2018.1.24 更新

交通事故で警察が介入し示談交渉|弁護士に依頼すればと後悔の体験談

「警察が示談に介入してきたけど...」
「正当な慰謝料を勝ち取りたい!」

交通事故で警察が介入し、警察が示談を行うケースがあります。この記事の体験談で被害者は実際に警察に示談を任せた結果、本来勝ち取れる慰謝料より少なかったことを後悔しています。正当な慰謝料を勝ち取るために、まずは弁護士に相談しましょう

交通事故に強い弁護士に無料相談する

交通事故示談体験者のプロフィール

事故形態 車対車
負傷内容 むちうち
示談金 50万円ほど
保険会社の対応満足度 ★★★★☆
過失割合 8:2
示談締結までの期間 半年ほど
症状固定までの通院期間 1ヶ月半
弁護士への相談 しなかった

Uターンしてきた車と交通事故!私の車は横転

当時は仕事で栃木県で生活していました。片側2車線の比較的広い道路でした。やや上がりから緩い下りになっている道で反対車線からUターンしてくる車が見えました。直進が優先になっているはずなのに、その車は一旦停止せず、ゆっくりと動いていました。

それに気づきクラクションを数回鳴らしましたが、相手は止まらず、避けきれなかった私はそのまま衝突してしまいました。その時の記憶は断片的にしか覚えておりませんが、歩行者の路側帯にもやや高めの縁石がたっており、ぶつかってしまった衝撃により、車はバランスを崩し横転、そのままの状態で5メートルほど進み歩行者の路側帯の縁石を乗り上げて車は停止しました。同乗者が乗っておりましたが、同乗者は気絶しており、すぐさま呼び起こすことで、気がつきました。

保険会社の方とはもともと知り合いのつてで知り合い、車の保険に加入しておりました。事故後は事故の詳細を鮮明にレポートしたものを渡して、調査していただきました。

交通事故は警察官の立会いの上示談へ

警察の事故現場検証の際、私と相手の勤務先が地元で有名なブランドの会社だったため、警察官との話し合いの上示談となりました。相手側の過失は明らかなものだったため、事故対応後のやり取りは保険会社にお願いして無事に示談が成立し、解決に至ったわけです。しかしながら、相手側は加入保険に加わっていなかったため、示談金を支払うということに対して合意していただけない状態であり、和解交渉は難航しましたが、こちらの被害状況と相手の飲酒などの過失要因もあり、無事和解できるように説得され、相手側も納得されたようです。

交通事故後は警察官を介し示談をしたので、治療を優先し弁護士に依頼はせず

弁護士に依頼しなかったのは、警察官介入の上の示談解決であったため、弁護士に相談するという考えが浮かばなかったことと、深夜での事故だったため、現場検証の際にわざわざ救急車から降ろされた身としては、早く病院に行きたかったという心情もありました。加入していた保険会社の方に相談して、あとはこちらで引き受けるということでしたので、特に弁護士に相談という考えには及びませんでした。保険会社の方の示談交渉の話し合いはスムーズに運んでいたとの連絡も受けていたため特に気にすることなく、任せることが出来ました。
結果的には50万円ほどの和解金が入り、新しい車を購入することが出来ました。ただ、月25000円と保険加入の金額が大きく、月々の出費が苦しかったため、今後継続して加入することはありませんでした。

弁護士に示談交渉を依頼すればよかったと後悔

事故から少したって、インターネットで色々交通事故の事を調べてみると、交通事故でも弁護士に依頼するということは意外と一般的な事だったり、弁護士に依頼すれば、保険会社に依頼するよりも慰謝料を増額できた事を知り、後悔しました。

今考えると私の場合は警察官が介入しての示談解決でしたが、それも一般的ではないことも後々発覚しました。
今は、弁護士に依頼しなかったことを後悔しています。もし、これから交通事故にあわれる方に何かアドバイスできるとしたら、まず弁護士に相談してみるという事をおすすめします。
相談だけなら無料で行えるし、何より専門知識がある方にきちんと調べてもらったほうが、慰謝料も増額できる可能性が高いためです。

皆さんが正当な慰謝料を受け取ることができるように、祈っております。


交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-660-087

関連記事一覧

交通事故の裁判の弁護士費用相場は?費用で損しないための3つの方法

交通事故で示談しないとどうなる?被害者が損しないただ1つの選択肢

交通事故の裁判ではどのくらい費用がかかる?裁判で損をしないための方法

目次交通事故で裁判をする時の費用の相場交通事故の裁判は弁護士に依頼する方が費用は安くなるのか交通事故の裁判で過失割合をあろそう場合の注意点 ...

交通事故で裁判を起こした際に和解や解決までにかかる期間とは?

目次交通事故で裁判を起こすメリットと解決するまでにかかる期間交通事故示談で裁判によって解決にかかる期間とは?示談交渉で物損事故として裁判を起 ...

【交通事故】示談金では修理代なしに不満、保険会社と戦いました

「保険会社の対応に納得できない」 交通事故の示談では、乗っ...

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故で依頼すると後悔する弁護士3つの特徴|体験談も掲載
  3. 後遺障害とは?等級認定の流れと等級表でみる1級~14級の認定基準
  4. 【保存版】交通事故の慰謝料相場はいくら?必ずわかる計算方法まとめ
  5. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?

カテゴリ一から探す