2018.9.11 更新

相手も弁護士を立てることも!示談交渉を依頼して助かった体験談

交通事故示談体験者のプロフィール

ニックネーム ゆかり
年齢 24歳
職業 会社員
当事者/親族 当事者
事故時期 2012/2
事故形態 車対歩行者
負傷内容 むちうち
示談金 30万円
保険会社の対応満足度 ★★☆☆☆
過失割合 6:3
示談締結までの期間 3カ月
症状固定までの通院期間 1カ月
弁護士への相談 相談・交渉した

赤信号を横断する小学生をはねてしまった。

休日に運転しているときでした。スーパーで買い物を済ませ、いつも通りの道を帰っていました。特に事故を起こしたこともありませんでしたし、いつも通り運転していると赤信号で横断している小学生と接触してしまいました。てっきり止まるものだと思っていた私は、とっさに急ブレーキをかけましたが、後の祭りで気づいた頃には小学生をはねていました。

私も急ブレーキをかけたせいか、むち打ちになってしまい、完治するまでに1ヶ月かかってしまったのです。完治してから、示談交渉になりましたが、過失の割合の話になったときに、どうなるか不安でした。赤信号で横断していたとはいえ、対歩行者をはねてしまったという事実から、確実に私が悪いものだと思っていました。

保険会社の人と相談した結果、過失の割合は5:5で話は進んでいたのです。あまりにも納得のいかない結果だったので、苦言を呈していましたが、相手も弁護士を雇っていたので、こちら側が強く出るのは難しかったです。

相手側にも弁護士が!弁護士にも依頼することで交渉に成功

状況が状況だったということもあって、弁護士に相談して交渉を依頼してみることにしました。きっかけとなったのは、相手が弁護士を雇っていたからです。私にも非がありましたが、相手が信号無視をしなければ発生する事故ではなかったので、5:5の割合になるのはどうしてもおかしいと思っていました。また、私も素人で法律のことはわかりませんし、対弁護士を相手にしてみるとやはり萎縮してしまうこともありました。

弁護士を依頼してよかったと思ったことは、まず状況を正しく整理してもらえたということですね。当時の状況を振り返ってみると、いくつか相違点がありその相違点によって過失がかわってくるとのことでした。私は、完全に歩行者が赤信号ということがわかっていて発進したのですが、相手の言い分からすると、点滅信号でわたってしまったとのことでした。掘り下げてみると、それが嘘の発言だと言うことがわかり、相手に対して過失の割合がかわりました。交渉の結果、5:5から6:4までこちら側の負担を減らしてくれたので、そういう意味では弁護士に相談してよかったと思いました。

悪かった点は、相手の弁護士の発言に萎縮していたところです。最終的には過失を減らしてくれたので結果オーライでしたが、相手の発言に左右されてより負担しなければならない状況になるところでした。さすがに、仕事を任せられている以上自信を持って行ってほしいものです。


交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-660-087

関連記事一覧

弁護士特約とは?交通事故の被害者が知らないと損する正しい使い方

司法書士では損?交通事故の示談交渉を弁護士に相談すべき理由

信号無視の事故なのに、自分の過失が3も!納得がいかないので弁護士に相談して事故示談

目次信号無視の事故なのに自分にも過失があるという結果に弁護士に相談した結果、交渉もしてくれることに 信号無視の事故なのに自分にも過失があると ...

弁護士特約は家族が別居していても適用される|その範囲と条件は?

交通事故で弁護士に依頼するベストタイミングは?失敗しない相談方法

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故で依頼すると後悔する弁護士3つの特徴|体験談も掲載
  3. 後遺障害とは?等級認定の流れと等級表でみる1級~14級の認定基準
  4. 【保存版】交通事故の慰謝料相場はいくら?必ずわかる計算方法まとめ
  5. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?

カテゴリ一から探す