2017.10.10 更新

弁護士に依頼するには費用がかかる!費用に見合った効果や利点があれば依頼を

交通事故示談体験者のプロフィール

ニックネーム 小林まさこ
年齢 28
職業 製造業
当事者/親族 当事者
事故時期 2010/9
事故形態 車対車
負傷内容 むちうち
示談金 45,000円
保険会社の対応満足度 ★★★★★
過失割合 10:0
示談締結までの期間 6か月
症状固定までの通院期間 3か月
弁護士への相談 しなかった

自分が起こした追突事故!相手の廃車費用は自腹で支払いました

後ろから追突してしまい、相手の無事を確認し声をかけた後、保険会社に連絡しました。まず警察を呼ぶように言われました。相手の車が動かなくなってしまったので車の修理会社へも連絡しました。警察がきて説明し、保険会社からの連絡が来たので説明を受けました。翌日には菓子折りを持って、相手宅へ出向き、謝罪をしてきました。

相手の車が、自動車保険の切れる寸前でおそらく廃車にする予定であったような程度であったため、補償金額が少なかったようです。壊したものの元々の価値を査定し、それ以上の額は保険会社からは出せないという事でした。申し訳ないけれどもと謝られましたが、困惑しました。でも自分が100パーセント悪い追突なのに、相手に支払わせるのは自分で納得がいかなかったので、廃車にする分の費用は私が自腹で支払いました。
医者にかかった分の費用などは保険会社で支払っていました。助かったのは、先方とのやり取りについて、プロらしく穏便に話を進めてくれ、アドバイスされたことで心強かったです。

穏便に済ませるために弁護士には依頼しないことに

最初から、弁護士をお願いしようという考えは浮かびませんでした。ケガは追突時の衝撃で打ち身状態になってしまいましたが、すぐに軽症であると連絡してもらったりと、すぐ収まりそうだったからです。相手の方が、一般の主婦の方で話も穏便に進められたし、すぐに許していただけたことも大きいです。お歳暮を贈っても、「もう気にしないでください」などと言ってもらったくらいなので、本当に良い人が相手だったと思います。ただ、申し訳ない気持ちは大きかったし、事故を起こしたことで落ち込んでもいたので、支えになってもらえる弁護士さんがいればもっと心強かったかもしれません。

でもお金もかかりそうですし、それに見合った効果や利点が明確であれば弁護士を雇うのも良いと思います。自身がけがなどで身動きが取れない状態でも相手に謝罪などを後回しにする訳にはいきません、保険会社との相談のうえで信頼できる弁護士を雇うことは解決に向けての早道かもしれません。

会社の重役さんでもないと、なかなか日常生活の中で弁護士さんとのかかわりはないと思います、よっぽど大事故でない限り弁護士さんとの縁はないかもしれません。ですが、今回のことで業者さんのサポートもとても必要なことで、自動車保険の重要性や、弁護士さんが必要になることもありえるという事を知りました。安全運転を心がけて事故に合わないようにしていきたいです。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-660-087

関連記事一覧

年間4万円もお得に?損保ジャパンの交通事故保険料を安くする方法

目次事故内容で異なる保険料や等級の変化1等級ダウン事故とは?ノーカウント事故とは?事故有係数適用期間とは?等級に対する割引率について変化する ...

三井ダイレクト損保の事故対応は良い?悪い?口コミを元に徹底調査

目次修理費の支払いは迅速か?事故直後からの被害者側への対応話がこじれるのはよくあること?示談交渉時の話し合い示談金はどれぐらい?示談交渉が全 ...

交通事故で示談しないとどうなる?被害者が損しないただ1つの選択肢

【交通事故】示談金では修理代なしに不満、保険会社と戦いました

「保険会社の対応に納得できない」 交通事故の示談では、乗っ...

交通事故の裁判の弁護士費用相場は?費用で損しないための3つの方法

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故で依頼すると後悔する弁護士3つの特徴|体験談も掲載
  3. 後遺障害とは?等級認定の流れと等級表でみる1級~14級の認定基準
  4. 【保存版】交通事故の慰謝料相場はいくら?必ずわかる計算方法まとめ
  5. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?

カテゴリ一から探す