2017.11.14 更新

弁護士に依頼することでわかった!示談交渉における重要なポイント

交通事故示談体験者のプロフィール

事故形態 車対自転車
負傷内容 右腕骨折、頭部外傷
示談金 800万円
保険会社の対応満足度 ★★★★☆
過失割合 9:1
示談締結までの期間 1年3ヶ月
症状固定までの通院期間 6ヶ月
弁護士への相談 相談・交渉した

自動車との接触事故!弁護士がしてくれたアドバイス

自分が自転車に乗っていたら、横断歩道で左折しようとした車と接触し、右腕骨折と頭部外傷を負いました。事故を起こした方が警察と保険会社に通報し、私は交通事故に遭い、そこでは頭を打ち付けていたのと右腕を骨折していたので、救急車で病院に搬送されました。
とにかく、頭を打ったので、脳に異常がないか検査をされて、異常がないとわかり、結局は外傷ということになりましたが、いつ後遺症という形で事故の爪痕が残らないとも限らないので、家人が法律事務所に相談に行きました。そして、後日、弁護士と相談しました。とにかく、相手側に落ち度が大きいということがあるので、警察でもそこのところは認めて、9対1で相手側の過失を認めてくれました。1は私が自転車を降りて押していたらこのような事故にはならなかったという点でした。そこで、相手も反省しているようでしたので示談にしてお金で解決することにしました。ただし、後遺症が出たときは、その時の治療費を払うという念書をもらいました。これも弁護士のアドバイスと交渉のおかげでした。

交通事故に強い弁護士に無料相談する

本当に困った時には頼りになる!弁護士に依頼することのメリット

とにかく、保険会社は交渉のプロです。だから、そのまま任せておいては少しでも事故の補償金を出し渋ると思い、交通事故に詳しい法律事務所を探しました。そして、弁護士ともよく相談し、こちらが有利なように示談を持ち掛けてくれました。自分はまだ交通事故で入院していたので出て歩けないし、家人も上手に交渉はできないので、交渉の代行は全て弁護士に引き受けてもらいました。

そして、自分のようなケースでは示談金としていくらぐらいが相場かを教えてもらい、その金額を目指して保険会社と交渉してもらったりしました。入院費用はもちろん、相手側の保険でカバーし、もしも後日、後遺症が出た場合は、その医療費は相手側が出すということで示談が決まりました。弁護士への費用ももちろんかかりますが、それを考えて自分たちではできないこと、主張できないことを法律を駆使して交渉してくれ、よく熱心に掛け合ってくれたと思います。また、さすがに交渉のプロだけあって、自分たちでは知らないことでも精通していました。本当に困ったときには頼りになると思います。

もう交通事故に遭うのはこりごりですが、今後、何かトラブルに巻き込まれた時はまた弁護士事務所に相談に行ってみようかと思っています。この世の中には、どんなことがあるかわかりません。また、案外、自分が加害者となってしまう可能性もあります。そんなときにも法律事務所を頼れば心強いです。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-660-087

関連記事一覧

交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方

交通事故に強く、評判の良い弁護士事務所って、どうやって選べばいいの?

交通事故の弁護士費用を抑える2つの方法|被害者は知らないと損です

弁護士特約とは?交通事故の被害者が知らないと損する正しい使い方

交通事故で弁護士に依頼するベストなタイミングはいつ?失敗しない相談方法

交通事故の弁護士無料相談|いつ電話すべき?事前に知るべきこと8つ

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故の慰謝料の相場を徹底解説|適切な金額を必ず得る方法
  3. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?
  4. 弁護士特約とは?交通事故の被害者が知らないと損する正しい使い方
  5. 交通事故の慰謝料計算機|簡単5分で自動計算!受け取るべき金額は?

カテゴリ一から探す