2017.11.14 更新

弁護士に依頼したことで最後まで戦えた示談交渉の体験談

交通事故示談体験者のプロフィール

事故形態 車対バイク
負傷内容 骨折(手首)、骨折(腰)、骨折(背中)
示談金 50万円
保険会社の対応満足度 ★★★★★
過失割合 10:0
示談締結までの期間 9ヶ月
症状固定までの通院期間 6ヶ月
弁護士への相談 相談・交渉した

相手にも自分にも非がある事故!納得できる結果に

雨の日にバイクで運転していた時の話です。車も持っていましたが、その時はバイクで運転をしたかったので運転していました。雨の日ということもあって、少し丁寧に運転しており、事故を起こさないように慎重に運転していました。

夜の運転ということもあって、より慎重に運転していたのですが、黄色信号で渡ってくる車にはねられてしまいました。おそらく40kmほどスピードが出ていた車にそのままはねられてしまったので、かなり重症でした、手首を含む三カ所を骨折してしまい、一時は集中治療室に入っていました。

症状がよくなるまで示談交渉はしなかったのですが、保険会社の人が全て進めてくれていました。当時の状況は、私にも非がある事故であり、私も急いで渡ろうとしていたため、少しは非があると思っていました。しかし、過失の結果は10:0で私は示談金を負担しなくてもよかったです。相手も、その状況に納得していたので、私も納得できる結果でした。

弁護士は最後まで戦ってくれました

最初は弁護士に相談しなくてもよいと思っていましたが、相手も異議申し立てがあるようだったので、弁護士を雇って交渉してみることにしました。結果は、変わらないと思っていましたが、相手の弁護士も仕事ですので、少しでも過失を減らそうという気持ちで精一杯だったと思います。

弁護士を雇ってよかったと思ったことは、やはり交渉を最後まで行ってくれたことでしょうか。保険会社の人と相談して、10:0の割合になっていましたが、相手から交渉されることによってその割合が減ってしまうのではないかという気持ちでいっぱいでした。しかし、最後まで相手の保険会社や弁護士と対等に戦ってくれて、割合がかわることもなかったので安心できました。

悪かったと思った点は、今回の案件に関して少しやる気が見られなかったことでしょうか。これは殆ど勝ち戦のような状況であり、既に過失の割合が決まっている為にそうなってしまうのは仕方のないことでした。連絡に関しても、進捗を話す程度でどのような状況になっているか逐一知りたかった私にとっては、少し不満が生まれていました。その他には、依頼費が高かったことでしょうか。割合から察するに、そこまで依頼費を支払わなくてもよいと思っていましたが、交通事故相談の一律の料金で相談することになったので、かなり負担しなければなりませんでした。さすがに納得いきませんでしたが、結果割合を減らせたのでよしとします。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-660-087

関連記事一覧

弁護士特約とは?交通事故の被害者が知らないと損する正しい使い方

司法書士では損?交通事故の示談交渉を弁護士に相談すべき理由

信号無視の事故なのに、自分の過失が3も!納得がいかないので弁護士に相談して事故示談

目次信号無視の事故なのに自分にも過失があるという結果に弁護士に相談した結果、交渉もしてくれることに 信号無視の事故なのに自分にも過失があると ...

弁護士特約は家族が別居していても適用される|その範囲と条件は?

交通事故で弁護士に依頼するベストタイミングは?失敗しない相談方法

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故で依頼すると後悔する弁護士3つの特徴|体験談も掲載
  3. 後遺障害とは?等級認定の流れと等級表でみる1級~14級の認定基準
  4. 【保存版】交通事故の慰謝料相場はいくら?必ずわかる計算方法まとめ
  5. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?

カテゴリ一から探す