2017.11.14 更新

保険会社の交渉にも限界が!ぜひ専門知識を持った弁護士に依頼を

交通事故示談体験者のプロフィール

事故形態 車対バイク
負傷内容 むちうち、骨折(指)
示談金 20万円
保険会社の対応満足度 ★★★☆☆
過失割合 6:4
示談締結までの期間 1年2ヶ月
症状固定までの通院期間 3ヶ月
弁護士への相談 相談・交渉した

無灯火のバイクと接触!示談成立まで1年かかりました

私は、実家が田舎にあるのですが、実家の回りは一面田んぼが広がっています。また、街頭もなく月明かりが唯一の光といっても過言ではないでしょう。ですので、夜になるとかなり暗くなってしまいます。

いつも通り実家に帰ろうと思ったときに、無灯火のバイクに接触してしまいました。ちょうど右折をするときに、30kmほどのスピードのバイクが近づいていることに気づかず、そのまま曲がってしまったのです。

相手が無灯火ということもあって、保険会社の人に相談したらどちらかというと相手に非があって招いた事故でしたので、過失の割合も少なくすることができるとのことでした。対バイクの事故になってしまうと、どうしても車の方が強いということもあり、多く負担しなければならないという話を聞いていたので安心しました。

示談交渉に関しては、弁護士を立てて話し合いをしたということもあって、少し長引いてしまいました。期間にすると1年ほど長引いてしまい、示談金が成立したのが1年2ヶ月後でしたので、少しかかりすぎな印象がありました。事故示談ではケースによって示談にかかる期間は様々です。

保険会社の交渉では過失割合は下げられない

対バイクということもあり、不明点がいくつかあったので弁護士に相談してみることにしました。まず、相手が無灯火であったことと、法定速度を遵守していなかった点を伝えると、過失を少し下げることができるとのことでした。やはり、こちら側が車ということもあって、少し交渉しないと割合を下げることが難しいとのことだったので、任せてみることにしました。

相談して交渉を代行してよかったと思う点は、専門知識があったので過失の割合を下げることができたことでしょうか。というのも、保険会社の人では、マニュアル通りに進んでおり私の方が多く負担しなければならないということになっていました。割合にすると7:3で負担しなければならないとのことで、無灯火で相手の前方不注意が理由で巻き起こった事故ですので、それは少し納得できませんでした。しかし、弁護士に相談してみると、そうではなく交渉の段階で、6:4で私の負担を激減してくれたのです。

相談して悪かったと思った点は、少し時間がかかりすぎたということでしょう。これは、相手の体の状態にありました。やはり車にはねられたというだけあって、かなり重体で完治するまでに半年ほどかかってしまったのです。その間も交渉にいってくれたのですが、門前払いされることもあり、話になりませんでした。さすがに、請け負った仕事は中途半端にせず、行動してくれましたが、時間がかかってしまいました。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-660-087

関連記事一覧

交通事故の弁護士費用を抑える2つの方法|被害者は知らないと損です

交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方

交通事故で弁護士に依頼するベストタイミングは?失敗しない相談方法

司法書士では損?交通事故の示談交渉を弁護士に相談すべき理由

知らなきゃ損?東京で交通事故に強いと評判の弁護士を探す6つの方法

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故の慰謝料の相場を徹底解説|適切な金額を必ず得る方法
  3. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?
  4. 弁護士特約とは?交通事故の被害者が知らないと損する正しい使い方
  5. 交通事故の慰謝料計算機|簡単5分で自動計算!受け取るべき金額は?

カテゴリ一から探す