2019.1.16 更新

交通事故の被害者になったけど、すぐに弁護士に相談して助かった話

不幸にも交通事故に遭ってしまった場合は、示談における示談金の金額も大事ですが、やはりトラブルなくスピーディーに示談を終えて元の生活に戻りたいという心理が強いもの。今回は、弁護士に早い段階で相談したことで納得感を得ながら示談を終えられた方の体験談を紹介します。

交通事故示談体験者のプロフィール

事故形態 車対自転車
負傷内容 挫傷(脛)
示談金 ¥600,000
保険会社の対応満足度 ★★★★★
過失割合 9:1
示談締結までの期間 6か月
症状固定までの通院期間 2か月
弁護士への相談 した

双方に過失があった自転車対車の事故

仕事の帰りに、自転車で家に向かっていた時のことです。信号が黄色だったので、そのまま真っ直ぐ進みました。ところが、一台の自動車がスピードをゆるめないまま左折しました。危ない、と思った時には、自家用車がぶつかって自転車ごと倒れました。

右足の脛に激しい痛みを感じましたので、起き上がりたくても不可能でした。そのうち救急車のサイレンが聞こえて乗せられました。

病院で手当を受けた後に、警察の方が来ました。症状について、右足の脛に挫傷を発症したことを医師が説明しました。痛みはひどかったのですが、骨折はしていませんでした。けれど、筋肉の損傷が激しいので、完治するまで松葉杖の生活を送ることが決まりました。

自宅に戻ってから、弁護士と保険会社の担当者が来ました。明らかに自動車の方が悪いので、かなり有利に示談を進めることができると説明されました。けれど、黄色の信号に直進したことだけはマイナス要素になると言われました。

すぐに弁護士に相談し示談交渉へ。保険会社との連携で納得のいく示談結果に

弁護士事務所に相談すべきだと思いましたので、すぐに連絡をして示談交渉に加わってもらいました。
なぜなら、全面的に味方になってもらえる上に、法律や保険について詳しいと思ったからです。また、事務所のプロフィールを閲覧したところ、交通事故の実績が豊富な弁護士でしたので、安心して依頼することができました。

交渉の代行を依頼して良かったと思ったのは、自分はもちろん家族が動揺していたのに、弁護士は冷静になって対処してくれた点です。おかげで、保険会社の担当者と協力しながら、納得できる示談を進めることができました。

金額の面で納得できましたし、短期間で示談がまとまったことも大きなメリットです。さらに、保険会社に提出する書類を作成してもらえたことも助かりました。専門的な用語に慣れていないために、とても戸惑ったからです。けれど、代理で弁護士に書いてもらえたおかげで、書類を作成する負担を減らすことができました。しかも、完璧な書類に仕上げてもらえますから、本当に有り難いと思いました。

唯一、弁護士に依頼して悪かったと感じた点は、費用の面で親に負担をかけたのではないかと不安になったことです。弁護士に示談を依頼するのは初めてでしたから、どのくらい費用がかかるのか分かりませんでした。
自分は貯金があまりなかったために、弁護士に支払う費用は親に出してもらいました。とても申し訳なく感じました。

関連記事一覧

信号無視の事故なのに、自分の過失が3も!納得がいかないので弁護士に相談して事故示談

目次信号無視の事故なのに自分にも過失があるという結果に弁護士に相談した結果、交渉もしてくれることに 信号無視の事故なのに自分にも過失があると ...

【交通事故】示談金では修理代なしに不満、保険会社と戦いました

「保険会社の対応に納得できない」 交通事故の示談では、乗っ...

【相手の一時停止無視で事故】過失割合に納得できなかった私の体験談

相手が一時停止を無視して事故を起こしたのに、保険会社が提示する過失割合が納得いか...

交通事故の体験談|示談を早く終えられたので弁護士に依頼して良かったです

交通事故の体験談|雪道での接触事故。弁護士を入れて過失割合を5対5から7対3に

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故で依頼すると後悔する弁護士3つの特徴|体験談も掲載
  3. 後遺障害とは?等級認定の流れと等級表でみる1級~14級の認定基準
  4. 【保存版】交通事故の慰謝料相場はいくら?必ずわかる計算方法まとめ
  5. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?

カテゴリ一から探す