2017.11.14 更新

初めて交通事故に遭った方注意!弁護士に依頼して正しい過失割合を

交通事故示談体験者のプロフィール

事故形態 車対車
負傷内容 むちうち
示談金 375万円
保険会社の対応満足度 ★☆☆☆☆
過失割合 10:0
示談締結までの期間 9ヶ月
症状固定までの通院期間 0ヶ月
弁護士への相談 相談・交渉した

渋滞中の追突事故!示談内容に納得できず

私は友人宅へ向かうため、自家用車を運転していました。途中で渋滞に巻き込まれてしまい、とろとろと進行していました。陸橋の下りに差し掛かり、まだ渋滞が続いていたので、友人に遅れる旨を伝えた瞬間に後ろからドンと追突されてしまいました。私は車をニュートラルに入れ、パーキングブレーキを掛けていたので、前車には追突しませんでした。

相手側が降りてきて謝罪をしてきました。私はぶつかった衝撃で首に痛みを感じましたが、大丈夫ですと返答しました。すぐに警察と救急車が来て事故検証を行いました。渋滞は更に長くなりました。そして私の車はレッカー車で運ばれてしまい、救急隊員の要請通り、病院へ向かいました。私は首を痛めた旨を医者に伝えたところ頚椎捻挫と診断されました。

その後、相手の保険会社から連絡があり、慰謝料を決める為、過失割合を算定しましたと提示されたのが8:2でした。私に過失がある理由はわかりませんでしたが、初めての事故だったので容易に答えてしまいました。
その後、示談内容に納得できなかった私は、友人の勧めにより弁護士を利用することにしました。

過失割合に安易に納得してはダメ!弁護士に依頼して正しい示談を

私は交通事故に関して全くの素人で、あの状況で過失がある理由が分からなく納得出来ていませんでした。その事を弁護士の方に相談したところ、保険会社はなるべくであれば支出を抑える為に口実を見つけて過失を算出すると言われ、保険会社も一企業なのでそうだよなと認識しました。但し、その通り納得しては損をすると言われ、私に一任させてもらえば過失を多く減らすことが出来ると言っていたので、契約することにしました。私は通院と仕事で忙しかったので弁護士に依頼出来て楽になりました。

弁護士の方が、事故の被害状況を細かく整理し、まずは自分の保険に付帯している弁護士特約を使用するように言われたので、保険会社に連絡をして適用されるようになりました。それからむちうちと診断されたため、医者から診断書をもらい後遺障害認定書を作成して発送してくれました。損害賠償請求書を作成してまずは保留。その後、実況見分記録を確認して、資料をまとめ、保険会社に連絡をして示談交渉開始となりました。1時間近く掛かりましたが、無事に私の過失は認められなくなり、相手が過失100%となりました。

保留していた損害賠償請求書を送付し、示談書も作成して発送されました。

それから数ヵ月後に私は通院が終わり、保険金が振り込まれ、弁護士の方に着手金と報酬8%分を支払って完了となりました。トータル的に弁護士に依頼してよかったと思っています。あのまま保険会社のいいなりになっていたら、治療費を含めて赤字になっていたところでした。弁護士特約の事は知りませんでしたが教えてくれましたし、慰謝料も予定より多く貰えたので満足しています。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-660-087

関連記事一覧

弁護士特約とは?交通事故の被害者が知らないと損する正しい使い方

司法書士では損?交通事故の示談交渉を弁護士に相談すべき理由

信号無視の事故なのに、自分の過失が3も!納得がいかないので弁護士に相談して事故示談

目次信号無視の事故なのに自分にも過失があるという結果に弁護士に相談した結果、交渉もしてくれることに 信号無視の事故なのに自分にも過失があると ...

弁護士特約は家族が別居していても適用される|その範囲と条件は?

交通事故で弁護士に依頼するベストタイミングは?失敗しない相談方法

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故で依頼すると後悔する弁護士3つの特徴|体験談も掲載
  3. 後遺障害とは?等級認定の流れと等級表でみる1級~14級の認定基準
  4. 【保存版】交通事故の慰謝料相場はいくら?必ずわかる計算方法まとめ
  5. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?

カテゴリ一から探す