2018.10.12 更新

物損事故でも注意が必要!相手によっては交渉に違う点もあると感じた事故示談

交通事故示談体験者のプロフィール

事故形態 バイク対バイク
負傷内容 むちうち
示談金 20万円
保険会社の対応満足度 ★★★★☆
過失割合 6:4
示談締結までの期間 2ヶ月
症状固定までの通院期間 事故当日です
弁護士への相談 しなかった

よそ見運転の原付と衝突事故!飲食店で示談交渉

当時、私は原付で交差点付近を走っていました。そして信号が変わり、あわてて急ブレーキをかけたのです。すると後方から来た原付がよそ見をしていたらしく、ブレーキングが遅れ、私の後輪に相手の前輪が接触しました。その衝撃で両者が転倒し、私はむち打ちになりました。原付もミラーの根元が曲がり、カウルのサイドが割れてしまったのでとてもショックでした。

その後、互いの保険会社に連絡し、警察に事故処理をしてもらいました。

後日、保険会社方に電話で詳細を聞かれました。その時は電話だけだったのですが、別の日に委託会社の事故調査スタッフが面談するということを教えてもらいました。それから2週間ほど経過したころ、電話で時間の予約をして近くの飲食店で説明することになったのです。

そこでは具体的に、図を書きながら当時の状況を詳しく話しました。そしてさらに3週間ほど経過したのち、お互いの過失割合が決まり、修理費に関しての示談交渉が始まりました。保険で修理することもできましたが、原付の修理で保険料が高くなることは避けたかったので、私も示談に応じることにしたのです。

物損事故だったので弁護士には依頼せず・・状況が違えば依頼したかもしれない

今回の事故はお互いの身体にはケガがなく、私のむちうちもすぐに治まり、病院に行くほどではありませんでした。したがって、原付の修理代のみの物損事故というカタチになったことが弁護士に相談しなかった一番の理由です。弁護士に相談したり、示談交渉の代行を依頼すると修理費用よりも高くなってしまう可能性があったので、自分で交渉することに決めました。詳しく相談費用を調べたわけではありませんでしたが、これまでに私の家族が事故をした時の交渉も自分でやったので、今回も特に自分で交渉することに違和感を感じませんでした。しかし、それは今回も物損事故だったからなので、もしも人身事故だった場合は弁護士に相談していたかもしれません。

示談交渉は結果的にそこまで話がこじれることはなく、お互いが納得できる結論で示談が終わり、とても安心しました。おそらく物損事故の中でも比較的軽いレベルの事故だったことがその理由です。過失をみても、私の急ブレーキが要因の1つだったこともあり、6;4ではありますが両者にほぼ同じくらいの過失がありました。したがって、お互いが自分の運転に反省していたので、示談交渉をする態度や気持ちも自分よがりにならず、前向きに考えることができました。

物損事故の場合でも、相手によって交渉の状況は大きく変わると思います。最悪の場合、半ば脅しのような交渉をして来た時は、さすがに怖くて弁護士に相談してしまいます。今回はそのような相手ではなかったことが幸いでした。

関連記事一覧

自転車事故の示談交渉|保険未加入での示談書の書き方

交通事故の体験談|こちらは被害者なのに失礼な態度の保険会社担当者に憤慨

目次交通事故示談体験者プロフィール事故の状況|突然相手がバックしてきて衝突相手の保険会社の態度に憤慨!変更してもらう事に弁護士相談は全く思い ...

交通事故の体験談|相手のウィンカー間違いで発生した事故なのに過失が付くのは許せない

交通事故の体験談|相手は高齢者でしかも無保険…休日の渋滞での事故

交通事故の体験談|帰宅中のひき逃げ。相手が非を認めず弁護士依頼し裁判に

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故で依頼すると後悔する弁護士3つの特徴|体験談も掲載
  3. 後遺障害とは?等級認定の流れと等級表でみる1級~14級の認定基準
  4. 【保存版】交通事故の慰謝料相場はいくら?必ずわかる計算方法まとめ
  5. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?

カテゴリ一から探す