2017.11.14 更新

歩行者にも過失が!初めての交通事故を弁護士に依頼した体験談

交通事故示談体験者のプロフィール

ニックネーム やっちまったさん
年齢 30
職業 会社員
当事者/親族 親族
事故時期 2004/6
事故形態 バイク対歩行者
負傷内容 むちうち、内臓破裂、打撲
示談金 30万円ほど
保険会社の対応満足度 ★★★★☆
過失割合 9:1
示談締結までの期間 1年間
症状固定までの通院期間 6か月
弁護士への相談 相談・交渉した

ランニング中の交通事故!初めての事故で弁護士に依頼

夜間ランニングをしていたときでした。左路地から飛び出してきたバイクを避けきれず衝突していました。相手のバイクは大破し、自分もすぐに救急車で病院へ運ばれました。緊急手術が行われ、3週間ほど入院。その後も1ヶ月の通院繰り返し、職場からの圧力もあり、完治していない状態で仕事に戻りました。初めての出来事で大変だったのですが、示談交渉もどのようにして進めていけばいいのかわからず困ってしまいました。

バイクのドライバーが任意保険へ加入していないため、示談交渉を勧められました。私の場合、知識や事故の場合の対処の仕方がわからず、親戚の方に間に入っていただき、弁護士さんへの依頼や相談などの対応をしていただきました。いろいろ話し合った結果「過失割合9:1」当然こちらは歩行者ですし、10:0でもいいくらいだと思っていましたが、前方不注意ということの理由で、1の過失となりました。
こればかりはどうすることもできなくやむ得ず合意しました。歩行者の場合でも割合があるのだと痛感させられる出来事でした。

交通事故に強い弁護士に無料相談する

仕方がないと思ってはダメ!弁護士への依頼で正しい過失割合を

歩行者の立場での主張がなかなか通らず、過失割合の交渉に相当な時間と労力を使いました。警察の見解でも歩行者だからと言って、全く非がないわけではないということであり、深夜で暗い道を走るなら、ライトを持参するとか、蛍光色のものを身にまとうなど、曲がり角では一旦停止することの指摘を受けました。怪我をしたのはこっちで、歩行者がいけないのかと思いましたが、交通法的には動いている者同士の場合はこのような判断が下されることが多いようですので、仕方がないと言い聞かせました。弁護士さんなどの対応によって、最終的に過失は相手が9割以上となり、ほぼ全部の負担を補ってもらえることになりました。こちらは3週間のほどの入院と通院を繰り返し、内臓が破裂したことによっての損傷も大きかったので、通院費や入院費、薬代だけでもけっこうな金額だったので、なんとかしてもらいたい一心で弁護士さんに対応をお任せしました。

最終的に示談という結果にはなりましたが、相手の支払い能力などの事情もあり、金銭的な要求ではなく、入院費と破損した衣類やメガネの小物類など、その間の仕事の休業期間などの賃金を合わせて30万円ほどの請求のみさせていただき解決いたしました。私の場合これといった知識がなく突発的に起こった事故だったので、身内の方にお願いしたケースとなりましたが、いざという時の為にも知識は必要だなと改めて感じました。
弁護士費用についての知識は「交通事故の弁護士費用はどのくらい?内訳からデメリットまで全て教えます」で詳しく解説していますので、参考にしてください。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-660-087

関連記事一覧

弁護士費用についてもっと知っておけば良かった!知らないことで後悔した経験

目次娘が車と接触!保険の適用内で手術一時金が弁護士に無料相談!しかし費用はかかるもの 娘が車と接触!保険の適用内で手術一時金が 娘が自転車に ...

後に思い返せば後悔することも。弁護士に依頼した方が良かった事故示談

目次示談交渉を長引かせずに保険会社の提案通りに示談交渉したが素晴らしい弁護士に出会えていたら自己負担を減らせたかもしれない 示談交渉を長引か ...

相手も弁護士を立てることも!示談交渉を依頼して助かった体験談

目次赤信号を横断する小学生をはねてしまった。相手側にも弁護士が!弁護士にも依頼することで交渉に成功 赤信号を横断する小学生をはねてしまった。 ...

示談でおかしな過失割合を主張されるも、弁護士が対応してくれた体験談

交通事故の示談において、争点となりやすいポイントが「過失割合」です。事故被害者・加害者の中には、少しでも自分自身に有利な状況を作れるように、事実と異なる発言をしたり相手からの主張を受け容れなかったりす...

交通事故にあい弁護士に相談したが費用倒れに・・そうなる前に早めのチェックを!

目次そもそも費用倒れとは?費用倒れになることを防ぐための方法 そもそも費用倒れとは? 費用倒れとは賠償を請求したために逆に損をしてしまうこと ...

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故の慰謝料の相場を徹底解説|適切な金額を得るためには
  3. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?
  4. 交通事故で弁護士特約を使わないと300万円の損|使い方を徹底解説
  5. 誰でもわかる慰謝料計算機|交通事故の慰謝料を計算機でラクラク計算

カテゴリ一から探す