2017.7.26 更新

交通事故に遭い、示談が成立しないなら裁判で解決

示談交渉を行ったものの、話がまとまらないときには、裁判を起こして解決を図ることになります。
しかし、裁判となると敗訴の判決を受ける可能性もある、判決を受けるまでに時間がかかるため、精神的・肉体的にも疲れるなどのデメリットも……。
そのため、手続きの途中で裁判所から和解勧告が行われることもあります。
そこで今回は、交通事故に遭った当事者裁判へと進んだ場合について、専門家に聞いてみました。

交通事故に強い弁護士に無料相談する

示談交渉がまとまらない場合は裁判で解決

交通事故に遭った当事者間で示談交渉を行ったものの、話がまとまらないときには裁判で解決を図ることとなります。

その場合、手続きの途中で裁判所から和解勧告が行われることがあります。交通事故では、できる限り和解によって解決をしたほうが当事者双方にとってメリットがあることが多いと言えます。裁判で判決を受ける場合、確かに勝訴となる可能性もありますが、敗訴となる可能性もあるからです。

損害賠償の請求をした当事者が敗訴となった場合、思ったほどの賠償金を受けられない可能性があることに加えて、保険会社側にとっても、予想以上の多額の賠償金や遅延損害金を支払わなければならなくなるリスクがあります。

また、判決を受けるまでにかなり長い時間がかかります。損害賠償を受けられるとしても相当先になってしまうことが多く、裁判そのものに精神的・肉体的に疲れてしまう場合もよくあります。

○敗訴になる可能性がある
○判決までに時間がかかる
○精神的・肉体的に疲れる

しかし、和解をするとすぐに賠償金を受け取ることができ、保険会社にとっても事件が一件減るというメリットがあります。このように、手間や時間を短縮する意味でもメリットがあるので、裁判所は和解をすすめるわけです。

裁判となった場合、請求をする当事者が保険会社に対して訴訟を起こして損害賠償の請求する形になります。訴訟手続きのなかで裁判所が事実認定をして、それぞれの損害の費目について当てはめ、計算をすることによって、最終的に裁判所が慰謝料の金額を決定します。このときに後遺障害についても争いがあれば、裁判所が等級認定をすることになります。

判決になると、裁判所がすべてを決定してしまうことになるものの、普通は裁判手続き中に裁判所から和解勧告がある場合が多いと言えます。和解勧告を受けて当事者双方が納得すれば、「裁判上の和解」によって解決することになります。この裁判上の和解には、判決と同じ効力があるのです。

弁護士に電話で無料相談

裁判になった場合、弁護士費用はいくらかかる?

事故示談から裁判まで進むとなると、弁護士の力を借りることは必須と言えるでしょう。それでは、弁護士に依頼をした場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

弁護士に依頼をするとなると、次のような費用がかかります。

相談料 交通事故案件の相談料は30分5,000円(税別)
着手金 正式に依頼すると決まったときに支払う費用
A:示談交渉で損害賠償金が取れると見込まれる場合:10万円程度
B:訴訟に持ち込む場合:10万円~30万円程度
報酬金(成功報酬) 示談または裁判終了後に相手側から回収できた金額の10%~16%程度

一般に、示談交渉の場合には着手金が10万円くらい、訴訟を起こす場合でも着手金は10万円~30万円くらいの範囲で依頼をすることが可能です。

報酬金は相手側から回収できた金額によって大きく異なることになります。例えば、20万円の示談金が受け取れる場合なら報酬金は2万円、1,000万円の示談金が受け取れる場合には報酬金は100万円になります(※10%のとき)。

また、小さな事件のために回収できる金額が少ないという場合には、着手金と報酬金を取らず、時給5,000円などといった時給制を採用することもあります。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-660-087

関連記事一覧

年間4万円もお得に?損保ジャパンの交通事故保険料を安くする方法

目次事故内容で異なる保険料や等級の変化1等級ダウン事故とは?ノーカウント事故とは?事故有係数適用期間とは?等級に対する割引率について変化する ...

交通事故で示談しないとどうなる?被害者が損しないただ1つの選択肢

示談条件も相手保険会社の態度も不満で示談したくないが示談しないとどうなるのか・・...

損保ジャパンの事故対応は実際どうなの?|口コミや仕組みを元に調査

目次対応は真摯なのか?過失割合はどう判断してる?治療期間において後遺障害の等級認定について示談交渉はスムーズ?損害賠償額は納得できる?実際の ...

うざい保険屋の対処法|交通事故の示談を気持ちよく進めたい

目次保険屋に対する心構え保険屋の対応で注意することとは?威圧的な保険屋への対処法記録に残す方法と実際の効果苦情や改善の申し入れ方法示談交渉前 ...

三井ダイレクト損保の事故対応は良い?悪い?口コミを元に徹底調査

目次修理費の支払いは迅速か?事故直後からの被害者側への対応話がこじれるのはよくあること?示談交渉時の話し合い示談金はどれぐらい?示談交渉が全 ...

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故の慰謝料の相場を徹底解説|適切な金額を得るためには
  3. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?
  4. 交通事故で弁護士特約を使わないと300万円の損|使い方を徹底解説
  5. 誰でもわかる慰謝料計算機|交通事故の慰謝料を計算機でラクラク計算

カテゴリ一から探す