2019.1.16 更新

治療中は冷静に考えられない!後悔しない事故示談の方法

「示談について考える余裕がない・・・」

いざ事故に遭うと療養などで忙しいため、事故示談について考える心の余裕もありません。しかし、そういう時こそ一度冷静になった上で、弁護士に相談してみましょう。弁護士は示談終了まで貴方を完全サポートします。示談金について後悔しないように対応するのが大切です。

交通事故示談体験者のプロフィール

事故形態 車対車
負傷内容 むちうち、打撲
示談金 103万円
保険会社の対応満足度 ★★☆☆☆
過失割合 10:0
示談締結までの期間 7ヶ月
症状固定までの通院期間 6ヶ月
弁護士への相談 しなかった

赤信号で停車中に追突事故。相手からのお見舞いはなし

3年ほど前、隣の県の見通しの良い直線道路が工事中で片側交互通行となっていて、赤信号で止まっていました。すると突然後ろからかなりのスピードで軽トラックが衝突。私は乗用車でしたが衝撃は酷いものでした。ブレーキを踏みこんでいたので、前の車への玉突きは避けられましたが、私はそのまま救急車で運ばれて病院へ。その後入院は年末ということもあり、しませんでしたが、左半身全体の痛みが酷く、生活に支障が出ました。相手方の保険会社はネット保険ということで速やかに手配はしてもらい、追突事故ということで10:0の相手側の全面的な過失を認めて交渉した部分についても不満はなかったです。

ただ、保険会社からのアドバイスなのか、最初に保険会社の名前をメールで知らされた後、相手からのお見舞いも電話一本も全くなく、保険会社からの電話のみで済ませられたのにはかなり腹立たしかったです。体の不調を何とか乗り越えようと、必死で様々なことを頑張ってやったり通院したりしていたので、精神的な配慮があまりにもなく感じられました。

冷静に考えたら弁護士に相談すべきでした

半年経過する頃まで首から背中、左ひざと左肘などに痛みと動かし難さがかなり残っていて、実際は後遺障害等級認定受けようかとも考えていました。しかし仕事が忙しくなっていたことと、事故後半年過ぎてから少し体調が良くなってきたこともあり、示談交渉をこれ以上長引かせることが面倒になってしまいました。感情的に相手側に対してかなり不満もありましたし、このまま何もなかったように自由に仕事をしているのかと思うと恨む気持ちもあった分、示談を長引かせることによって負の感情を持ち続けることがイヤになったということも大きかったです。

弁護士などに交渉の相談をするのにも、少し体調が良くなってきている段階だったため、このまま後遺症は治るのではないかという期待と、これくらいの状態で認定が受けられるのかという疑問もあり、踏み切れませんでした。今になってみれば、そのような負の感情を長引かせたくなかったら第三者である弁護士などに相談してみるのも良い手だったのかもしれないとは思えますが、実際に治療中ともなるとなかなか冷静に考えることはできないものです。体は今でも首の痛みが酷くなることもあったり、左ひざや左肘に痛みがあったりして、事故後ずっと整骨院通いを続けて、それによって生活したり仕事ができているような日々です。保険会社はかなり慎重な態度で基準的な金額を提示してきて示談を完了させましたが、かなり後悔しています。

関連記事一覧

交通事故の体験談|息子が事故に!何よりも弁護士相談が得策だと実感

交通事故の体験談|雪道での追突事故!保険会社の対応にイライラした体験談

交通事故の体験談|自転車で横断中に追突事故にあい弁護士相談した私の話です

交通事故の体験談|症状固定前に保険会社に示談を迫られ大きなストレスに

内容次第で不利になることも!交通事故での示談書作成の注意点

交通事故において、最も重要な書類が「示談書」です。 この示談書は、双方の合意書です。書かれている内容に合意したら、後から変更することは大変難しいです。 今回は、交通事故の弁護士によるアドバイスで示...

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故で依頼すると後悔する弁護士3つの特徴|体験談も掲載
  3. 後遺障害とは?等級認定の流れと等級表でみる1級~14級の認定基準
  4. 【保存版】交通事故の慰謝料相場はいくら?必ずわかる計算方法まとめ
  5. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?

カテゴリ一から探す