2018.1.24 更新

よそ見運転の車と正面衝突!弁護士に依頼するのが得策だと思った示談交渉

交通事故示談体験者のプロフィール

事故形態 車対車
負傷内容 胸の打ち身、首のむちうち
示談金 300万円
保険会社の対応満足度 ★★★★★
過失割合 10:0
示談締結までの期間 5カ月
症状固定までの通院期間 3カ月
弁護士への相談 しなかった

よそ見運転の車と正面衝突!相手は悪いことを認めていました

4年程前に大通りの抜け道である、田んぼの中の一本道を走っていた時です。対向車が携帯電話をしながら、よそ見をしているのが確認出来ました。危ないと気がついた時点で、こちらは停止しましたが、相手はブレーキを踏むこともなく突っ込んできました。正面衝突です。こちらは停止してブレーキを踏んでいたのですが、車は後ろに3メートルほど押し戻されて、自分の車のブレーキ痕が車の前についてました。このことからも相手が100%悪い事があきらかです。

相手は自分が全面的に悪い事を認めてました。加害者の方は会社経営者でしたので、自分の会社で契約している保険会社でした。こちらは保険会社ではなく自分で交渉しました。最初の保険会社の提示は100万でしたが、それではたいした車は購入出来ないと渋っていたところ、加害者の方がこちらの納得いく金額が出るまで粘ってくださいと、こちらの味方側になってくれました。納得いく金額が出なければ、会社の契約を解除するとまで言ってくれました。結局保険会社が根負けした形で300万の提示が出たので、国産車の新車を購入することにして交渉は終わりとなりました。

弁護士に相談できることを知らず・・今回のケースは稀であると思います

弁護士に相談できることはまったく知りませんでした。交通事故は保険会社と保険会社で交渉するものと思っていて、今回は相手の方が真摯に動いてくれて、こちらの意向通りに進むように進めてくれましたので、自分で交渉してしまいました。

しかし、今回のようなケースはまれな事であると思います。相手の方が会社経営者という特殊な立場でしたので、携帯電話をしていてよそ見していたという、おそらく公になっては困る状況であったのではないでしょうか。自分の保身を一番に考えていたと思いますので、お金で解決できるなら、そのほうがいいという考えだったのではないでしょうか。

また、こちらも特に大きな怪我もなかったのが幸いでした。これが後遺症の残るような状況であれば、こちらの気持ちもお金で済む話ではなくなっていたでしょう。そうなるときちんとした弁護士を通して交渉したほうがいいでしょう。

今までは知識がなく、弁護士に相談することを考えた事もありませんでした。周りでも弁護士に相談したと聞いた事はありません。が、よくよく考えてみれば保険に弁護士特約をつけておいて、事故に遭った時は弁護士に依頼するのが一番の得策だと思います。ほとんどの場合が、自分は悪くないのに割合が0にはならず、また車を購入する費用を自分で出す事になったと聞きます。うちのケースは示談の成功ケースですので、まったくの幸運でしょう。ベストな対応は弁護士に相談することをお勧めします。


交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-660-087

関連記事一覧

交通事故の弁護士費用を抑える2つの方法│被害者は知らないと損です

知らなきゃ損?東京で交通事故に強いと評判の弁護士を探す7つの方法

交通事故|弁護士依頼のメリットから絶対失敗しない選び方まで解説

目次交通事故で弁護士に依頼する6つのメリット実は交通事故の弁護士費用はそんなに高くない弁護士費用特約を使えば自己負担がゼロになる失敗しない弁 ...

弁護士特約とは?交通事故の被害者が知らないと損する正しい使い方

司法書士では損?交通事故の示談交渉を弁護士に相談すべき理由

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故で依頼すると後悔する弁護士3つの特徴|体験談も掲載
  3. 後遺障害とは?等級認定の流れと等級表でみる1級~14級の認定基準
  4. 【保存版】交通事故の慰謝料相場はいくら?必ずわかる計算方法まとめ
  5. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?

カテゴリ一から探す