交通事故専門の弁護士が、あなたの疑問に答えます!

2017.11.14 更新

弁護士に相談することで正しい交通事故の損害賠償請求ができた体験談

交通事故の示談交渉を自分でやるには、相当の労力と専門的知識が必要になってきます。
ですので、ほとんどの場合に弁護士に依頼することになります。
しかし、依頼するのにも必ずメリット・デメリットが存在します。
今回は、そんな弁護士に依頼することの良い点・悪い点がわかったという体験談です。

交通事故に強い弁護士に無料相談する

交通事故示談体験者のプロフィール

事故形態 車対自転車
負傷内容 むちうち、骨折(腕)、切り傷、擦り傷
示談金 140万円
保険会社の対応満足度 ★★★☆☆
過失割合 9.5:0.5
示談締結までの期間 1年5ヶ月
症状固定までの通院期間 9ヶ月
弁護士への相談 相談交渉した

相手の言い分に納得できず予想以上の労力を使うことに

自転車で横断歩道を渡っていた時の事です。夕方で信号機が無い横断歩道だったので車が来ない事を確かめて渡ったのですが、見通しが悪い事もありスピ-ドを出した車が走ってきました。車は私を見つけブレ-キを踏みましたが、止まりきれず私を軽く跳ねてしまいました。私はすぐに救急車で運ばれ腕を骨折していたので手術をし、1週間入院してその後も通院を1ヶ月ほどしました。仕事には骨折が治ってから復帰しましたが、治療よりも大変だったのが退院後の示談交渉でした。

私を跳ねた車は任意保険に加入をしており、私が被害者だと思っていましたので保険会社の間でスム-ズに交渉が進むものだと考えていました。そこで最初に相手側から主張された過失割合が相手側:私で8:2でした。相手側の主張の根拠として私がしっかりと左右を確かめないで渡った不注意な点とお互いが走行中だった事が挙げられました。私のアラを探した様な相手の言い分で、こちらの主張が通らず過失割合の交渉の為に予想以上の時間と労力を使いました。これではらちが明かないと感じ弁護士事務所に相談をする事にし無事に解決が出来ました。

弁護士に相談することの良い点・悪い点

保険会社同士の交渉では相手側の保険会社の主張してきた過失割合に納得もいきませんでしたし、提示されてきた示談金の賠償額もとても納得が出来る金額ではなかったです。このまま保険会社に交渉をお任せしていても自分の思うような解決は出来ないと思い、交通事故についての法律にも詳しい弁護士事務所に相談をしました。

弁護士事務所に相談をして良かったのは、保険会社から提示された賠償金額を無料で診断してくれ、法律相談にも乗ってくれた事です。これのお陰で自分の考えが間違っていない事が分かりましたし、自分の主張を認めてくれる相手が見つかった様でとても安心出来ました。また示談交渉を法律に精通している弁護士さんが全て行ってくれたので、過失割合も9.5:0.5と私が0.5の過失割合と認定され、示談金がアップするなど正しい金額の損害賠償を受ける事が出来たのも良かったです。また私は事故半年以上経っても痺れや痛みが残っていましたが後遺障害の申請手続きが出来る事を知りませんでした。それも弁護士さんが申請方法を教えてくれたので申請、認定を無事に受ける事も出来ました。

弁護士さんに相談して悪かった点は、多くの交通事故の損害賠償で困っている方の依頼を受けておられる様で、こちらが相談をしても返事が来るのが遅かった所です。お忙しいのは分かりますが、示談交渉が長引いたので出来るだけ早く解決してしまいたい被害者の気持ちをもっと考えて欲しかったと思いました。
弁護士費用についてもっと知りたい方には「交通事故の弁護士費用について|内訳、相場は?」で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-660-087

関連記事一覧

交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方

交通事故に強く、評判の良い弁護士事務所って、どうやって選べばいいの?

弁護士費用についてもっと知っておけば良かった!知らないことで後悔した経験

目次娘が車と接触!保険の適用内で手術一時金が弁護士に無料相談!しかし費用はかかるもの 娘が車と接触!保険の適用内で手術一時金が 娘が自転車に ...

後に思い返せば後悔することも。弁護士に依頼した方が良かった事故示談

目次示談交渉を長引かせずに保険会社の提案通りに示談交渉したが素晴らしい弁護士に出会えていたら自己負担を減らせたかもしれない 示談交渉を長引か ...

相手も弁護士を立てることも!示談交渉を依頼して助かった体験談

目次赤信号を横断する小学生をはねてしまった。相手側にも弁護士が!弁護士にも依頼することで交渉に成功 赤信号を横断する小学生をはねてしまった。 ...

示談でおかしな過失割合を主張されるも、弁護士が対応してくれた体験談

交通事故の示談において、争点となりやすいポイントが「過失割合」です。事故被害者・加害者の中には、少しでも自分自身に有利な状況を作れるように、事実と異なる発言をしたり相手からの主張を受け容れなかったりす...

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故の慰謝料の相場を徹底解説|適切な金額を得るためには
  3. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?
  4. 交通事故で弁護士特約を使わないと300万円の損|使い方を徹底解説
  5. 誰でもわかる慰謝料計算機|交通事故の慰謝料を計算機でラクラク計算

カテゴリ一から探す