2018.10.19 更新

交通事故の慰謝料計算|自賠責・任意保険・弁護士基準の金額比較

「自分はどれくらい慰謝料を受け取れるの?」
「保険会社に提示された慰謝料は妥当な金額?」

交通事故の被害者の方が請求できる慰謝料には入通院慰謝料・後遺障害慰謝料・死亡慰謝料の3つの種類があり、それぞれに異なる計算方法が存在します。

3つの慰謝料の中でも受け取るための条件があり「後遺障害慰謝料」は後遺障害の等級認定を受けた方に、「死亡慰謝料」は事故で亡くなられた方の遺族のみが受け取ることができる慰謝料になります。

この記事では、事故で怪我をした全ての方が請求することができる「入通院慰謝料」の適切な金額の出し方について解説するので確実に確認していきましょう。

内容が合わなかった方へ

3つの慰謝料|そもそも交通事故で請求できる慰謝料とは

慰謝料の計算

交通事故にあい、怪我をして通院をしています。保険会社に提示された慰謝料の金額が妥当なのか疑問なんですが、どのように計算されているのでしょうか?
交通事故の慰謝料にはいくつか計算方法がありますが、まず慰謝料自体に3つの種類があることを知っておくとスムーズに理解できます。
慰謝料にも種類があったんですね。

前述の通り、交通事故の慰謝料は「入通院慰謝料」「後遺障害慰謝料」「死亡慰謝料」の3つの種類に分けられます。

3つの慰謝料の違いや請求できる条件について見ていきましょう。

交通事故で請求できる慰謝料の3つの種類
入通院慰謝料
交通事故によって怪我をした方に支払われる慰謝料を指します。自損事故でない人身事故であれば必ず請求することができます。重症や軽症に関わらず、通院期間が長くなるほど入通院慰謝料は高くなります。
後遺障害慰謝料
交通事故による怪我が完治せず、後遺症が残ってしまった場合に「後遺障害の等級認定」を受けた方に対して支払われる慰謝料を指します。
14級から1級までの14等級のうち認定された等級によって慰謝料の金額は変わります。
死亡慰謝料
交通事故により被害者が死亡した場合に、亡くなった被害者と遺族に対して支払われる慰謝料を指します。
亡くなったご本人の年齢や職業などによって金額は変わります。

入通院慰謝料は、怪我で入院・もしくは通院をした全ての方が受け取ることのできる慰謝料です。

もし治療を続けても完治せず、後遺症が残ってしまった場合は入通院慰謝料と後遺障害慰謝料の両方が受け取れます。

そのため、自分の怪我が後遺障害の等級認定に該当するほどのものであるのか意識して通院をすることが大切です。

それでは次に実際の入通院慰謝料の計算方法を見ていきましょう。計算方法も、3つあるので順番に説明していきます。

交通事故の慰謝料の計算方法(自賠責・任意保険・弁護士基準)

慰謝料の種類だけでなく、計算方法にも違いがあるんですね。
計算方法には法律で定められている最低限の補償を算出するものから、過去の裁判例をもとに計算されるものまであります。計算方法によっては金額に2倍の差が出ることもあります。

慰謝料の計算方法には「自賠責基準」「任意保険基準」「弁護士基準(裁判基準)」の3つ基準があります。

後遺障害慰謝料比較一覧

この3つの基準は図のような関係になっており、一番高い基準で算出するためには弁護士に依頼しなければなりません

そしてどの基準を用いるかによって、もらえる慰謝料の金額は大きく変わります。

慰謝料を計算するための3つの基準
自賠責基準
交通事故にあった際に、法令で決められた最低限の補償をしてくれる基準。
事故相手が任意保険に加入していない場合に適用される。
任意保険基準
加入している各自動車保険会社が設定している基準。慰謝料の金額は、自賠責基準よりも少し高くなる。
事故の相手が任意保険に加入している場合に適用される。
弁護士基準(裁判基準)
弁護士が用いる基準で、任意保険基準との金額の差は2倍以上。この弁護士基準で計算した慰謝料が、最も高額になる。
被害者が弁護士に依頼すると適用される。
計算する方法によっても、もらえる慰謝料の金額に差が出てくるんですね…。
そうなんです。次は、今説明した3つの基準ごとに実際に受け取れる「入通院慰謝料」の相場を見ていきましょう。

基準1 自賠責基準による入通院慰謝料の計算式

自賠責保険は被害者の最低限度の救済を目的とするため、自賠責基準は3つの基準のなかで慰謝料の金額が最も低い基準です。

事故の相手が任意保険に加入していない場合はこちらの基準で計算します。

「4200円(1日あたり)×入通院期間」
また、入通院期間については、「総入通院期間」と「実際に入通院をした日数×2」のうち、少ないほうの数字を使って計算します。
実際に通院した日数は、「入院日数」と「病院に足を運んだ治療日数(実際の通院日数)」の合計を指します。

3ヶ月(実質36日間)通院した場合、自賠責基準での慰謝料はいくらになりますか?
36日×2=72日 3ヶ月=90日なので72日の方が少ないですね。
慰謝料の金額は72×4,200=302,400円になります。
自賠責基準は最低額の基準なので、この金額が3ヶ月通院した場合の最低額の慰謝料ということですね。

基準2 任意保険基準による慰謝料計算の表

次に任意保険基準を見ていきましょう。

任意保険基準とは、それぞれの任意保険会社が設定した慰謝料の支払い基準で、弁護士基準(裁判基準)と比べるとかなり低い金額になります。

それぞれの保険会社が決めているの計算式は公開されていないのですが、各会社の慰謝料金額を決めるもとになった任意保険基準の慰謝料表があります。

以下が、任意保険基準での入通院慰謝料を表す算定表です。

任意保険基準による入通院慰謝料表(単位:万円)

任意保険基準による入通院慰謝料表

3ヶ月通院した場合の任意保険基準での慰謝料はいくらになりますか?
上の表で見てみると、慰謝料は378,000円になります。
自賠責基準は302,400円だったので、75,000円程増えるんですね。十分増額できている気がします。
実際は任意保険基準でも、保険会社側から自賠責基準と同じ額にされてしまって増額されていないことがあります。

基準3 弁護士基準(裁判基準)による慰謝料計算の表

最後に、弁護士基準について詳しく見ていきましょう。

弁護士基準(裁判基準)とは、裁判所の考え方や判例などをもとに東京三弁護士会の交通事故処理委員会が公表している慰謝料の支払い基準です。

弁護士が示談交渉をする場合や裁判をする際に使われます。

3つの計算基準のなかで慰謝料が最も高くなる基準で、被害者の方が弁護士に示談交渉を依頼するとこの基準が適用されます。

以下が、弁護士基準での入通院慰謝料の金額を表す算定表です。

通常の怪我の場合の入通院慰謝料表(単位:万円)

通常のケガの場合の入通院慰謝料表

3ヶ月通院した場合の弁護士基準での慰謝料はいくらになりますか?
弁護士基準の上の表で見て見ると、慰謝料は730,000円になります。
任意保険基準は378,000円だったので、差額は352,000円ですね。
弁護士基準を用いると、任意保険基準と比べて最大約2倍も慰謝料の金額が上がります。他のケースでもどれくらい違うのか見てみましょう。
任意保険基準と弁護士基準の差額(円)
任意保険基準 弁護士基準 差額
通院6ヶ月 64.2万 116万 51.8万
入院2ヶ月・通院5ヶ月 95.8万 173万 77.2万
このように、計算する基準によってもらえる慰謝料の金額に大きく差が出ます。
こんなに違うんですね…。
被害者自身が加害者側の保険会社と示談交渉をすると、任意保険基準で計算されてしまい、受け取れる慰謝料の金額は半分になってしまうので注意が必要です。
なるほど。では、最高額の慰謝料を受け取るには、弁護士基準で計算するために弁護士に依頼したほうがいいということですね。

【計算例】骨折してしまった…4ヶ月通院した場合の慰謝料

骨折して通院した場合

ここでは、交通事故で骨折してしまった場合の、損害賠償金の項目や慰謝料について説明します。

骨折で4ヶ月通院した場合の慰謝料の相場

骨折で4ヶ月間通院した場合の慰謝料相場はこちらです。

むちうちで4ヶ月通院した場合の慰謝料
自賠責基準 任意保険基準 弁護士基準
403,200円 478,000円 670,000円

繰り返しになりますが、弁護士基準で計算するのが一番高額な慰謝料を受け取ることができます。

整骨院に通っても慰謝料の金額は変わらない

保険会社の方から「整骨院に通うと慰謝料の金額が減る」と言われることがあると聞いたのですが、本当ですか?
実は、初診の時に整形外科に行き、診断書を書いてもらえばその後の治療を整骨院で受けても慰謝料が減ることはありません

もし、保険会社の方に金額が減ると言われてしまった場合、「そんな決まりはないはずです」と言い切って問題ありません。

また、整骨院に通う場合は忘れないように、保険会社へ事前に転院の連絡をしてください。事前に伝えておけば後々トラブルになることもありません。

保険会社からの慰謝料提示額に納得がいかない場合の対処法

保険会社から提示された慰謝料に納得がいかない場合はどうすればいいですか?
そんなときは、弁護士に示談交渉を依頼するとスムーズにいい結果に導いてくれますよ。

示談交渉をしていると、相手側の保険会社から示談金の提示があります。しかし、このとき提示される金額に納得できないというケースが非常に多いです。

このように保険会社の提示額が妥当ではないと思うときは、弁護士に依頼するといいと言われています。

弁護士に示談交渉を依頼することが最善の手段

弁護士に依頼をすることで、交通事故での問題の多くは簡単に解決できる可能性が高いです。内容は以下の通りです。

弁護士に相談するメリット
・慰謝料や損害賠償額を増額することができる
・過失割合を適正に割り当ててくれる
・後遺障害等級認定が受けやすくなる
・示談交渉を全て任せるので、精神的なストレスがない
・時効などの法律的な問題で不利益を受けない

過失割合も適正に割り当ててくれたり、後遺障害等級認定が受けやすくなるので、被害者にとって有利になることが多いです。

さらに、保険会社とのやり取りは弁護士に任せられるので、精神的負担からも解放され、安心して示談交渉を進めることができます。

法的知識のない被害者が自分で交渉をすると、どうしても立場が不利になりがちです。

しかし、法律のプロである弁護士に依頼すれば、対等以上の立場で相手側の保険会社と渡り合うことが可能になります。

弁護士に依頼すると全て任せられるから、精神的な負担も軽くなってありがたいですね。

交通事故に強い弁護士に相談するには?損しない弁護士の選び方

慰謝料がどんな計算をされているのか知らなかったのでわかってよかったです。損せずに適正な金額を受け取りたいから、弁護士に依頼してみようかな。
慰謝料の計算結果に少しでも疑問を感じたり、慰謝料をきちんともらいたい方は交通事故に強い弁護士への依頼をおすすめします。被害者に寄り添って力になってくれる弁護士を探しましょう。

自力での示談交渉に不安を感じたら、交通事故に強い弁護士に依頼をすることが大切です。

弁護士にも得意分野があるので、インターネットで探す場合も「交通事故専門」や「交通事故を得意としている」弁護士事務所を選びましょう

交通事故に強い弁護士を探すポイント

  • 交通事故事件の実績が多い事務所である
  • 交通事故関連の記事が多い事務所である
  • 全国対応である

当サイトでご紹介している弁護士法人ステラでは電話・メールでの無料相談を実施しています。

相談は24時間365日いつでも行っているので、地方にお住まいの方もご利用いただけます。

また、着手金0円で報酬金も後払いで示談金から支払うことができるので弁護士費用の心配もいりません。

実際に慰謝料の計算をしてみて不安を感じた方は、一度相談してみることをおすすめします。

  • 慰謝料の相場は適応される基準によって違う
  • 保険会社が提示する慰謝料は非常に少ない額
  • 最高額の慰謝料を受け取れるのは弁護士基準
  • 少しでも疑問があるなら弁護士に無料相談するべき
この記事でわかること

交通事故で弁護士特約を使わないと損する理由とは

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-789-094

関連記事一覧

交通事故の死亡慰謝料相場|相続や慰謝料計算方法を紹介【ご家族用】

むちうちの慰謝料相場は?交通事故の慰謝料が2倍になる正しい通院法

妊婦の交通事故|胎児のむちうちや死亡でも慰謝料は請求できるの?

目次事故による母体と胎児への影響妊婦の交通事故相談窓口弁護士に依頼するメリットとは?胎児への事故影響と慰謝料妊娠中での示談交渉交通事故による ...

交通事故の慰謝料|弁護士基準で計算したらどのくらい増額できる?

交通事故の休業損害の計算方法は?主婦・自営業者はもらえるの?

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故で依頼すると後悔する弁護士3つの特徴|体験談も掲載
  3. 後遺障害とは?等級認定の流れと等級表でみる1級~14級の認定基準
  4. 【保存版】交通事故の慰謝料相場はいくら?必ずわかる計算方法まとめ
  5. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?

カテゴリ一から探す