2017.11.14 更新

リハビリをしながらの示談交渉は大変!弁護士に依頼をして示談交渉は戦おう

交通事故示談体験者のプロフィール

ニックネーム ポッキー
年齢 31
職業 会社員
当事者/親族 当事者
事故時期 2014/11
事故形態 バイク対歩行者
負傷内容 顔面裂傷、左腕骨折、左足骨折、右足親指骨折など
示談金 174万円
保険会社の対応満足度 ★★★☆☆
過失割合 10:0
示談締結までの期間 9ヶ月
症状固定までの通院期間 8ヶ
弁護士への相談 相談・交渉した

ノーブレーキでの追突事故。事故後に緊急手術

仕事が終わり、会社の同僚と食事へ行くのに乗せてもらい、その後パチンコ屋に行きました。私は閉店までやっていたのですが、送ってくれた人が途中で帰るとのことで、パチンコ屋から歩いて帰りました。その日は雨が降っており、私の服装は上下黒の服でした。自宅の近くのコンビニで買い物をして、交差点を渡った時に、左から来たバイクがノーブレーキで突っ込んできたのです。私は15m程飛ばされ、意識不明の重体で病院に運ばれました。相手も意識不明だったようです。

そのまま緊急手術をしてもらい、2か月ほど入院をしました。保険会社とのやり取りは姉が取り合ってくれました。私は意識が戻って会社に連絡して状況を説明しました。後日、私の保険会社から連絡があり、慰謝料などの保険金は退院して警察の現場検証を行ってからと告げられ、先に休業補償の手続きをするので書類を会社に渡すように言われました。会社へ連絡して対応頂き、そのやり取りを4カ月程繰り返していますが、未だに休業補償分の金額が振り込まれずにいる状況でした。賠償金の話になりましたが、相手の保険会社となかなか折り合いがつかなかったので、弁護士に依頼することにしました。

交通事故に強い弁護士に無料相談する

リハビリに専念するため弁護士に依頼

いつまでたっても賠償金の折り合いがつかないため、結果的に弁護士にやり取りを頼みました。私が赤信号で渡っていただの、全身黒の服で雨が降っていたので視界に入らなかったなど因縁をつけてきます。私も負けじと戦っていましたが、リハビリなどに専念したいという事もあり、弁護士特約がついていたので、頼むことにしました。

2ヶ月経ち、依頼中は通院やリハビリ、会社へ訪問したり、今まで出来なかったことをやっていました。数ヵ月後、弁護士の方も6ヶ月間戦ってくれていました。すごい労力を使わせてしまったなと思いました。慰謝料が確定していなかったですし、休業補償もまだ貰えていなかったので、生活のやりくりがすごく大変でした。弁護士にお願いをし、途中で休業補償の一部を振り込んでもらえるようにお願いしたところ、1週間後に20万円ほど振り込まれました。慰謝料はまだ書類が全て揃っていないので確定していないと伝えられ、待っていました。

2ヶ月後、怪我したところも治癒し、普通の生活が送れるようになりました。弁護士に診断書や医療報酬証明書などを提出し、数週間後に確定しました。その中から弁護士の着手金と報酬を支払い、全部で174万円振り込まれることとなりました。相手の保険会社からいろいろ言われるなど、手強かったみたいで、相当時間を費やしたようです。弁護士を頼んでおいてよかったと思いました。スムーズにことが運び、とてもよかったです。
弁護士費用についてもっと知りたい場合は、「交通事故の弁護士費用はどのくらいかかるの?内訳や相場、弁護士特約について教えます」で詳しく解説しているので、参考にしてください。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-660-087

関連記事一覧

弁護士費用についてもっと知っておけば良かった!知らないことで後悔した経験

目次娘が車と接触!保険の適用内で手術一時金が弁護士に無料相談!しかし費用はかかるもの 娘が車と接触!保険の適用内で手術一時金が 娘が自転車に ...

後に思い返せば後悔することも。弁護士に依頼した方が良かった事故示談

目次示談交渉を長引かせずに保険会社の提案通りに示談交渉したが素晴らしい弁護士に出会えていたら自己負担を減らせたかもしれない 示談交渉を長引か ...

相手も弁護士を立てることも!示談交渉を依頼して助かった体験談

目次赤信号を横断する小学生をはねてしまった。相手側にも弁護士が!弁護士にも依頼することで交渉に成功 赤信号を横断する小学生をはねてしまった。 ...

示談でおかしな過失割合を主張されるも、弁護士が対応してくれた体験談

交通事故の示談において、争点となりやすいポイントが「過失割合」です。事故被害者・加害者の中には、少しでも自分自身に有利な状況を作れるように、事実と異なる発言をしたり相手からの主張を受け容れなかったりす...

交通事故にあい弁護士に相談したが費用倒れに・・そうなる前に早めのチェックを!

目次そもそも費用倒れとは?費用倒れになることを防ぐための方法 そもそも費用倒れとは? 費用倒れとは賠償を請求したために逆に損をしてしまうこと ...

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故の慰謝料の相場を徹底解説|適切な金額を得るためには
  3. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?
  4. 交通事故で弁護士特約を使わないと300万円の損|使い方を徹底解説
  5. 誰でもわかる慰謝料計算機|交通事故の慰謝料を計算機でラクラク計算

カテゴリ一から探す