2017.11.14 更新

一時不停止に飲酒運転!早めに解決したかったら弁護士による示談代行を

交通事故示談体験者のプロフィール

事故形態 車対歩行者
負傷内容 骨折(手首)、頭蓋骨剥離、尾てい骨損傷
示談金 120万円
保険会社の対応満足度 ★★★★★
過失割合 10:0
示談締結までの期間 1年2ヶ月
症状固定までの通院期間 7ヶ月
弁護士への相談 しなかった

相手の一時不停止ではねられました。しかも飲酒運転!

買い物をし終えて帰っている途中の出来事でした。そのときは、深夜だということもあって点滅信号になっていました。赤の点滅信号であれば、一時停止をしてから横断しなければなりませんが、一時停止をせずにそのままのスピードで来た車にはねられてしまいました。相手は、ライトもつけておらず40kmは出ていたと聞きました。というのも、はねられてからは記憶が全くなくしばらく集中治療室にいました。

示談交渉をしたいと思いましたが、あまりにも症状が酷かったので、少し症状が落ち着いてから示談交渉になりました。保険会社の人が、個人で動いてくれていましたが、私を交えて話をしないと過失の割合を決めることができないということもあって、症状が固定するまで待つことにしました。

相手は、飲酒運転をしておりはねてしまったこともあって、最終的な過失の割合は10:0になりました。これは、交渉するまでもなくどう考えても私に非がなかったので当たり前の結果と言えます。

本音としては示談を代行して欲しかった

話がこじれそうだと思っていましたが、案の定すんなり交渉することができましたから、弁護士に相談はしませんでした。というのも、保険会社の人と相談しただけても、私に非がないことが明確でしたし、雇ったところで結果は見えていたので依頼する必要がありませんでした。

しかし、あまりにも交通事故の代償が大きく、状態が悪化していたので示談交渉をするまでに時間がかかりました。私も、この一件に関しては、早めに解決したいということもあったので、誰かに代行してもらって話を進めてほしかったのが本音です。しかし、そこで弁護士を雇うとなると、依頼費用がかかってしまいますし、ただでさえ入院費等でお金がかかっている状態でしたので、そこまで余裕がありませんでした。また、結果として保険会社の人が全て手続きを行ってくれましたし、相談から代行まで全て行ってくれたので、必要ありませんでした。

雇った方がよかったと思ったこともあり、やはり飲酒運転とはいえ相手も過失の割合について異議申し立てをすることもありました。確かに、相手が悪いことは明確でしたが、私に対して支払う示談金の額がかなり大きいものでしたので、全て負担することに違和感を覚えたのでしょう。こうなったときは、保険会社の人だけでは対応することもできませんでしたし、弁護士を交えて話をしようということになりました。ですが、あまりにも不毛なやりとりでしたのでやめました。

私の場合は弁護士特約を任意保険に付けていなかったので、弁護士はやめましたが、弁護士特約を付けていれば、保険会社が300万まで、弁護士費用を負担してくれるそうなので、弁護士を利用していたと思います。弁護士特約について詳しく知りたい場合は「弁護士特約の適用範囲、使い方は?」を参考にしてください。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-660-087

関連記事一覧

弁護士特約とは?交通事故の被害者が知らないと損する正しい使い方

司法書士では損?交通事故の示談交渉を弁護士に相談すべき理由

信号無視の事故なのに、自分の過失が3も!納得がいかないので弁護士に相談して事故示談

目次信号無視の事故なのに自分にも過失があるという結果に弁護士に相談した結果、交渉もしてくれることに 信号無視の事故なのに自分にも過失があると ...

弁護士特約は家族が別居していても適用される|その範囲と条件は?

交通事故で弁護士に依頼するベストタイミングは?失敗しない相談方法

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故で依頼すると後悔する弁護士3つの特徴|体験談も掲載
  3. 後遺障害とは?等級認定の流れと等級表でみる1級~14級の認定基準
  4. 【保存版】交通事故の慰謝料相場はいくら?必ずわかる計算方法まとめ
  5. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?

カテゴリ一から探す