2018.10.11 更新

相手からの提案で過失割合が10:0に!手続きや謝罪をしてくれれば保険会社に一任を

交通事故示談体験者のプロフィール

ニックネーム みらい
年齢 30歳
職業 専業主婦
当事者/親族 当事者
事故時期 2007/3
事故形態 車対バイク
負傷内容 むち打ち、腰痛
示談金 80万
保険会社の対応満足度 ★★★★★
過失割合 10:0
示談締結までの期間 1年程度
症状固定までの通院期間 9ヶ月
弁護士への相談 しなかった

車との接触事故で転倒!むちうちに

当時飲食店で仕事をしており終電後の帰宅になることも多く、バイク通勤をしていました。ある夜、商用車が停車しようと急に左に寄ってきて、バイクに乗っていた私を認識できずぶつかってしまいました。幸い私もスピードが出ておらず、相手の車のウインカーを見て徐行程度まで速度を落とすことができていたのですが、最終的にはぶつかって押されるように転んでしまいました。相手は上司から着信があったために停車しようとしており、その場でそのまま上司の判断を仰いでいました。

警察を呼び、私には救急車をと言ってくれていたのですが、私は元気だったので連絡先を聞いて後はまかせて帰りました。

翌日になると体が痛くなってきて、結局受診をし、むち打ちと診断されました。受診直前に昨日聞いた電話に連絡しておいたら、連絡後には保険の担当者が病院に来てくれており対応をしてくれました。

その日の会計から保険会社が担当してくれ、私は立て替えたこともありません。病院とも密に連絡を取っていたようですし、私にも状況や体調の確認のため何度も連絡をくれました。そして事故の2週間後に出社の許可が下りた際は、今後の流れを簡単に説明してくれてとても安心しました。

相手からの提案で過失割合は10:0に

最初に病院で顔を合わせた時点で「こちらが全面的に悪いと思っています。10:0で対応をさせていただくので保険会社や弁護士へ連絡しないでいただけませんか?」と言われました。最初はそんなこと言われて不安になりましたが、自分の体調も悪く頼める人を探したり、その手配をする気力がなかったので、そのまま従いました。

細かい説明もきちんとしていただきましたし、連絡も頻繁にいただいていたので問題なかったのですが、もしあまり連絡がなければ不安になっていたことと思います。また、かなり早い段階で欠勤した分の給料を全額補償をすること、医療費の負担、一般的な慰謝料の計算方法に則った慰謝料の金額等を具体的に提示してくれたので良かったです。知人からは自分も代理人を立てればもっともらえるかもしれないのに、とも言われましたが、最初に提示された金額に不満はなく、間に人が入ればより面倒になると考えたため代理人を立てることはしませんでした。実際には治療が長期に渡ったため最初に提示された額よりも高額の慰謝料になりました。

書類も給料保障のための書類のみ自分で用意せねばなりませんでしたが、会社に頼めばやってくれるものだったので特に大変な思いもしていません。支払いも全て終わった後に「最後の挨拶に」と顔を見せに来てくれました。その時に最初の受診時に病院まできて謝罪や手続きをしてくれなければ代理人を立てることを考えただろうということです。そう思うと相手がたの方が一枚上手だったのだろうと思います。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

天音総合法律事務所

0120-335-035

ご相談の前に


以下の件についてはご相談やご依頼をお断りさせて頂いております。
  • 事故の加害者側
  • 物損事故(お怪我のない方)
  • 自損事故
  • 他事務所依頼中
  • 事故と関係ないご質問、ご依頼

天音総合法律事務所なら弁護士に依頼する際に弁護士特約を使えます

関連記事一覧

交通事故で過失ゼロなのに被害者が示談で損する?交渉での注意点2つ

「自分に過失は無いのに加害者に不当な主張をされた」 「相手の保険会社の態度に納...

交通事故の示談は症状固定以降で!保険会社からの催促を断り続けた体験談

交通事故の直後から、保険会社から「示談をしませんか?」と進められることは少なくありません。しかし、示談交渉の開始は必ず症状固定以降に行う必要があります。今回は、相手方保険会社から入院直後に示談を進めら...

自分の過失がゼロ!相手に全ての過失がある場合の事故示談

目次暗い夜道での追突事故全ての過失が相手に!結果が明らかだった 暗い夜道での追突事故 夜7時くらいに友達の家に自転車で向かう途中、いつもの道 ...

相手の優しさで示談金ゼロ!気が緩んで起こしてしまった交通事故

交通事故における示談交渉では、多くのケースで弁護士に依頼をして行われます。 弁護士に依頼することにはメリット・デメリットがあります。 しかし、弁護士に依頼するのではない示談交渉もあるようです。 ...

自分の過失割合の方が高いことが判明!示談交渉する時に気をつけておきたいこと

交通事故の示談交渉において、最大の争点となるのが「過失割合」です。 なぜか?この過失割合によって、損害賠償金額が変わってくるのです。 そのため、加害者が事実とは異なる証言をし、自分の過失割合を低く...

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故で依頼すると後悔する弁護士3つの特徴|体験談も掲載
  3. 後遺障害とは?等級認定の流れと等級表でみる1級~14級の認定基準
  4. 【保存版】交通事故の慰謝料相場はいくら?必ずわかる計算方法まとめ
  5. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?

カテゴリ一から探す