2017.11.14 更新

ツーリング中にスリップ事故!示談金交渉に困ったらすぐに弁護士に相談を

交通事故示談体験者のプロフィール

事故形態 バイク対バイク
負傷内容 骨折(手首)、骨折(足)
示談金 30万円
保険会社の対応満足度 ★★★★☆
過失割合 6:4
示談締結までの期間 1年3ヶ月
症状固定までの通院期間 4ヶ月
弁護士への相談 相談・交渉した

ツーリング中に転倒し衝突!示談までに4ヶ月かかりました

私は、ツーリングが趣味で休日になるとバイクで出かけることが多かったです。友人とツーリングすることもありましたが、基本は一人で運転することが多く、事故をおこした日も一人で運転していました。

そのときは雨が降っており、いつも以上に運転しにくい環境だと言うことはわかっていました。しかし、免許を取って四年ですから、運転に慣れていたこともあって、スピードを出して運転していたのです。すると、案の定スリップしてしまい対向のバイクに衝突してしまいました。

示談交渉に関しては、私の症状が落ち着いてから行うことにしたのですが、4ヶ月ほどかかってしまいました。示談交渉では、過失の割合を減らすことを考えていました。私がスピードを出しすぎてスリップし、招いた事故ということもあって相手からすると10:0にならないとおかしい事故でした。しかし、あまりにも納得がいかなかったので、最終的には6:4の割合で過失を減らしてもらうことができました。

弁護士に依頼することで過失割合が減りました

状況が状況ということもあって、過失の割合を減らすことは難しいと思っていました。しかし、弁護士に相談することで、少し過失の割合を減らすことができるとのことだったので、相談してみることにしました。

最初は保険会社の人に相談していたのですが、過失の割合を減らすにしてもせいぜい9:1が限界と言われていました。しかし、納得いかないこともあったので、弁護士と相談した方が吉だと思った訳です。

弁護士に相談してよかったと思ったことは、法律のもとで示談金交渉をしてくれたということです。これは、当たり前のことですが、この法律のもとでというのがポイントで、過失を少なくするポイントの一つでした。事故当日は、雨が降っていたこともあって滑りやすい環境にありました。それで招いた事故であり、法定速度に関しても遵守していたこともあって、いわば自然が招く事故だった訳です。そうなると、私だけの問題でもなくなり、相手も事故を防ぐことができたと判断できました。そして、交渉が進んでいくにつれて、過失の割合は6:4まで減らすことができたのです。

悪いと思った点は、依頼費用の高さですね。これは、交通事故専門の弁護士に相談を依頼したことが理由でしたが、確実に過失を少なくしてくれるということもあって依頼した訳で、仕方のないことでした。それ以外は、特に気になりませんでしたが、少しこの案件に関してやる気がなかったようにも思えました。
弁護士費用については詳しく解説している記事があります。「交通事故のときの弁護士費用はいくらかかるの?弁護士特約や相場について徹底解説」をぜひ参考してください。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-660-087

関連記事一覧

交通事故の弁護士費用を抑える2つの方法|被害者は知らないと損です

交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方

交通事故で弁護士に依頼するベストタイミングは?失敗しない相談方法

司法書士では損?交通事故の示談交渉を弁護士に相談すべき理由

知らなきゃ損?東京で交通事故に強いと評判の弁護士を探す6つの方法

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故の慰謝料の相場を徹底解説|適切な金額を必ず得る方法
  3. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?
  4. 弁護士特約とは?交通事故の被害者が知らないと損する正しい使い方
  5. 交通事故の慰謝料計算機|簡単5分で自動計算!受け取るべき金額は?

カテゴリ一から探す