2019.1.16 更新

自分の過失割合の方が高いことが判明!示談交渉する時に気をつけておきたいこと

交通事故の示談交渉において、最大の争点となるのが「過失割合」です。
なぜか?この過失割合によって、損害賠償金額が変わってくるのです。
そのため、加害者が事実とは異なる証言をし、自分の過失割合を低くするようなこともあるようです。
今回は、被害者であるにもかかわらず、最初の過失割合が高くなってしまった方の体験談です。

交通事故示談体験者のプロフィール

事故形態 車対車
負傷内容 手首骨折
示談金 780万円
保険会社の対応満足度 ★★☆☆☆
過失割合 10:0
示談締結までの期間 1年3ヶ月
症状固定までの通院期間 1年間
弁護士への相談 した

最初の示談交渉では提示された過失割合

私は車で仕事場に向かう途中の出来事でした。信号が青なので、そのまま真っすぐ直進しようとしたら、右側から車が突っ込んできたのです。エアバックがでて何が起きたかわからない一瞬の出来事でした。

そして、気付いたときには救急車に乗って病院に向かい、頭を強く打っていたので全身の検査を行ったのです。検査結果は軽い脳震盪と右手首が骨折していました。入院せずにそのまま退院となり、その後は保険会社と電話で連絡を取り合う日々で、最初の示談交渉では過失の割合は3:7で私が7ということを突きつけられたのです。

理由としましては、法定速度で走っていないからと言われました。私は法定速度で走行をしていましたし、信号無視をした相手が悪いと主張をしたのですが、なかなか相手の方が折れることはなく、何回も同じ内容のやりとりを保険会社と行ったのです。

結局は、警察の現場検証から相手の方が過失割合が高いと結果が出たので、10:0なりました。

弁護士に依頼したことで安心感が生まれた

保険会社とやり取りをしていても、なかなか話が前に進まない状況でした。なので、専門の弁護士の方に相談することにしまして、怪我が癒え始めたころに弁護士事務所に足を運び、私は長引く示談交渉を早く終わらせたかったので弁護士の方に示談交渉の代行をお願いしました。基本的には弁護士の方に依頼をしたら、自分が動くことはなかったです。仮に弁護士の方に依頼をしなかったら、保険会社とのやり取りが長引きどちらかが先に折れるか、もしくは裁判までいきもっと長引いた可能性があります。

また、弁護士に代行を依頼したことにより安心感が生まれました。やはり、初めてのことなのでわからないことも多く、この道のプロの弁護士の方に依頼をすることにより、不安が少し解けました。しかし、弁護士に依頼をして、全て良かったとも言えません。逆に悪かった点は弁護士に費用を支払うことです。当然、弁護士の方も仕事としてやっていますので、弁護士に費用を支払うのは当然だと思っていました。

しかし、弁護士に依頼をする費用が全国的にどれくらいが妥当なのか、また、高い金額を支払ってもいいのですが、腕のある弁護士の方なのか判断するのに迷いました。私の場合は成果報酬の10%の金額を支払う形になり、これが妥当な金額なのか心配です。

結果的にはきっちりと仕事をしてくれる方でしたので満足しましたが、結果が出るまでは不安の日々を過ごしていました。

過失割合が10対0の事故での弁護士への依頼について知りたい方はこちら

関連記事一覧

信号無視の事故なのに、自分の過失が3も!納得がいかないので弁護士に相談して事故示談

目次信号無視の事故なのに自分にも過失があるという結果に弁護士に相談した結果、交渉もしてくれることに 信号無視の事故なのに自分にも過失があると ...

【交通事故】示談金では修理代なしに不満、保険会社と戦いました

「保険会社の対応に納得できない」 交通事故の示談では、乗っ...

【相手の一時停止無視で事故】過失割合に納得できなかった私の体験談

相手が一時停止を無視して事故を起こしたのに、保険会社が提示する過失割合が納得いか...

交通事故の体験談|示談を早く終えられたので弁護士に依頼して良かったです

交通事故の体験談|雪道での接触事故。弁護士を入れて過失割合を5対5から7対3に

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故で依頼すると後悔する弁護士3つの特徴|体験談も掲載
  3. 後遺障害とは?等級認定の流れと等級表でみる1級~14級の認定基準
  4. 【保存版】交通事故の慰謝料相場はいくら?必ずわかる計算方法まとめ
  5. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?

カテゴリ一から探す