2017.11.14 更新

一番のメリット!弁護士に依頼すれば過失割合を減らすことができた話

交通事故示談体験者のプロフィール

事故形態 車対車
負傷内容 骨折(腰)、骨折(足)
示談金 30万円
保険会社の対応満足度 ★★★★☆
過失割合 8:2
示談締結までの期間 7ヶ月
症状固定までの通院期間 3ヶ月
弁護士への相談 相談・交渉した

急ブレーキで衝突事故!保険会社ではできないので弁護士に依頼

自動車同士の事故は、過失の割合が曖昧なことがあります。私もそうでした。車を運転しているときに、後ろから衝突されてしまいました。これは、私が運転しているときに煽られてしまい、あまりにもイライラしたのでブレーキをかけたところ、そのまま衝突されてしまったのです。おかげで、足と腰を骨折してしまい、全治3か月ほどのけがをしてしまいました。示談交渉に関しては、症状が固定してから行わなければならなかったので、骨折を治してから行うことにしました。

まずは保険会社の人と相談をしていたのですが、どうやら状況が状況だったので私が急ブレーキを踏んだと判断され、私の方が多く過失を負担しなければならないという話になっていました。さすがにそれは納得がいきませんでしたし、相手に非があるのでそれを伝えた結果、保険会社ではどうすることもできなかったので、弁護士を雇うことにしました。結果として、過失の割合は8:2で負担を激減させることができました。

弁護士に依頼したことの一番のメリット

あまりにも話が面倒になりそうだったので、弁護士に相談することにしました。弁護士に相談した結果、法律に基づいて様々なことを述べてくれました。当時の状況を整理してみると、どう考えても相手が煽ってこなければ発生しない事故だったということもあって、私に非がないことは明確でした。それに、急ブレーキをかけましたが、相手の前方不注意としてとらえることができたので、特に心配することはありませんでした。

弁護士を雇ってよかったと思ったことは、過失を減らすことができたということでしょうか。これは、一番のメリットとも言えます。当時は、保険会社に相談したところ私の方が多く示談金を支払わなければならないと言われていました。さすがに、この状況でそれはおかしいと思っていましたし、私に示談金を支払うという義理はありませんでした。もう少し考えてほしいと思いましたが、結果弁護士に相談して過失を激減させることができたのでよかったですね。

悪かったと思った点は、かなり時間がかかってしまったことでしょうか。これは、相手の弁護士や保険会社の人と話した結果ですが、相手も過失を少しでも減らしたいという気持ちで、ことあるごとに反論を重ねて話を拗らせていました。8:2の割合にすることができましたが、もう少し交渉を重ねたら過失を減らすことができたのではないかと思いましたが、これ以上時間がかかるのは面倒だったので控えました。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-660-087

関連記事一覧

交通事故の弁護士費用を抑える2つの方法|被害者は知らないと損です

交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方

交通事故で弁護士に依頼するベストタイミングは?失敗しない相談方法

司法書士では損?交通事故の示談交渉を弁護士に相談すべき理由

知らなきゃ損?東京で交通事故に強いと評判の弁護士を探す6つの方法

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故の慰謝料の相場を徹底解説|適切な金額を必ず得る方法
  3. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?
  4. 弁護士特約とは?交通事故の被害者が知らないと損する正しい使い方
  5. 交通事故の慰謝料計算機|簡単5分で自動計算!受け取るべき金額は?

カテゴリ一から探す