2017.11.14 更新

自分の負担が減る!弁護士に依頼して良かった点・悪かった点

交通事故示談体験者のプロフィール

事故形態 車対車
負傷内容 むちうち、骨折(足)
示談金 20万円
保険会社の対応満足度 ★★★☆☆
過失割合 7:3
示談締結までの期間 8ヶ月
症状固定までの通院期間 3ヶ月
弁護士への相談 相談・交渉した

冬の道で接触事故!治療の影響で示談まで3ヶ月かかりました

冬の道を運転するのはあまり好きではなく、山の方に住んでいたのでかなり負担がかかることもありました。

ある日いつも通りの道を帰っていると、霧が深くなってしまい対向車が近づいてきていてもライトをたよりに探すしかありませんでした。

しかし、カーブにさしかかったところで接触事故を起こしてしまいました。最初は、何が起きたのかわかりませんでしたが、気を失っていて気づけば警察がきていました。そこから、病院に運ばれて治療をしてから示談交渉となったわけですが、少し時間がかかってしまいました。私の病体が酷かったことが原因ですが、三ヶ月ほどかかってしまいました。

保険会社の人と相談してみましたが、当時の事故の状況からすると相手の前方不注意ということもあって、私が負担する割合の方が少なくなるとのことでした。しかし、弁護士に相談するまでは5:5になるところで、さすがにそれは納得がいきませんでした。結果として、7:3になったのでよかったですが、少し気になる点ではありました。

弁護士に依頼したことで自分の負担が減らすことができた

事故の状況が状況だったので、弁護士に相談してみることにしました。当時の状況は、天候に左右されていて招いた事故だということもあり、普通の対向車の事故ではありませんでした。それに、相手がスモールライトしかつけておらず、前が見にくかった状況を察するに、私にはあまり非がありませんでした。現場検証の段階では、少し前が見にくいカーブになっているということもあって霧ではなくても、事故が起きやすいと判断されていました。

弁護士に相談してよかったと思う点は、現場検証等全てに参加してくれて、最後まで負担を少なくしてくれた姿勢です。最初は、対向車の事故だったので5:5の割合になるところでした。しかし、天候と相手の整備不良もかねるとそういう話ではなくなってしまいました。相手も弁護士を雇っており、少しでも過失の割合を低くしてくるよう交渉してきましたが、どう考えても低くされる義理はありませんでしたから、最後まで交渉を代行してよかったと思いました。

悪かったと思う点は、思った以上に時間がかかってしまったことでしょうか。これは、相手の弁護士と保険会社ともめたことが原因で、やはり5:5を7:3にするとなると相当な交渉が必要となりますし、かなり厳しかったので時間がかかるのは仕方のないことでしたが、治療費や修理費を全て支払った後に示談金が成立したので、少し遅かったと感じることもありました。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-660-087

関連記事一覧

弁護士特約とは?交通事故の被害者が知らないと損する正しい使い方

司法書士では損?交通事故の示談交渉を弁護士に相談すべき理由

信号無視の事故なのに、自分の過失が3も!納得がいかないので弁護士に相談して事故示談

目次信号無視の事故なのに自分にも過失があるという結果に弁護士に相談した結果、交渉もしてくれることに 信号無視の事故なのに自分にも過失があると ...

弁護士特約は家族が別居していても適用される|その範囲と条件は?

交通事故で弁護士に依頼するベストタイミングは?失敗しない相談方法

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故で依頼すると後悔する弁護士3つの特徴|体験談も掲載
  3. 後遺障害とは?等級認定の流れと等級表でみる1級~14級の認定基準
  4. 【保存版】交通事故の慰謝料相場はいくら?必ずわかる計算方法まとめ
  5. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?

カテゴリ一から探す