2019.1.17 更新

知人に示談交渉のエキスパートがいたことで弁護士に依頼せずに示談交渉

交通事故示談体験者のプロフィール

ニックネーム そらまめ
年齢 38
職業 印刷、デザイン業
当事者/親族 当事者
事故時期 2004/11/25
事故形態 車対車
負傷内容 むちうち、腰痛
示談金 250万円
保険会社の対応満足度 ★★★★☆
過失割合 8:2
示談締結までの期間 1年半
症状固定までの通院期間 6ヶ月/td>
弁護士への相談 しなかった

初心者マークの車と接触事故!相手に反省の色はなく

出勤途中のこと。その日は雨が降っていました。片側2車線の左車線を走行中の時、コンビニから一台の初心者マークをつけた車が反対車線に強引にいこうとした時に私と接触した事故でした。私は前方がへこんでボンネットからモクモクと煙をはく車をコンビニの駐車場に止めながら警察と保険会社、親へと順に連絡して現場へ着てもらうように依頼しました。

初心者マークのドライバーの反省の無さにイライラしながら現場へ来た警察官、私の任意保険の担当者には状況を細かく説明し自分の言い分を伝えました。警察官も保険会社もお互い動いていれば過失はつくことを説明していく中で制限速度を守っていながら突然前方を塞いだ車を避けることができたかどうかを自分の主張としてしっかりと伝えました。それでもお互い車が動いていれば過失はあるといった言葉に対しても納得できずにいました。

そして私は担当した警察官と保険会社にその後も自分の主張をしっかりと伝えた結果、過失分2が発生するも実際は避けることが出来ない事故として警察官は反省しない加害者やその家族への注意をしてもらい、また保険会社からもしっかりと治療を受けさせていただきました。

友人に示談交渉のエキスパートが!泣き寝入りせずに示談成立

私の母の上司が交通事故の示談交渉を行うエキスパートだったので、母がその方に相談しました。

その方は公務員を退職後、保険会社の対応へ不満をもちその対応によって十分に保証されるようにと独学で保険の勉強をし、私がお会いした時には、保険会社がこのひとには関わりたくないと思わせるくらいの人でした。保険のことは自動車業界に勤めていた頃に勉強していた知識はありましたが、それでは不十分で絶対といっていいほど保険の仕組みには抜け道があり保険会社が大きく損しないように作られているというのはその方から教わりました。保険をしっかりと勉強して利用できることはしっかり利用する。それによって保証を最大限活かし泣き寝入りをせずに対応してもらうことができました。もし、この方に出会うことなく保険会社の言うがままだったら示談金は半分も行かなかったと思います。

ただ、この方にあったのは事故発生から半年以上経っていたこと。それによって治療という部分で少し損をしました。事故は医者や治療院にとってお金になりますが、先生によってはしっかりとした診断をしてくれず、「ただ毎日通いなさい」、そうすればうちの病院にお金が落ちるとしか思わないということです。

私はこの方に出会い病院を変え、しっかりと診断してもらい治療を受けました。その結果手のしびれなども無くなり示談金もしっかりいただいくことができました。早い相談で保証を受け治療を受けられる。それが一番被害者にとって大切なことです。

関連記事一覧

交通事故の体験談|サービスエリアで追突事故!保険会社が親切で不満のない示談に

交通事故の体験談|信号停止中に後ろから追突。後遺障害等級認定申請も1人で行ったけど…

交通事故の体験談|雨の日のバイク事故。相手が弁護士を出してきたので私も依頼した結果…

交通事故の体験談|母が起こした事故、弁護士先生のおかげで無事に終わりました

交通事故の体験談|相手が点滅信号を無視。過失割合を10対0に変更できた話

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故で依頼すると後悔する弁護士3つの特徴|体験談も掲載
  3. 後遺障害とは?等級認定の流れと等級表でみる1級~14級の認定基準
  4. 【保存版】交通事故の慰謝料相場はいくら?必ずわかる計算方法まとめ
  5. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?

カテゴリ一から探す