2018.10.11 更新

事故後の保険会社の対応に不満!治療に専念するために弁護士に依頼した体験談

交通事故示談体験者のプロフィール

ニックネーム aromanokarisu
年齢 28
職業 会社員
当事者/親族 当事者
事故時期 2013年5月19日
事故形態 車対歩行者
負傷内容 骨折(左から)、打撲(左足)、CRPS(左足)
示談金 休業補償など全て含んで、2000万程度だと思います
保険会社の対応満足度 ★☆☆☆☆
過失割合 10:0
示談締結までの期間 1年半
症状固定までの通院期間 事故から1年で、保険会社から治療費打ち切りの話が出たため、症状固定になりました
弁護士への相談 相談・交渉した

医師からCPRSと診断・・そんな時の保険会社の対応

私は、夜に横断歩道を歩いている最中に、右折車にはねられました。幸いにも、見た目の怪我は骨折と打撲で、すぐに治るものだと思っていましたが、治療を受けていても、一向に足の痛みが治まりませんでした。神経の障害を疑って、専門の病院に見て頂いたところ、CRPS(カウザルキー)と宣告されました。

CRPSはとても難しい症状で、治療にも長い時間がかかります。そもそも、CRPSになったところは風が吹いただけで鋭い痛みが走り、麻痺のせいで自由に足もつけません。痛みで満足に眠れない日々が続き、働くこともできなかった、そんな大変な状況でした。

しかし、保険会社は私の状況など、慮ってはくれません。私の過失はなく、休業補償は全額入るはずなのに、事故以降、毎月担当者に電話をしなければお金は振り込まれません。いつ直るのか、私にもわからないことを聞いてくるばかりで、精神的にも大変でした。

そんな生活が続き、事故から1年が経った頃のことです。治療費打ち切りの話が、保険会社の担当者から出ました。

弁護士に依頼したことで通院とリハビリに集中することができた

最終的には、弁護士の先生に保険会社との仲介を頼み、示談になりました。なにぶん私は、交通事故に関しては全くの素人で、どうしていいかわからないまま、1年間を過ごしてきました。保険会社の担当者から、治療費と症状固定の話が出た時は目の前が真っ暗になりました。その話が出た時はCRPSの症状がまだ強く、通院とつらいリハビリもしていましたし、痛み止めとして高価な薬も服用していました。働くこともできず、ただ痛みと闘っている状態で、治療費が出なくなったら、私はいったいどうなるのだろうかと思いました。と、同時に、これは素人が一人で交渉できる問題ではないと考え、知り合いの弁護士さんに交渉をすることになったのです。

弁護士さんに交渉を依頼して一番楽になったのは、なんといっても、保険会社の担当者と直接話さなくても良くなった点でした。おかげで通院・リハビリに集中できましたし、保険会社のペースに巻き込まれて、悔しい思いをしなくてもよくなりましたから。

最終的な示談金も、最初に保険会社が提示した金額より、遥かに高い金額を受け取ることができました。腕のいい弁護士さんで、良かったと思います。悪かった点は、弁護士特約の有無を確認していなかったので、弁護士費用に予想以上のお金がかかったことです。弁護士さんに依頼しなければ、保険会社の言うままの低い金額しか受け取れなかったとわかっているのですが、費用に関しては、やはり少し心残りです。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-660-087

関連記事一覧

自転車事故の示談交渉|保険未加入での示談書の書き方

交通事故の体験談|こちらは被害者なのに失礼な態度の保険会社担当者に憤慨

目次交通事故示談体験者プロフィール事故の状況|突然相手がバックしてきて衝突相手の保険会社の態度に憤慨!変更してもらう事に弁護士相談は全く思い ...

交通事故の体験談|相手のウィンカー間違いで発生した事故なのに過失が付くのは許せない

交通事故の体験談|相手は高齢者でしかも無保険…休日の渋滞での事故

交通事故の体験談|帰宅中のひき逃げ。相手が非を認めず弁護士依頼し裁判に

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故で依頼すると後悔する弁護士3つの特徴|体験談も掲載
  3. 後遺障害とは?等級認定の流れと等級表でみる1級~14級の認定基準
  4. 【保存版】交通事故の慰謝料相場はいくら?必ずわかる計算方法まとめ
  5. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?

カテゴリ一から探す