に相談できるのが「交通事故診断」を利用する大きな特長だと思います。
でも、それ以外にも「自分に合った専門家に相談できる」というメリットもあるんですよ。
もう少し詳しくご説明しますね。

実は、「交通事故診断」で僕がご提案している専門家は弁護士だけじゃないんです。司法書士や行政書士、税理士をオススメの専門家としてご提案することもあります。

これは、交通事故被害の悩みは弁護士や保険会社だけに相談すればいいとは限らないから。
事故の規模や解決したい内容によっては、ほかの専門家に相談したほうが良い解決が見込める場合もあるからなんですよね。

もうひとつ、診断結果として僕がご提案する事務所は、あえて数を少なくしています。
たくさんの事務所の中から選ぶのは大変ですし、「弁護士の違いがわからない」という声も多いですからね。

また相談相手を間違えると負担が増え、納得できない条件で示談になる恐れもあります。
提案する専門家は、ミスターリードの認定基準をクリアした事務所なので、信頼できる方ばかり。
だから、「交通事故診断」を利用すれば、「自分に合った専門家に相談できる」のです。
なるほど!提案してくれる専門家の方々は厳選された方々なんですね!具体的にはどんな方々なんですか?
独自の認定基準を設けていて、交通事故被害での実績や事故被害者の方への対応などをチェックし、基準をすべてクリアした専門家は、僕から認定事務所として認定証書をお渡ししています。
基準をクリアした専門家をご提案することで、事故被害者の方々が安心して弁護士に相談できると思っています。基準の内容をご紹介しますね。

<弁護士・司法書士・行政書士・税理士 共通の審査基準>

  • かんたん相談OK
  • 相談無料
  • フリーダイヤルで無料通話
  • プライバシー保護体制
  • 無理な契約・勧誘行為なし

<弁護士のみ、以下の項目も審査します>

  • ・交通事故慰謝料増額実績あり
  • ・複数の保険会社と交渉実績あり
  • ・弁護士費用特約使用OK
  • ・治療中から相談OK
  • ・ご家族の相談OK
  • ・弁護士会所属確認済み
しっかりとした基準があるんですね。特に無理な契約・勧誘行為がないのはとてもうれしいです。
サイトを見ていると「お役立ちリスト」というものがありましたが、これはどんなものですか?
見てくれてありがとうございます!事故被害者の方が「交通事故診断」をするメリットがもうひとつ!それがお役立ちリストです。

交通事故は事故時の状況や被害の大きさなど、ケースバイケースです。そのため多くの情報や知識が必要になります。ただし、事故被害者によって必要な情報は異なります。

自分に必要な情報だけを選んで見るのは面倒ですので、僕が「お役立ちリスト」としてその人に必要な情報をまとめてお伝えしているんです。

お役立ちリストに必要な情報が載っていますので、自分で探す手間が省けますし、必要なときに何度でも見返せるようになっています。
自分の状況にあった情報を自動で選定してくれるんですね!便利!ちなみにどんな相談が一番多いんですか?
「金額が正しいかわからない」「増額交渉をお願いしたい」といった、慰謝料に関するお問い合わせが多いです。
やはり、慰謝料の増額に関するお悩みを抱えている方は多いようですね。

「ケガで会社を休んで収入に困っている」といった示談までの生活費に困った事故被害者の方からの相談で、内払い金などの対応をすることも多いです。

被害者の方のケガで見ると、むちうちや骨折のケガをされた人が多いようですね。僕の役割は、このようなお悩みを抱える方々が専門家の方々に相談するまでの橋渡しをスムーズに行うこと。

事故被害者の方々が信頼できる専門家に出会い、安心や納得のいく解決に貢献したいですね。

関連記事一覧

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故で依頼すると後悔する弁護士3つの特徴|体験談も掲載
  3. 後遺障害とは?等級認定の流れと等級表でみる1級~14級の認定基準
  4. 【保存版】交通事故の慰謝料相場はいくら?必ずわかる計算方法まとめ
  5. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?

カテゴリ一から探す