2017.11.14 更新

過失割合が高くなることも!相手が弁護士を雇った場合の示談交渉の方法

交通事故示談体験者のプロフィール

事故形態 車対車
負傷内容 むちうち、骨折(手首)
示談金 20万円
保険会社の対応満足度 ★★☆☆☆
過失割合 6:4
示談締結までの期間 8ヶ月
症状固定までの通院期間 3ヶ月
弁護士への相談 相談・交渉した

症状固定後の示談交渉!気付いた時には示談金の負担が増えていました

夜の運転は、少し見えにくいということもあって、控えていました。しかし、どうしても運転しなければならない用事があったので、運転することになりました。すると、対向車が近づいているのに気づかずそのまま衝突してしまいました。

かなりの衝撃だったので、気を失ってしまい気づいた頃にはベッドで横になっていたのですが、示談交渉の話は治療が済んでから行わなければならないとのことだったので、治療に専念することになったのです。

症状が固定するまでに、3ヶ月近くかかってしまい、そこから保険会社の人と話を進めて示談交渉をすることになりました。

過失の割合は、7:3で進んでいたという話を聞いて、安心していましたが後日聞いてみると6:4になっており、少し示談金の負担が増えていました。これは、期間が空いてしまったことが原因らしく、相手の弁護士が交渉を重ねて決まった結果でした。さすがに、このことには納得いきませんでしたが、聞いた頃には後の祭りで割合は確定してしまっていたのです。

弁護士に依頼したことで相手が過失割合を下げるのを最小限に

今回の過失の結果には、どうも納得いかないことが多くあったので、弁護士を雇ってまずは相談してみることにしました。

当時の事故の状況はというと、夜道で前が見づらかったこともそうですし、相手が無灯火で運転していたこともあって、余計相手の車が近づいてきているということがわかりませんでした。この時点で、過失の割合は相手が多く負担するということはもう確定していましたが、相手も自分の過失を下げたいという気持ちでいっぱいであり、交渉に交渉を重ねていたのです。

弁護士に相談してよかったと思ったことは、相手の過失の割合を下げられるのを最小限にできたことです。あのまま、雇わないで交渉をしていると、今よりも過失の割合は多くなっていたと思います。というのも、交通事故専門の弁護士から交渉を進められてしまうと、さすがにこちらも言い返すことができませんでした。しかし、弁護士を雇ってからはというと、最小限に負担を少なくしてくれたので、安心できました。

悪かったと思った点は、過失の割り合いを減らせなかったことです。最初は、7:3で話が進んでいたので、安心していましたがそこから示談金が増えてしまいました。この結果に納得がいかなかったので、弁護士に相談してみたのですが、結果として6:4の割合で確定してしまいました。最小限にできたのはよかったことですが、もう少し最後までこの案件に向き合ってほしかったです。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-660-087

関連記事一覧

交通事故の弁護士費用を抑える2つの方法|被害者は知らないと損です

交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方

交通事故で弁護士に依頼するベストタイミングは?失敗しない相談方法

司法書士では損?交通事故の示談交渉を弁護士に相談すべき理由

知らなきゃ損?東京で交通事故に強いと評判の弁護士を探す6つの方法

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故の慰謝料の相場を徹底解説|適切な金額を必ず得る方法
  3. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?
  4. 弁護士特約とは?交通事故の被害者が知らないと損する正しい使い方
  5. 交通事故の慰謝料計算機|簡単5分で自動計算!受け取るべき金額は?

カテゴリ一から探す