2017.11.14 更新

弁護士には無料相談できる!プロの交渉人に依頼すれば良かった話

交通事故示談体験者のプロフィール

事故形態 車対車
負傷内容 むちうち
示談金 15万円
保険会社の対応満足度 ★★★☆☆
過失割合 10:0
示談締結までの期間 三ヶ月
症状固定までの通院期間 三ヶ月
弁護士への相談 しなかった

勘違いで衝突!お互いの合意で示談に

数年前に赤信号で停まっていたのですが、他の信号が赤から青に変わったのをみて勘違いしてしまい、ブレーキを外してしまい、前の車に少し衝突してしまったのです。前の車には中年の女性と年配の女性が乗っておられて、年配の方が首の痛みが出たようでした。どこをぶつけたのか分からないくらい古い傷だらけの車だったのですが、やはり少しでも衝撃があったという事で警察の方にみてもらいました。

保険会社の方もそれほど高い修理代でないのなら保険を使わずに示談で終わらせた方が良いという事だったのでお互いの合意の上で示談で済むようにしました。この金額は修理代というよりも、車の破棄代と医療費だったようですが、とりあえず大事にならないようにする為にも金額を話し合ってもらい第三者を通して行うようにしました。怪我もほとんどないようでしたが一時期通院したいという事だったので通院が終わった時に合計して支払いをする事で全てが終わりました。

弁護士には費用がかかるので依頼はせず

弁護士に依頼するとそこでまた費用が発生してしまうので弁護士には依頼はしませんでした。話し合いもスムーズに進んだつもりだったのですが、相手が停車していて一方的にこちらが突っ込んでしまったので全面的にこちらが悪いのですが、支払った金額が妥当かどうかについては不安があります。元々が古い車だったので修理するのではなく、破棄代としての金額を請求されてしまった事と病院に行かれたけど、領収書をみたわけではないのでどの程度行ったのかハッキリしないままなのです。しかし、その時は弁護士に相談してまた費用が発生してしまう事を避けたかったので、出来れば示談でお願いしたいとこちらからお願いしました。弁護士でも無料で相談に乗ってくれるところがあるとは知らずに高いイメージがあったというのもあります。

逆に弁護士などに依頼して反対に相手にもっと高い金額を請求されてこられるのも嫌だったので、出来れば自分達だけで決着をつけたかったからです。しかし、今考えると妥当な金額などはやはりプロである交渉人などに依頼していたら、もっと別のスッキリした解決が出来ていたのかもしれません。話合いといってもほとんどが相手の意見を通してしまい、事故を起こしたとはいえ100パーセントこちらがかぶってしまった事に後悔しています。ちゃんとした書面も書いてないなど素人同士では詰が甘い部分が後から沢山出てきました。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-660-087

関連記事一覧

弁護士特約とは?交通事故の被害者が知らないと損する正しい使い方

司法書士では損?交通事故の示談交渉を弁護士に相談すべき理由

信号無視の事故なのに、自分の過失が3も!納得がいかないので弁護士に相談して事故示談

目次信号無視の事故なのに自分にも過失があるという結果に弁護士に相談した結果、交渉もしてくれることに 信号無視の事故なのに自分にも過失があると ...

弁護士特約は家族が別居していても適用される|その範囲と条件は?

交通事故で弁護士に依頼するベストタイミングは?失敗しない相談方法

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故で依頼すると後悔する弁護士3つの特徴|体験談も掲載
  3. 後遺障害とは?等級認定の流れと等級表でみる1級~14級の認定基準
  4. 【保存版】交通事故の慰謝料相場はいくら?必ずわかる計算方法まとめ
  5. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?

カテゴリ一から探す