2017.11.14 更新

娘が自動車と衝突!弁護士に依頼したことで主張通りの示談内容に

交通事故示談体験者のプロフィール

事故形態 車対自転車
負傷内容 頸椎捻挫、骨折(手首・足首)、胸部打撲、額に裂傷
示談金 350万円
保険会社の対応満足度 ★★★☆☆
過失割合 8:2
示談締結までの期間 1年2ヶ月
症状固定までの通院期間 6ヶ月
弁護士への相談 相談・交渉した

娘が車と衝突して怪我・・交渉には大きなストレスが

通学に自転車を使用していた娘はその日もいつも通りの道のりを自転車で走行していました。通いなれた道、ほんの少しの気の緩みから、普段は安全を確認してから走行する所を確認せずに直進。その時に通りかかった乗用車と接触し転倒しました。怪我を負い、約1カ月間の入院を送る事になりましたので出場予定だったバレーボールの県大会にも出場する事が出来なくなり、本人もとても落ち込んだようです。その後示談交渉をする事となったのですが、それはとても納得のいかない内容で、交渉は大きなストレスとなりました。当方は保険会社が交渉の代理人だったのですが、先方はうちの娘が飛び出したという事で過失割合6:4を主張。それ以上は譲歩できないという強硬な態度で、全く話し合いになりません。もちろん娘が不注意だった部分もあっただろうとは思いますが、先方も住宅街の狭い道路で安全確認が不足したという落ち度はあったはずです。それにも関わらず娘の事をさんざん非難し、とても不愉快な示談交渉で、とても納得できる内容ではありませんでした。

示談内容に納得できず・・弁護士に依頼したことで主張が通りました

どうしても示談の内容に納得できなかった私は弁護士に相談する事にしました。このまま決着をつける気にはどうしてもなれなかったからです。後遺症は残らなかったのでその点だけは本当によかったのですが、当方の代理人もこの条件で決着しようという態度が見え隠れし、こちらの要望は聞き入れてくれません。少しでも娘の過失割合を少なくし、有利に交渉を進めるために弁護士に介入してもらう事にしました。当初は過失割合6:4を主張され、示談金は280万円という内容でしたが、弁護士が介入する事で示談金は弁護士基準の350万円。過失割合も8:2で決着する事が出来ました。相手方もまさか弁護士が出てくるとは思わなかったようで、こちらに対して強硬な態度で押し切ろうとしていたようです。しかし法の専門家が交渉に登場した事で態度が激変。隙のない弁護士の態度に、自分の主張を通し続ける事が不可能だと悟ったようです。あれほど難航していた交渉がすんなりと進み驚きましたし、少しでも娘に有利な条件で決着ができ本当に良かったと思います。

あとで聞いた話ですが、弁護士でも得意分野や不得意分野があり、こうした示談交渉を不得意とする弁護士もいるそうなので、弁護士選びには気を付けたほうが良いです。私は事前に調べ、交通事故の示談交渉に強い弁護士を選びました。

弁護士に依頼する事でもちろん余分な費用は発生しますが、専門家に依頼する事で思いもよらない結果を得る可能性もあるので、こうした事で悩んでいる場合は、弁護士に相談してみる事も一つの良い方法だと思います。

また、弁護士特約というものを自動車保険に付帯していた場合、弁護士費用は300万まで、保険会社に負担してもらえるようです。
もしもの時のために弁護士特約を保険に付けようと思いました。

交通事故の無料相談はこちら

ご相談ください

こんな方は今すぐ相談!

  • 事故の事を誰かに相談したい
  • 保険会社の態度や対応に不満がある
  • 慰謝料の金額や過失割合に疑問がある
相談無料

弁護士法人ステラ

0120-660-087

関連記事一覧

交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方

交通事故に強く、評判の良い弁護士事務所って、どうやって選べばいいの?

弁護士費用についてもっと知っておけば良かった!知らないことで後悔した経験

目次娘が車と接触!保険の適用内で手術一時金が弁護士に無料相談!しかし費用はかかるもの 娘が車と接触!保険の適用内で手術一時金が 娘が自転車に ...

後に思い返せば後悔することも。弁護士に依頼した方が良かった事故示談

目次示談交渉を長引かせずに保険会社の提案通りに示談交渉したが素晴らしい弁護士に出会えていたら自己負担を減らせたかもしれない 示談交渉を長引か ...

相手も弁護士を立てることも!示談交渉を依頼して助かった体験談

目次赤信号を横断する小学生をはねてしまった。相手側にも弁護士が!弁護士にも依頼することで交渉に成功 赤信号を横断する小学生をはねてしまった。 ...

示談でおかしな過失割合を主張されるも、弁護士が対応してくれた体験談

交通事故の示談において、争点となりやすいポイントが「過失割合」です。事故被害者・加害者の中には、少しでも自分自身に有利な状況を作れるように、事実と異なる発言をしたり相手からの主張を受け容れなかったりす...

お悩み別ページ

ページランキング

  1. 交通事故で評判の良い弁護士事務所とは?被害者必見の弁護士の選び方
  2. 交通事故の慰謝料の相場を徹底解説|適切な金額を得るためには
  3. 交通事故の慰謝料が丸分かり!通院から6ヶ月後のケースではいくら?
  4. 交通事故で弁護士特約を使わないと300万円の損|使い方を徹底解説
  5. 誰でもわかる慰謝料計算機|交通事故の慰謝料を計算機でラクラク計算

カテゴリ一から探す