2017.11.14 更新

保険会社以外に示談交渉ができるのは弁護士だけ!示談を依頼して良かった理由

交通事故示談体験者のプロフィール

事故形態 車対車
負傷内容 むち打ち(肩、首)
示談金 200万円
保険会社の対応満足度 ★☆☆☆☆
過失割合 10対0
示談締結までの期間 11ヶ月
症状固定までの通院期間 3ヶ月、その後リハビリ6ヶ月
弁護士への相談 相談・交渉した

信号待ちの追突事故!耳を疑った保険会社の言葉

信号待ちで停車中に後続車に追突されました。居眠りをしていたようで、こちらはリアバンパーがとれてしまっていて、相手の車はラジエーターが漏れていて自走不可能でした。

後日相手の任意保険会社から連絡がきましたが、その言葉に耳を疑いました。「病院に行くのはかまいませんが、保険料そんなに出せないので、自分の健康保険を使って治療費を安く上げてください」と言われました。私は同乗者でしたが、肩と首が痛かったので病院に行きました。レントゲンの結果ストレートネック、むち打ちの影響で首の骨が真っ直ぐになっていました。そのことを保険会社にいいましたが、修理に出している車両の状況が見せてもらえなかったので、保険が降りるか解らないといわれ、2ヶ月間治療費を立て替えていました。その間に、事故の当事者が自宅まで来て治療費や修理等出しますので、人身から物損にしてほしいと言いに来ました。その後、保険が降りないとの回答だったので、事故の相手の方に保証してくれる様に連絡しましたが、所々話が詰まってしまって、明白な回答が得られないまま3ヶ月が過ぎ、立て替える金額も多額になってきたため、弁護士示談交渉の代行をお願いしました。

面倒になると思い、弁護士に依頼

相手方は営業車での事故を起こしてしまい、会社を設立したばかりで、業務実績や勤務状態に支障を出したくないという相手側の都合で、個人間での示談交渉に応じようとしませんでしたので、個人的に催促するには、精神的にも肉体的にも限界がありましたので、弁護士の方に代行していただき、非常に助かりました。このような場合、個人的に法律等の知識が薄い者同士で、話し合いをしても結論は出にくいと思うので、弁護士にお願いするのが最適だったと思います。

悪い点に関しては、謝罪に来たときに話した言葉や、事故直後の事に関しましても、弁護士の人が立ち会ってた訳ではないので、あくまでこちら側の話を元に情報を集めて、請求額をきめていくしかないので、証拠という面で薄くなってしまうと、裁判をしても交渉をしても、しらを切られてしまうと立証するのが難しくなってしまう点です。自賠責はもちろん降りますが、自賠責の120万円という慰謝料の上限を超えてしまった場合、どこまで相手方に請求するかなど、任意保険会社との示談交渉とは違った意味で難しくなるので、弁護士の方の理解力や想像力、交渉力を当てにするしかない不確定さが難点といえます。

こういった場合に、任意保険会社が出てこない事があるなんて初めて知りました。その時に保険会社以外で、示談交渉ができるのは弁護士だけなので結果的には弁護士の方にお願いするのが良いのではないかと思います。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-660-087

関連記事一覧

弁護士特約とは?交通事故の被害者が知らないと損する正しい使い方

司法書士では損?交通事故の示談交渉を弁護士に相談すべき理由

信号無視の事故なのに、自分の過失が3も!納得がいかないので弁護士に相談して事故示談

目次信号無視の事故なのに自分にも過失があるという結果に弁護士に相談した結果、交渉もしてくれることに 信号無視の事故なのに自分にも過失があると ...

弁護士特約は家族が別居していても適用される|その範囲と条件は?

交通事故で弁護士に依頼するベストタイミングは?失敗しない相談方法

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故で依頼すると後悔する弁護士3つの特徴|体験談も掲載
  3. 後遺障害とは?等級認定の流れと等級表でみる1級~14級の認定基準
  4. 【保存版】交通事故の慰謝料相場はいくら?必ずわかる計算方法まとめ
  5. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?

カテゴリ一から探す