2017.7.29 更新

【パターン別】示談交渉を行うときの注意点をまとめてみた

交通事故に遭った場合、当事者の間で示談交渉を行います。
示談交渉では、(1)自分で交渉を行う(2)保険会社の担当者に示談交渉を任せる(3)弁護士に示談交渉を依頼するという、3つのパターンに分けられます。
そこで今回は、それぞれのパターンで示談交渉を行う際の注意点について、専門家に聞いてみました。

交通事故に強い弁護士に無料相談する

当事者が示談交渉を行うときの注意点

交通事故に遭った場合、当事者間(被害者と加害者の間)で示談交渉を行うことになります。この点、(任意の)自動車保険に加入していれば、保険会社の担当者が示談交渉を行うのですが、そうでない場合、基本的に当事者自身が行うことになります。

それでは、交通事故の当事者自身が示談交渉を進めていくためには、どのような点に注意すべきでしょうか。

トラブルを起こさないためには、まずは相手に対して不誠実な態度を見せないことです。例えば、加害者となった場合には、示談交渉を保険会社の担当者が行うとしても、被害者に対してお見舞いを持って謝罪に行くといったことをすべきでしょう。

相手に対して悪い印象を与えて、お互いに反発する感情が高まると、それだけで示談が成立しにくくなるからです。

また、示談交渉において無茶・無理な主張をしないこともトラブルを起こさないための一つの方法です。

交通事故の示談交渉では、明らかに反するような主張をしても通りません。後遺障害が全くないのに、あると主張しても通らないのも同じことです。このような無茶・無理な主張をしても、示談交渉が長引くだけで何のメリットもありません。

さらに、相手の態度に腹が立ったとしても、直接相手に連絡して文句を言う、脅すこともしてはいけません。「そんなの当たり前」と思う人も多いかも知れませんが、実は、このような当然のルールが守れず、トラブルが発生することもあるので注意しましょう。

・相手に対して不誠実な態度を見せない
・無茶・無理な主張をしない
・直接相手に連絡して文句を言うことや、脅すことはしない

保険会社の担当者に示談交渉を任せる際の注意点

当事者が(任意の)自動車保険に加入していれば、保険会社の担当者が示談交渉を行います。

この保険会社の示談交渉サービスを利用するメリットとして、自分で面倒な交渉をする必要がないことが挙げられます。

自分の交通事故で自分が示談交渉すると、どうしても感情的になってしまいがちで、上手く進みません。また、示談交渉に関する知識や、法律の知識などがないという点からも、当事者自身が示談交渉を進めることは難しいでしょう。

また、普段の生活や仕事があるなか、示談交渉に時間を割かれることは負担になります。しかし、保険会社の担当者に示談交渉してもらえば、そういったこともなく、精神的なストレスも少なくて済みます。

ただし、保険会社の担当者に示談交渉を任せると、交渉の内容や経過について報告を受けるだけなので、具体的にどのような形で進行しているのかを、自分の目で確かめることができません。その意味では、不安を抱えてしまう、ストレスを感じるといったケースがあると言えるかもしれません。

・どのように示談交渉が進行しているのかを、自分の目で確かめることができない
弁護士に電話で無料相談

弁護士に示談交渉を依頼する際の注意点

前述のとおり、(任意の)自動車保険に加入していれば、保険会社の担当者が示談交渉を行うのですが、そうでない場合には当事者自身が行うことになります。

しかし、この場合にも同様に示談交渉に関する知識や、法律の知識などがないなどの問題があり、示談交渉をスムーズに進めることは難しいと言えます。普段の生活や仕事があるなか、示談交渉に時間を割かれるのが負担になる点も同様です。そこで、弁護士に示談交渉の依頼をすることになります。

この点、損害賠償の金額が数万円程度という小さな事故の場合には、そもそも弁護士を立てる費用のほうが高くついてしまいます。そのため、小さな事故の場合、ほとんどのケースで当事者自身で示談交渉を行っています。

ただし、損害賠償の金額が数千万円といった大規模な事故になると、法律的な争点も増えて、弁護士の力を借りる必要が高くなります。また、こういう事故では賠償金額が大きいため、十分弁護士費用を支払うことが可能です。

その意味でも、大きな交通事故に遭い、交通事故の示談交渉をすることになったときは、弁護士に依頼をしたほうがいいでしょう。

・損害賠償の金額が数万円程度の小さな交通事故では、弁護士費用のほうが高くつく

交通事故で示談しないことは可能なの?

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-660-087

関連記事一覧

交通事故で示談しないとどうなる?被害者が損しないただ1つの選択肢

示談条件も相手保険会社の態度も不満で示談したくないが示談しないとどうなるのか・・...

交通事故示談成立までの期間はどのくらい?失敗せずに解決する方法

「事故による治療は終わったけど示談交渉が可能な期間は?」 「事故発生から交渉完...

交通事故で警察呼ばない|その場で示談するのが絶対にダメな理由とは

「加害者にその場で示談してほしいと言われてた」 「加害者に警察を呼ばないでくれ...

示談交渉の長期化は避けたい!保険会社の対応に満足した事故示談

目次タクシーに乗っている時に交通事故!むちうちと診断長引かせるのが嫌だったので弁護士に交渉を依頼しませんでした タクシーに乗っている時に交通 ...

相手の過失を認めていた!保険会社での示談交渉をすることにもメリットがある

目次相手が過失を認めていたので、円満に解決することができました相手が過失を認めなければ弁護士に依頼したかもしれない 相手が過失を認めていたの ...

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故の慰謝料の相場を徹底解説|適切な金額を得るためには
  3. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?
  4. 交通事故で弁護士特約を使わないと300万円の損|使い方を徹底解説
  5. 自動で簡単な交通事故の慰謝料計算機|ケース別の示談金と内訳を解説

カテゴリ一から探す