2017.11.14 更新

事故について弁護士に何度も相談するのは嫌!弁護士に依頼しなかった理由

交通事故示談体験者のプロフィール

事故形態 車対バイク
負傷内容 骨折(足首)
示談金 20万円
保険会社の対応満足度 ★★★★★
過失割合 8:2
示談締結までの期間 6ヶ月
症状固定までの通院期間 3ヶ月
弁護士への相談 しなかった

相手にも自分にも落ち度があったので提案通りで示談成立

アルバイトが終わり原動機付自転車で帰宅中、狭い道の交差点での事故でした。
前方左から来た普通乗用車を避けることができずに衝突してしまいました。私は原付と共に倒れて動けなかったため、相手に警察と救急車の連絡をお願いしました。その当時私は学生であったこともあり家族に連絡を取り、保険会社に連絡をしてもらいました。その後家族と保険会社の方、救急車と警察車両が到着しました。救急車に乗るほどでもないと思ったため、家族と一緒に病院に行きました。しかし、検査結果は足首を骨折しているとのことでした。

その後相手の保険会社とこちらの保険会社で話し合いをしてもらい、8:2の過失割合でどうでしょうかと連絡がありました。相手は自動車の陰になっていて見えづらかった私を見逃し前方不注意でしたが、こちらにも前方不注意があったと感じたためそのことを了承し、保険会社から相手の保険会社に伝えてもらいました。相手も了承し、示談が成立しました。

交通事故に強い弁護士に無料相談する

相手の誠実な対応により弁護士への依頼はしなかった

弁護士に相談・交渉をしなかった理由は、まずそのことにより費用が発生すると考えたからです。また、足首を骨折するという大けがではありましたが、キレイに折れていたため後遺症などの心配はないと感じたためです。実際その後も順調に治り完治いたしました。

当時は学生であり保険会社とのやり取り内容と結果は家族から聞いていましたが、家族も過失割合について妥当だと考えていたことも理由の大きなところを占めます。

保険会社に関してですが、複雑な事故というわけではなかったようでスムーズに処理をしていただき、相手の方との交渉も難航することなく進みました。そのことに安心感もありました。そして、相手の方に、まずは電話で謝罪をしていただいたこと、入院中にもお見舞いに来ていただき心配をしていただいたことも、こちらの気持ちを穏やかにさせてくれたところがあります。そのことは示談書にも記載しました。他の理由としては、事故当時私がアルバイトの帰りであったため労働災害と認められたこと、医療保険に加入していたため金銭的なことを心配することがなかったという理由もあります。

しかしなによりの理由としては、自動車とぶつかった衝撃でボンネットに乗り骨折をしてしまうという事故は、やはりいい気持ちのするものではありません。弁護士に相談・交渉をして何回もそのことについて話していくことに気持ちが向かなかったということも大きな理由の1つです。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-660-087

関連記事一覧

弁護士特約とは?交通事故の被害者が知らないと損する正しい使い方

司法書士では損?交通事故の示談交渉を弁護士に相談すべき理由

信号無視の事故なのに、自分の過失が3も!納得がいかないので弁護士に相談して事故示談

目次信号無視の事故なのに自分にも過失があるという結果に弁護士に相談した結果、交渉もしてくれることに 信号無視の事故なのに自分にも過失があると ...

弁護士特約は家族が別居していても適用される|その範囲と条件は?

交通事故で弁護士に依頼するベストタイミングは?失敗しない相談方法

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故で依頼すると後悔する弁護士3つの特徴|体験談も掲載
  3. 後遺障害とは?等級認定の流れと等級表でみる1級~14級の認定基準
  4. 【保存版】交通事故の慰謝料相場はいくら?必ずわかる計算方法まとめ
  5. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?

カテゴリ一から探す