交通事故専門の弁護士が、あなたの疑問に答えます!

2017.7.26 更新

相手が近所の人だったので弁護士には依頼せず!今思えばすごく後悔しています

交通事故示談体験者のプロフィール

事故形態 車対バイク
負傷内容 相手にすり傷
示談金 治療費、原付バイクの買い換え費等で240万円
保険会社の対応満足度 ★☆☆☆☆
過失割合 9:1
示談締結までの期間 三週間
症状固定までの通院期間 事故当日です
弁護士への相談 しなかった

私の車に驚き転倒!事情聴取で聞いた相手の主張

時速25キロメートル前後のスピードで、私道の坂を原付バイクで右側走行してくる有名なご近所さんがいました。ある日、車庫から出ようとする私の車に驚き、取り乱して転倒。そして…よりによって通り過ぎるのを待つために止まっている私の車にぶつかりました。

「跳ねられた!痛い痛い痛い!足が折れた!身体が動かない!」「死ぬかと思った!救急車を呼んで!」野次馬の中、警察と救急車と職場に連絡し、到着した救急車に自分で乗り込むご近所さんを見送り、警察による事情聴取と現場検証を受けて、任意同行し、保険会社に連絡しました。「警察の過失割合により、示談が決まるので、なんとも言えないです。こちら側が車だから、相手に有利でしょうね。取り合えず今は相手と連絡を取らないでください。」

その後警察から呼び出しを受けて再び事情聴取を受けました。「相手の話と食い違っている。あなたに跳ねられたそうですよ。本当に止まっていたのですか。相手は右側通行でしたか。原付を運転したことがありますか。あなた車だから、もめたら怖いですよ。」

結局相手の話が通り、保険会社は「本当は10:0だったんですよ。かなり頑張りました。」とのことでした。

事故後の相手の主張と保険会社の応対

ちょっとした交通事故で弁護士を頼むなんて、大げさだと言われそうだし、相手もご近所さんだから今後のおつきあいもあるし、まさか変に騒ぎ立てたりしないだろうと安易に考え、警察に任せていればいいと思い、弁護士は頼みませんでした。

すると相手が弁護士をたて、示談まで3ヶ月かかりました。警察署では、反省文を書かされ、内容が承諾されるまでは受け取ってもらえず、一組の机と椅子が中央に配置された個室に入り、警察官が見ている中で何度も書き直しました。反省文だから自分の反省を表現しないといけない、相手に反省を伝えないといけない等、指導を受けました。もう帰るためにはどうすべきか…。

その後保険会社さんから連絡があり、「反省文書きましたか?なんで書いたんですか。誠意を表現するために書きませんかと言われたでしょう。任意なんですよ。断れるんですよ。」もう何が何だか、世の中を痛感した日でした。過失割合が決定したので、車を修理に出すため、再び車のメーカーさんに持って行くと、そこでまた一言。「これで本当に9:1?向こうから滑り込んでる傷しかありませんけど。」もう保険会社同士で話は済んでおり、どうにもなりませんでした。

ご近所さんの所に御見舞いに行き、話を聞くと「事故による身体的損害(すり傷)の治療費、自宅療養にかかる費用、事故による精神的苦痛と今後運転する事へのトラウマへの保障、事故により原付バイクが破損したため職場に行けず休みを余儀なくされた給料の保障、新しい原付バイクの購入費、加入する保険額の費用、隣近所からの風評被害による名誉毀損罪…」等、要求は止まりませんでした。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-660-087

関連記事一覧

交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方

交通事故に強く、評判の良い弁護士事務所って、どうやって選べばいいの?

弁護士費用についてもっと知っておけば良かった!知らないことで後悔した経験

目次娘が車と接触!保険の適用内で手術一時金が弁護士に無料相談!しかし費用はかかるもの 娘が車と接触!保険の適用内で手術一時金が 娘が自転車に ...

後に思い返せば後悔することも。弁護士に依頼した方が良かった事故示談

目次示談交渉を長引かせずに保険会社の提案通りに示談交渉したが素晴らしい弁護士に出会えていたら自己負担を減らせたかもしれない 示談交渉を長引か ...

相手も弁護士を立てることも!示談交渉を依頼して助かった体験談

目次赤信号を横断する小学生をはねてしまった。相手側にも弁護士が!弁護士にも依頼することで交渉に成功 赤信号を横断する小学生をはねてしまった。 ...

示談でおかしな過失割合を主張されるも、弁護士が対応してくれた体験談

交通事故の示談において、争点となりやすいポイントが「過失割合」です。事故被害者・加害者の中には、少しでも自分自身に有利な状況を作れるように、事実と異なる発言をしたり相手からの主張を受け容れなかったりす...

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故の慰謝料の相場を徹底解説|適切な金額を得るためには
  3. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?
  4. 交通事故で弁護士特約を使わないと300万円の損|使い方を徹底解説
  5. 誰でもわかる慰謝料計算機|交通事故の慰謝料を計算機でラクラク計算

カテゴリ一から探す