交通事故専門の弁護士が、あなたの疑問に答えます!

2017.11.15 更新

示談でおかしな過失割合を主張されるも、弁護士が対応してくれた体験談

交通事故の示談において、争点となりやすいポイントが「過失割合」です。事故被害者・加害者の中には、少しでも自分自身に有利な状況を作れるように、事実と異なる発言をしたり相手からの主張を受け容れなかったりすることが少なくありません。そういったトラブルを解決せぬまま示談を締結し、損害賠償金を少なく受けとってしまうこともあります。今回は、そんな相手方の不当な主張に対し、弁護士を起用することで本来の正しい過失割合にした交通事故示談の体験談を紹介します。

交通事故に強い弁護士に無料相談する

交通事故示談体験者のプロフィール

事故形態 車対車
負傷内容 むちうち、腰と手首の捻挫
示談金 ¥900,000
保険会社の対応満足度 ★★☆☆☆
過失割合 8:2
示談締結までの期間 1年1か月
症状固定までの通院期間 3か月
弁護士への相談 した

車対車、相手の不当な主張で過失割合がおかしなものに

駐車場で車をバックさせていたところ、横から飛び出してきた車に衝突され、腰と肩を捻挫しました。

事故の翌日、保険会社に電話をかけ、事故の報告をし、具体的な過失割合などを算出してもらうようにお願いしました。
相手側の不注意で一時停止がなかったために起こった事故だったので、こちらの過失割合はそんなに多くないはずだと楽観視していたところ、1か月後にかかってきた電話で5:5の割合と言われ、驚きました。

もう一度こちらの状況を伝え直し、再交渉してもらうようにお願いしたのですが、相手側が事故の状況をきちんと説明しなかったようで、こちらに半分過失がある状況は変わりませんでした。

そのうえ、事故から3週間ほど経過した時点で、保険会社から治療が終わったかどうかを頻繁に確認されるようになり、早くこの一件をまとめたがっている印象を受けました。

私の方は腰と肩の痛みがなかなか取れず、過失割合も納得できなかったので、弁護士を通じて1年以上交渉を重ねた末、最終的に8:2の過失割合で示談となりました。

弁護士に電話で無料相談

交通事故専門の弁護士を紹介してもらい、不当な過失割合を是正

職場の上司から交通事故専門の弁護士を紹介してもらったのですが、事故の一件を早く終わらせたい印象だった保険会社と比較し、こちら側に有利な交渉をしてくれたところが良かったです。

当初言われていた不当な過失割合は、相手側が不注意を認めなかったことによるもので、こちら側から保険会社に再調査をお願いしても、連絡が遅いうえ、一向に割合が見直される気配もありませんでした。

当時、私は怪我を抱えつつ仕事もしながら全てのやり取りを行っていたため、事故後いつまでも終わらない交渉に疲れ切ってしまい、言われるままの過失割合で示談にしようかと思ったこともあります。しかし専門家である弁護士に依頼したところ、こちら側の言い分を保険会社や相手側に粘り強く主張してくれ、最終的に向こうが非を認めるという有利な状況に持っていくことができました。

一方、弁護士に相談する際注意しておきたい点は、交通事故専門の弁護士を選ぶことです。

弁護士に依頼することを考え始めた当初、最適な人材を見極めるためにいくつか事務所を回ったのですが、ウェブサイトでは交通事故を取扱い案件の一つにしていても、実際の経験が豊富ではないところも見られました。

中には自分の状況を説明しても的外れなアドバイスをされたり、交通事故に関する専門用語を理解していなかったりする弁護士もいたので、相談する時間を無駄にしたと感じました。そのため、弁護士に依頼する時は、事故のケースを専門的に行っているかどうかに注目することが重要だと思います。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-660-087

関連記事一覧

交通事故で弁護士特約を使わないと300万円の損|使い方を徹底解説

『弁護士特約を使いたいけど使い方が分からない』 任意保険に...

交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方

交通事故に強く、評判の良い弁護士事務所って、どうやって選べばいいの?

弁護士費用についてもっと知っておけば良かった!知らないことで後悔した経験

目次娘が車と接触!保険の適用内で手術一時金が弁護士に無料相談!しかし費用はかかるもの 娘が車と接触!保険の適用内で手術一時金が 娘が自転車に ...

後に思い返せば後悔することも。弁護士に依頼した方が良かった事故示談

目次示談交渉を長引かせずに保険会社の提案通りに示談交渉したが素晴らしい弁護士に出会えていたら自己負担を減らせたかもしれない 示談交渉を長引か ...

相手も弁護士を立てることも!示談交渉を依頼して助かった体験談

目次赤信号を横断する小学生をはねてしまった。相手側にも弁護士が!弁護士にも依頼することで交渉に成功 赤信号を横断する小学生をはねてしまった。 ...

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故の慰謝料の相場を徹底解説|適切な金額を得るためには
  3. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?
  4. 交通事故で弁護士特約を使わないと300万円の損|使い方を徹底解説
  5. 誰でも分かる慰謝料計算機|交通事故の慰謝料の計算方法と内訳を解説

カテゴリ一から探す