交通事故専門の弁護士が、あなたの疑問に答えます!

2017.8.9 更新

交通事故に遭って慰謝料を請求するなら、弁護士にお任せ!

交通事故に遭った当事者間では、具体的な慰謝料額を決めるために示談交渉を行います。普通は加入している保険会社の担当者が示談交渉を行うのですが、そうでなければ本人がすることに。
しかし、一般の人が満足できる結果を得るのは難しいため、弁護士に依頼をする必要があります。
そこで今回は、弁護士に依頼をすると慰謝料額を決めるうえでどういったメリットがあるのか、専門家に聞いてみました。

交通事故に強い弁護士に無料相談する

スムーズに示談交渉を行うなら、弁護士に依頼を!

交通事故に遭った場合、具体的な慰謝料額(損害賠償額)を決めるために、当事者同士で示談交渉を行うことになります。

このとき、任意の自動車保険に加入していれば、保険会社の担当者が示談交渉を行いますが、そうでない場合には本人が示談交渉を行うことになります。

しかし、一般の人が示談交渉をスムーズに行い、満足できる結果を得るのは難しいでしょう。そのため、通常は弁護士に依頼をする必要があります。

示談交渉の依頼をする弁護士を探すのであれば、インターネットなどを利用して弁護士のホームページをチェックする方法がおすすめ。弁護士事務所では、それぞれの強みや特徴を全面に押し出したホームページを作成していることが多いからです。

検索窓に「交通事故 弁護士」といったキーワードを入力すれば、いくつかの弁護士事務所がヒットするはず。最近では債務整理や借金問題に力を入れているところが多いものの、交通事故の問題に力を入れている事務所もたくさんいます。

相談をするだけなら無料というところも数多くあるので、まずは複数の事務所で話を聞いてもらうのがいいでしょう。弁護士と話したときの雰囲気で、交通事故に詳しそうかどうかをある程度判断することができるはず。また、交通事故案件の取り扱い件数や割合について、弁護士に直接尋ねてみるのもおすすめ。

弁護士事務所以外に、法テラス(日本司法支援センター)や日弁連交通事故相談センターなどでも相談をすることが可能です。

弁護士に依頼をすれば、慰謝料の算定でも有利に!

示談交渉に弁護士が介入する場合、慰謝料額の算定には「弁護士基準(裁判基準)」が用いられることになります。

実は、慰謝料額を決める際の基準として、自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準(裁判基準)があり、弁護士が介入する場合には、算定基準として最も高い弁護士基準が用いられます。

各基準を用いた場合の慰謝料額は、事故の内容や当事者がどの程度妥協するかにもよって大きく異なるため、明確に何倍の差があるとは言えません。

例えば、任意保険基準によって算定された慰謝料額が3,000万円であり、それを受諾したとします。しかし、弁護士基準を用いれば、プラス1,000万円の4,000万円を請求できたかもしれません。また、しかし、同様に任意保険基準で3,000万円と算定されても、粘り強く交渉をして3,200万円にまで慰謝料額を上げることも可能なわけです。その場合、弁護士基準を用いたときの差額は800万円になります。

なお、弁護士基準を用いると、後遺障害慰謝料や死亡慰謝料の金額は大きく変わることもあります。

それでは、この弁護士基準を使って、一般の人でもおおよその慰謝料額を計算することは可能なのでしょうか。

前述のように、交通事故の損害内容は事故によって千差万別です。また、損害の費目は数多く、病院関係費用だけでも、入通院治療費・付添看護費・入院雑費・交通費などがあって、それぞれの計算方法は違います。

そのため、弁護士基準を用いておおよその慰謝料額を把握するのは、一般人にはかなり難しく、ちょっと専門書を読んだくらいでは無理でしょう。そもそも、なって間もない弁護士でも難しいくらいです。

弁護士費用についてさらに詳しく知りたい場合は「弁護士費用について知りたい!交通事故の被害者になったら弁護士に依頼すべき」で詳しく解説しています。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-660-087

関連記事一覧

交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方

交通事故に強く、評判の良い弁護士事務所って、どうやって選べばいいの?

弁護士費用についてもっと知っておけば良かった!知らないことで後悔した経験

目次娘が車と接触!保険の適用内で手術一時金が弁護士に無料相談!しかし費用はかかるもの 娘が車と接触!保険の適用内で手術一時金が 娘が自転車に ...

後に思い返せば後悔することも。弁護士に依頼した方が良かった事故示談

目次示談交渉を長引かせずに保険会社の提案通りに示談交渉したが素晴らしい弁護士に出会えていたら自己負担を減らせたかもしれない 示談交渉を長引か ...

相手も弁護士を立てることも!示談交渉を依頼して助かった体験談

目次赤信号を横断する小学生をはねてしまった。相手側にも弁護士が!弁護士にも依頼することで交渉に成功 赤信号を横断する小学生をはねてしまった。 ...

示談でおかしな過失割合を主張されるも、弁護士が対応してくれた体験談

交通事故の示談において、争点となりやすいポイントが「過失割合」です。事故被害者・加害者の中には、少しでも自分自身に有利な状況を作れるように、事実と異なる発言をしたり相手からの主張を受け容れなかったりす...

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故の慰謝料の相場を徹底解説|適切な金額を得るためには
  3. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?
  4. 交通事故で弁護士特約を使わないと300万円の損|使い方を徹底解説
  5. 誰でもわかる慰謝料計算機|交通事故の慰謝料を計算機でラクラク計算

カテゴリ一から探す