2017.11.14 更新

息子が交通事故に!看病するため弁護士には依頼しませんでした

交通事故示談体験者のプロフィール

事故形態 車対車
負傷内容 むちうち
示談金 15万円
保険会社の対応満足度 ★★★☆☆
過失割合 10:0
示談締結までの期間 三ヶ月
症状固定までの通院期間 三ヶ月
弁護士への相談 しなかった

息子が自動車と衝突!保険会社の仲介で示談

息子が自転車に乗っていて起こしてしまった事故です。路肩にとまっていた自動車の横を自転車で通り過ぎようとしていた時に、一瞬よそ見をしていて車のドアが開いていることに気づかず、自転車に乗ったまま車のドアにぶつかりました。息子は、転倒し右腕と右足を骨折しました。相手方が救急車を呼んでくださり病院に運ばれました。息子から連絡があり、保険に加入していたのでわたしがすぐに保険会社に電話をかけました。まず、けがの具合を心配してくださり相手方と連絡を取ります、とおっしゃっていただきました。

次の日、保険会社から電話があり先方と話をつけてくれたようで、車の修理費用の30万円の支払を訴えているとのことでした。もめたくなかったので相手方が提示した30万円を支払いました。よそ見をしていた息子に過失があるのか、車のドアを開けていた先方に過失があるのかわかりませんが、保険会社が間にはいってくれたことによりもめずに済みました。

息子の看病もあったので弁護士に相談する余裕もなく

弁護士に依頼するとなると、手付金や報酬費用など膨大なお金が必要になってくると思ったためです。また弁護依頼をすると協議にはいり、時間がかかってしまいます。時間が経過する際に相手方の考えが変わってきたり、示談金を増額される恐れがあったので弁護士には相談しませんでした。息子がけがをしたので看病があり、弁護士に相談する余裕もありませんでした。幸い息子は、事故などによって負ったけがを保証してくれる保険に加入していたため、入院費や治療費の補てんが受けられることがわかっていたので、こちらからお金を請求する気はありませんでした。なによりも相手方ともめたくないという気持ちが強かったため、保険会社の対応には大変満足しています。こちらからは相手方に謝りの電話を1本かけただけで、他は保険会社が対応してくれました。

今回のように保険会社の早急な対応がなかったり、相手側の示談金が高額なものを提示されていたら弁護士に相談することを考えたかもしれません。息子のけがの状態が落ち着いた後に、弁護士への相談料などを調べると無料で相談にのってくれる事務所などがあることを知りました。息子のけがの完治には約半年かかりましたので、その労力を考えると弁護士に相談してこちらも示談金をもらうべきだったかもしれないと思いました。二度と事故は起こしたくないし、起こしてほしくはないですが弁護士相談料が無料の事務所もあるという知識は知っておくべきでした。

また、費用がない場合でも、弁護士費用特約というものを任意保険に付帯しておくと、保険会社が弁護士費用を、300万円まで負担してくれます。この事故がきっかけで、弁護士特約に加入しようと思いました。弁護士特約に関する知識は必須だと思いました。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-660-087

関連記事一覧

弁護士特約とは?交通事故の被害者が知らないと損する正しい使い方

司法書士では損?交通事故の示談交渉を弁護士に相談すべき理由

信号無視の事故なのに、自分の過失が3も!納得がいかないので弁護士に相談して事故示談

目次信号無視の事故なのに自分にも過失があるという結果に弁護士に相談した結果、交渉もしてくれることに 信号無視の事故なのに自分にも過失があると ...

弁護士特約は家族が別居していても適用される|その範囲と条件は?

交通事故で弁護士に依頼するベストタイミングは?失敗しない相談方法

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故で依頼すると後悔する弁護士3つの特徴|体験談も掲載
  3. 後遺障害とは?等級認定の流れと等級表でみる1級~14級の認定基準
  4. 【保存版】交通事故の慰謝料相場はいくら?必ずわかる計算方法まとめ
  5. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?

カテゴリ一から探す