2018.1.24 更新

交渉が長引くのを避けて示談交渉を穏便に済ませた体験談

「本当はしっかり交渉したいんだけど、示談交渉に費やせる時間がない」
「穏便でいいのでスムーズに示談交渉できる方法はないだろうか」

示談交渉には多くの時間と手間がかかります。
本当はしっかり示談について調べて相手方と交渉したいけど、仕事などがあり、多く時間が費やせない。
だから穏便に済ませてスムーズに交渉を進めたいと思っている方も多いと思います。

交通事故の示談交渉には弁護士に相談すると、とてもスムーズに示談が進みます。

ここでは体験談を元に、示談交渉の時の流れとその時の対応を解説していきます。

交通事故に強い弁護士に無料相談する

交通事故示談体験者のプロフィール

ニックネーム バリカン
年齢 38
職業 会社員
当事者/親族 親族
事故時期 2009/6
事故形態 車対自転車
負傷内容 首や腰の打ち身
示談金 5万円
保険会社の対応満足度 ★★★☆☆
過失割合 10:0
示談締結までの期間 2か月
症状固定までの通院期間 1か月
弁護士への相談 しなかった

治療費費用は加害者が負担!メモを取るべき5つの項目

書店の駐輪場から自転車で外に出ようとした時に、駐車場から出てきて同じように外に出ようとする自動車と接触しました。接触事故発生後、救急車で病院に運ばれました。病院の救急センターで手当てをして、お金のお支払をする時に加害者の方が保険会社に電話をかけました。私が被害者ということです。

病院の費用は後ほど保険契約をしている加害者の方に払われるということで、その時は加害者の方が支払を済ませました。その後、私もその加害者側が契約をしている保険会社の方とお話をしましたが、具体的な被害や、その事故によって仕事も休まなければいけませんので、その休暇をとる日数、病院に通うならその通う回数と、病院への交通費用、病院の診察、治療費に関してもしっかりとメモをしておくことを伝えられました。

また、保険会社の担当者様の連絡先を教えてもらいました。実際、タクシーによる通院に関しても保険会社による負担が適応されるのかを確認するために電話をしました。実際の被害が出たものに対して、保険会社としては補償をするという旨を確認させていただきました。

仕事に影響があると思い、交渉を長引かせることはしなかった

私は被害者なので、弁護士に相談して負担を軽くすることはしません。よほどの後遺症が残ることなどがあれば、示談金の引き上げなどのサポートで弁護士を雇うことも考えたかもしれませんが、実際、骨折することもなく、打ち身などで済んだという理由もあります。相手の謝罪の仕方なども誠意が感じられましたので、それ以上の要求はしませんでした。また、仕事の忙しさもあり、職場復帰をした際にはすぐに仕事にかかりきりになってしまったこともあり、すぐに万事方をつけてしまいたいという気持ちもありました。

そのため、弁護士などの法律の専門家に相談をし、交渉を長引かせることはしたくなかったこともあります。事故の被害内容が幸いにも些細なものであったことから、弁護士にわざわざ相談を持ちかけて交渉がうまくいったとしても、それほど多額の示談金を受け取ることはできないと判断したこともあります。

結果的に、精神的な苦痛や会社からのペナルティに対しての慰謝料は全くなく、あくまで物理的に負担した治療費のみの示談金でしたが、身体が無事だったことや、すぐに治療が終わったことから、弁護士に相談、もしくは交渉代行をしていただかなくてもよかったと認識しています。しかし、事故による身体的被害がさらに大きかった場合は、迷わず有能な弁護士を探し、相談費用やサポート費用を投じても徹底的に交渉を有利に進めようと考えたでしょう。


交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-660-087

関連記事一覧

交通事故で示談しないとどうなる?被害者が損しないただ1つの選択肢

示談条件も相手保険会社の態度も不満で示談したくないが示談しないとどうなるのか・・...

交通事故示談成立までの期間はどのくらい?失敗せずに解決する方法

「事故による治療は終わったけど示談交渉が可能な期間は?」 「事故発生から交渉完...

交通事故で警察呼ばない|その場で示談するのが絶対にダメな理由とは

「加害者にその場で示談してほしいと言われてた」 「加害者に警察を呼ばないでくれ...

示談交渉の長期化は避けたい!保険会社の対応に満足した事故示談

目次タクシーに乗っている時に交通事故!むちうちと診断長引かせるのが嫌だったので弁護士に交渉を依頼しませんでした タクシーに乗っている時に交通 ...

相手の過失を認めていた!保険会社での示談交渉をすることにもメリットがある

目次相手が過失を認めていたので、円満に解決することができました相手が過失を認めなければ弁護士に依頼したかもしれない 相手が過失を認めていたの ...

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故の慰謝料の相場を徹底解説|適切な金額を得るためには
  3. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?
  4. 交通事故で弁護士特約を使わないと300万円の損|使い方を徹底解説
  5. 自動で簡単な交通事故の慰謝料計算機|ケース別の示談金と内訳を解説

カテゴリ一から探す