2019.11.15 更新

後遺障害診断書|正しい書き方例と等級認定に外せないポイント5つ

「後遺障害診断書の正しい書き方が知りたい」
「診断書は誰に作成してもらうのがベスト?」

交通事故でケガをし、後遺症が残る場合は後遺障害認定の申請を行い、等級認定される必要があります。等級認定されれば症状に応じた補償を受けることができます。

その認定でもっとも重要なのが後遺障害診断書です。診断書の書き方1つが認定を左右するものなので、正しい知識が必要になります。

この記事では、正しい後遺障害診断書の書き方や後遺障害等級認定を受けるために確認すべきことなどを紹介しております

納得できる結果を得るためにも、弁護士など専門家の力を借りて後遺障害等級の申請をし適切な等級認定を受けられるようにしましょう。

  • 後遺障害診断書を作成するもっとも良いタイミング
  • 後遺障害診断書の正しい書き方や記入例
  • 後遺障害診断書は誰に作成依頼をすればいいか
  • 後遺障害認定が認められなかった場合の対応方法
  • 後遺障害認定を受けるためにアドバイスをもらう方法
この記事でわかること

後遺障害診断書ですべて決まる|必ず弁護士チェックを通しましょう

後遺障害診断書に記載している内容で等級認定されるかどうか決まるので、専門家にアドバイスをもらいながら作成することをおすすめ致します。

交通事故で後遺症が残った場合は、後遺障害等級認定を申請して認定されれば「後遺障害慰謝料」と「逸失利益」を含めた損害賠償金を請求することができます
後遺障害等級認定が認定されるかどうかで、その損害賠償額が大きく変わります。認定されれば後遺障害慰謝料と逸失利益を含めた損害賠償請求ができるのです。

この後遺障害診断書に記載している内容次第で、どの等級に認定されるかどうかがほぼ決まってしまいます。提出する後遺障害診断書に不備がないか・不適切な表現や記載がないかなどを交通事故案件に強い弁護士にアドバイスをもらいながら進めていくことをおすすめ致します。

残ってしまった後遺症とは今後一生付き合わなければいけないものなので、その症状分の補償をしっかり受け取れるように慎重に後遺障害診断書作成を進めましょう。

後遺障害診断書ですべて決まる

書き直しはできない場合も|後遺障害診断書の修正に注意

後遺障害診断書を作成し終えたものに関して、内容の訂正や追加などの書き直しは医師から断られる可能性があります。修正が発生しないように、内容を医師と確認しながら作成を進めることをおすすめ致します。

後遺障害診断書を作成するもっとも良いタイミング

交通事故でのケガで後遺症が残ってしまい、後遺障害等級認定を申請しようと思うのですが、後遺障害診断書はいつ作成してもらえばよいでしょうか?
後遺障害診断書は、症状固定になった後に作成してもらうのが正しいタイミングです。以下で詳しく説明致しますね。

後遺障害診断書の作成は、ケガの治療を続けても完治せず後遺症が残ってしまった場合、「後遺障害等級認定」を受ける際に現在どのような症状が残っているかを証明するために行います。

作成するタイミングは、「症状固定」と医師に判断された後になります。症状固定のタイミングは医師と相談しながら決めますが、最終的には医師が判断して決まります。

症状固定とは
これ以上治療を続けても回復見込みがないと医師が判断した状態のこと

仮に任意保険会社などから症状固定の話が出たり、治療の打ち切りをせかされたりする際は医師に相談してください。

保険会社側から症状固定のタイミングをせかされてプレッシャーに感じてしまう方もいます。症状固定のタイミングは、自分自身でも納得できるタイミングにするべく、医師と相談しながら決めましょう。

後遺障害診断書は病院の医師のみが作成できる・転院も可能

後遺障害診断書の作成は医師のみが可能

後遺障害診断書は医師しか作成することができません

ただ、後遺障害診断書の作成経験がない医師もたくさんいます。中にはずっと治療を担当してくれていたのに後遺障害診断書の作成を依頼したら嫌がり、作成してくれないケースも珍しくはありません。それだけ後遺障害診断書の作成は非常に重要で特殊なものなのです。

後遺障害診断書を作成してもらうための転院は可能です

私の担当医師から、後遺障害診断書の作成経験がないことを理由に作成を拒否されてしまいました。断られることもあるんですね…。後遺障害診断書を作成してもらうために別の病院へ通うことは可能でしょうか?

後遺障害診断書を作成したことのある医師は、とても限られています。後遺障害診断書を正しく記載するために、別の病院へ転院し経験のある医師に後遺障害診断書の作成を依頼することは可能です

しかし、後遺障害認定されるためには症状が出始めてからの「一貫性」が非常に重要となります。他覚症状・自覚症状ともに治療中から変わらないことを証明する必要があります。

別の病院の医師に作成してもらうことに問題はありませんが、交通事故が原因での後遺症という「因果関係」を証明する必要があるので、作成してもらう際には十分に注意しましょう。

整骨院では診断書の作成ができない

整骨院で施術を受けている方も多くいらっしゃいますが、整骨院では後遺障害診断書の作成はできません。後遺障害診断書を作成するためには「医師のいる病院」で作成してもらう必要があります。

整骨院では後遺障害診断書を作成することができません。それには理由があり、整骨院で施術を行うのは医師ではなく「柔道整復師」という資格者だからです。前述のように、後遺障害診断書は医師しか作成することが認められていないため、作成してもらう際は整形外科など「医師」がいる病院へ行きましょう。

後遺障害診断書の作成にかかる費用と期間は?

ちなみに後遺障害診断書を作成する際に、費用ってかかりますか?
後遺障害診断書の作成料が発生致します。病院によって金額は設定されていますが、だいたい5,000~10,000円です。これは被害者側の負担になる場合もあります。

後遺障害診断書を作成するには作成費用がかかります。料金は病院や医師によって異なりますが、1通につき5,000~10,000円程度の場合が多いです。治療費とは別に、後遺障害診断書の作成費がかかります。

作成するのにかかった費用は、後遺症が認定された場合は加害者側に請求することができますが、もし仮に認定を受けられなかった場合は被害者負担になってしまう可能性がありますので注意してください。

後遺障害診断書の作成にかかる期間は約1~2週間

後遺障害診断書の用紙を担当医師に渡してから、実際に作成してもらい完成するまでは約1~2週間といわれています。

もちろん病院や医師によってもかかる時間は異なりますが、医師に後遺障害診断書の用紙を渡したその日に、後遺障害診断書に記載する必要がある細かい検査などを行う場合が多いです。
その検査結果の数値をもとに、医師が後遺障害診断書を作成致します。

当日中に後遺障害診断書を受け取れることはほぼなく、約1~2週間後に郵送または直接手渡しで受け取るパターンが多いです。医師によっては遅くなる可能性もあるので、あまりにも時間がかかりすぎて気になる場合は、進み具合を随時確認致しましょう。

後遺障害等級認定の手続き・申請方法

後遺障害診断書を作成し終わり申請する際、後遺障害等級認定への申請方法には2パターンあります。

・保険会社まかせの「事前認定」
・ご自身、もしくは弁護士に手続きしてもらう「被害者請求」です。

後遺障害等級認定の申請方法、等級認定手続きや流れ・認定期間・認定基準などについては、交通事故の後遺障害|等級認定の流れと正しく受けるための方法でさらに詳しく説明しております。

後遺障害等級認定を受けるためにここだけは外せない5つのポイント

後遺障害の等級を受けるためには大きく5つの注意点があります。5つとも全て重要なので1つずつていねいに説明していきますね。

(1)自覚症状を自分で別紙で用意して医師に渡す
(2)治療中から一貫性・連続性がある症状を医師に伝える
(3)必ず後遺障害診断書の作成経験がある医師に依頼する
(4)診断書の記載内容に不備がないか確認する
(5)申請する前に弁護士など専門家に目を通してもらう

ポイント(1)自覚症状を自分で別紙で用意して医師に渡す

後遺障害診断書とは別に、自分自身で自覚症状を記載した書類を用意することをおすすめ致します。いわゆる意見書です。後遺障害診断書の自覚症状を記載する欄には収まらないほどの症状がある場合は、別紙で準備してください。
申請する際に、診断書と自覚症状を記載した用紙を一緒に送ることができます。

検査だけではわかりづらい自覚症状は、ご自身で書き記した方がよいです。

別紙といってもA4の用紙に箇条書きで自覚症状を記載するだけで問題ありません。この自覚症状の書類があるのとないのとで、同じ症状の方でも認定される等級が異なる可能性があるので必ず用意してください。

ポイント(2)治療中から一貫性・連続性がある症状を医師に伝える

残っている症状に一貫性があるかどうかは重要です。治療期間中どんな症状が出たのか、きちんと医学的に一貫性をもっているものなのかが重視されます。
特に自覚症状は他人からは見えないので、一貫した症状でなければ後遺障害認定が認められない場合もあります。

医師に伝えていない症状を後遺障害診断書に記載することはできないので、治療の段階から全ての症状を伝えましょう。

ポイント(3)必ず後遺障害診断書の作成経験がある医師に依頼する

後遺障害診断書は医師に作成してもらうものですが、医師であれば誰でも作成できるというわけではありません。後遺障害診断書の作成経験のある医師は意外と少ないですし、担当医だとしても後遺障害診断書の作成経験がない場合、作成自体を断る医師も少なくありません。

後遺障害診断書の内容は、後遺障害等級認定に非常に大きく関わる部分ですので必ず作成経験のある医師に依頼しましょう。

ポイント(4)診断書の記載内容に不備がないか確認する

後遺障害診断書を医師に作成してもらった後、必ずご自身でも内容を確認してください。どういった数値や検査結果が記載されているのか、知らないまま申請することは避けましょう。

特に症状固定日や入院・通院開始日などは等級認定に大きく関わってくるところですので、誤りがないかどうか確認致しましょう

また、必ずコピーをとり保管しておくことをおすすめ致します。
原本を申請すると、もう手元には戻ってこないので内容を確認できません。何か起きたときのためにもコピーは必須です。

ポイント(5)申請する前に弁護士など専門家に目を通してもらう

意外と知られていない、非常に重要なポイントです。後遺障害診断書の作成が完成し申請する前に、交通事故問題に強い弁護士などの専門家に目を通してもらい、認定のためのアドバイスを受けましょう。

交通事故問題に強い弁護士は後遺障害認定についての知見もあります。どういった記載の仕方が認定されやすくなるのかポイントを確認し、もし修正が必要でしたら再度医師に作成してもらいましょう。

上記の5つのポイントは、どれも後遺障害等級認定を受けるために非常に重要なものです。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-734-020

後遺障害診断書の書き方|等級認定される記入例を紹介

担当医師に後遺障害診断書を作成してもらおうと思いますが、書き方で注意すべきポイントなどはあるでしょうか?
後遺障害診断書は自分自身で作成することはないですが、どういう内容が記載されているかは理解している必要があります。認定において特に重視される部分について見ていきましょう。

後遺障害診断書の見本|注意すべき診断書の2つの項目

後遺障害診断書のひな形と記入例

後遺障害診断書には作成後に当事者が必ず確認すべき2つの項目があります。

【後遺障害診断書の重要項目】

  • 他覚症状および検査結果 精神・神経の障害
  • 障害内容の増悪・緩解の見通し

診断書の記入のポイントを踏まえて、不備があった場合医師にしっかりと自分から訂正などの依頼をできるようにすることが大切です。

2つの項目について以下で1つずつ詳しく確認していきましょう。

「他覚症状および検査結果 精神・神経の障害」

後遺障害診断書の他覚症状および検査結果
1つ目が「他覚症状および検査結果 精神・神経の障害」です。

この項目の記載について注意したいのは、症状を漏れなく記載しているかどうかです。

頸椎(けいつい)捻挫や頸部痛などの症状に加えて、睡眠の問題があるのであればしっかりと睡眠の問題も記載すべき事柄ですし、腰痛や頭痛などの症状が出ているのであればそれらも漏れなく記載してもらう必要があります。

また書き方にも注意が必要で、正確かつ障害がはっきりとわかるように書く必要があります。頸部にしびれがある場合には以下のような書き方に注意してみましょう。

認定される書き方:頸部しびれ感あり
認定が下りない書き方:頸部に違和感あり

ちょっとした書き方の差ですがこのような点に注意が必要です。

「障害内容の増悪・緩解の見通し」

後遺障害診断書の障害内容の増悪・緩解の見通し

2つ目は「障害内容の増悪・緩解の見通し」です。

障害内容の見通しが悪い場合にはしっかりとその旨の記載をしてもらう必要があり、この欄の内容がしっかりと記載されていないと認定を受けられない場合もあります。

適切な後遺障害の認定を得るためにはやはり書類全般にしっかりと目を通し、内容に不備があれば医師に相談して記載を追加してもらったり、適切な内容に改めてもらうことが非常に重要です。

しっかりと内容まで確認してから診断書を取得するようにしましょう。

自覚症状を裏付けるための4つの検査方法について

自覚症状は、他人から見えない分「後遺障害」に該当する症状なのかどうかの裏付けは非常に難しいです。自覚症状を医学的に裏付けるためには、いくつかの検査を行いその数値で判断する方法があります。ここでは代表的な4つの検査方法について見ていきましょう。

検査(1)ジャクソンテスト

ジャクソンテスト

受検者は椅子などに座った状態で、医師が後ろにまわります。医師が受検者の頭部を後方に曲げながら圧迫します。

これによって、神経根の支配領域に痛みやしびれが広がった場合に陽性(反応があった)となります。

検査(2)スパーリングテスト

スパーリングテスト

ジャクソンテスト同様に、座った状態で医師が後ろにまわります。

医師が後ろから頭をつかみ、痛みやしびれが出ている方に傾けつつ、後方に曲げ圧迫します。

この方法も、その神経根の支配領域に痛みやしびれが出れば陽性(反応があった)となります。

検査(3)深部腱(けん)反射テスト

深部腱反射テスト

打腱器(ゴム製のハンマー)で腱をたたき、その反応を見るテストです。

運動系の障害や末梢(まっしょう)神経の障害の有無の判断に有用なテストです。「反射の亢進(こうしん)」と「反射の低下」があります。

後遺障害の認定において腱反射は受検者が意図的に反応できるものではないため他覚的な所見としては重要です。

          

検査(4)筋萎縮テスト

筋萎縮テスト

筋萎縮テストは腕や脚の太さをメジャーで計る検査です。

「むちうち」などにより手に症状が残っている場合、他の筋肉が無意識のうちにそれをかばっています。

そのため、かばわれた筋肉は動きが少なくなり萎縮(縮み)し始め、症状のない方の手は反対側の手と比べると、細くなっていきます。

腕の場合、肘の関節の上下10cmの場所の計測を行い、判断します。

この検査も、受検者の精神状態や主観に左右されないため有効な他覚的所見となりますが、症状の度合いによって筋の萎縮まで生じているかどうかは、受検者によって異なります。

診断書の自覚症状の項目が不十分だったり、自分の症状が正しく伝わっていないと感じた場合には医師に検査の実施について依頼をするのがよいでしょう。

書式は自賠責と労災で異なる

後遺障害診断書の書式は自賠責保険と労災保険で異なります。

労災保険の後遺障害診断書の方が自賠責保険のものより内容が簡素なものになっているので、基本的に自賠責保険の項目で作成を意識していくのがよいでしょう。

後遺障害診断書の原本は保険会社から渡されることもありますが、所定の様式であれば被害者自身が印刷をしてをそれを使用することもできます。

医師が後遺障害診断書を書いてくれない…理由と対処法

後遺障害診断書の作成を医師に依頼するとまれに作成を断られる場合があります。

医師が診断書を書いてくれないのには理由があります。その3つの理由と対策について以下で詳しく確認していきましょう。

医師が診断書を作成してくれない理由と対処法

医師が後遺障害診断書を書いてくれない理由としては以下の3つが挙げられます。

  • 交通事故問題の面倒に巻き込まれたくない
  • 後遺障害診断書は書かないという病院の方針
  • 後遺障害診断書の書き方に詳しくない
後遺障害診断書の作成を断られてしまった場合はどうすればいいのでしょうか?

後遺障害診断書の作成をしてもらうための対処法

担当医師に後遺障害診断書の作成を断られてしまった場合、まず同じ病院の別の先生に作成してもらえるかどうかを確認致しましょう。それでも難しい場合は紹介状を作成してもらい転院し、転院先の先生に作成してもらうことも可能です。

後遺障害診断書を提出したけど認定が下りない!低い等級になったら?

後遺障害診断書を申請したが、認定が下りなかった場合・または想定していた等級よりも低い等級に認定された場合、納得がいかない場合は「異議申し立て(異議申立)」を裁判を起こさずに行うことができます。
もう一度後遺障害診断書を作成し、申請することができるのです。

後遺障害の異議申し立てについて詳しく知りたい方はこちら

【まとめ】適正な等級認定を受けるためには弁護士に依頼

後遺障害等級認定を弁護士に依頼した方がいい理由を改めて一緒に見ていきましょう。

後遺障害等級認定を受けるために弁護士ができること

  • 後遺障害診断書の作成に対するアドバイス
  • 後遺障害診断書作成を依頼する医師の紹介
  • 後遺障害等級認定される傾向の共有
  • 保険会社よりも後遺障害慰謝料・逸失利益を多く請求

交通事故案件をふだんから扱っている弁護士は、後遺障害等級認定に対するノウハウがたくさんあります。
1人で悩まず、専門知識がある弁護士に、後遺障害認定手続きや示談交渉を依頼することをおすすめいたします。
早いうちから専門家の力を頼って、納得のいく結果を得ましょう。

弁護士というと敷居が高い印象があるかもしれないですが、無料相談を受け付けている弁護士事務所もあるので相談してみましょう。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-734-020

関連記事一覧

後遺障害14級が認定されず納得いかない。症状と慰謝料相場を解説

交通事故の後遺障害認定と慰謝料増額のために必須な4つのポイント

交通事故の後遺障害はどうすれば認定されるんだろう どうしたら慰謝料を増額できるんだろう ...

むちうちで確実に後遺障害の認定を受けるには?

交通事故による被害で最も多い症状である「むちうち」ですが、同じむちうちでもその態様は事故の状況や被害者により異なります。6ヶ月またはそれ以上の期間真面目に治療に通っても後遺症が残ってしまうこともありま...

交通事故で親族が植物人間になった時、対応・補償はどうすれば?

「交通事故で親族が植物人間となってしまい後見人となったが、何をすればいいのかわか...

後遺障害認定の異議申し立て|因果関係を証明する書類の書き方のコツ

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故で依頼すると後悔する弁護士3つの特徴|体験談も掲載
  3. 後遺障害とは?等級認定の流れと等級表でみる1級~14級の認定基準
  4. 【保存版】交通事故の慰謝料相場はいくら?必ずわかる計算方法まとめ
  5. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?

カテゴリ一から探す